ニュージーランドの銀行での口座を開設する

ANZ銀行の口座、このページを読めば簡単に開設出来ます

ワーキングホリデー、留学でニュージーランドに長期滞在するのであれば、銀行口座の開設は必須です。
口座開設に際してビザ的な問題はありませんし、本ページを読んでおけば手続きも20〜30分で終わりますので、ニュージーランド到着後すぐに開設しておきましょう。

ニュージーランドの銀行で口座を開く
現地の銀行口座を開くメリット

まず第一に、銀行口座があればお金を無くす心配がありません。
当たり前の事なのですが、長期の海外滞在をする際には非常に大きなポイントです。

また24時間無料でATMを使える点、EFTPOS(エフトポス)と呼ばれるデビット・サービスを利用出来る点も大きなメリットです。

それから現地で働く場合、賃金は殆どのケースで銀行振込みとなりますので、ワーキングホリデーで渡航される場合は口座開設が必須となります。

  • EFTPOSがとても便利です

    デビット・サービスとは買い物の際に銀行のキャッシュカードカードで支払いが出来るサービスです。
    イメージとしてはクレジットカードの「手数料無し・すぐに引き落とされるパターン」に近く、そのサービスをニュージーランドではEFTPOS(エフトポス)と呼んでいます。

各銀行の違いについて

ニュージーランドには銀行が幾つかありますが、どの銀行もサービスや支店数に大きな差はありません。
その中でも本ページでは毎月の口座維持費が掛からず、ATMもEFTPOSも24時間利用手数料が掛からないANZ銀行のGo Account (ゴー・アカウント)をご紹介しています。

ANZ銀行で口座を開きます
ANZ銀行の営業時間

ニュージーランドの銀行は09:00〜16:30まで営業しています
そして英語学校は15:00や16:00に終りますので、原則として授業を休まずに手続き出来ます。

ANZ銀行口座開設手続きに必要な書類

ANZ銀行の口座開設に必要な書類は下記の2点になります。

  • パスポート
  • 現住所の確認書類として、学校が発行するホームステイ先の詳細

ホームステイの詳細は出発前に弊社から送られますし、またニュージーランド到着後に学校カウンセラーさんに頼めばすぐに印刷して貰えます。

また銀行支店によっては事前予約が必要となります
まずは学校カウンセラーさんに相談をして、必要であればカウンセラーさんに予約を入れて貰うと良いでしょう。
(通常、どの学校でも初日のオリエンテーションで説明があります)

  • フラットに移る前に開設します

    フラットに移ってしまいますと現住所の確認書類の用意が難しくなります
    現住所の確認書類はIRDからの手紙や公共料金の請求書と指定されていますので、フラット生活中に口座開設する場合はフラットのオーナー及び銀行員さんにご相談下さい。

    登録住所は随時変更可能です

    口座開設時に登録した住所は24時間365日、オンラインで変更出来ます。
    ホームステイを出た後は学校のパソコン、もしくはスマートフォンから住所変更しておきましょう。

ANZ銀行で口座を開きます
ANZ銀行、お勧めの銀行口座

ANZ銀行であればANZ Go Account(アンズ・ゴー・アカウント)と ANZ Online Account(アンズ・オンライン・アカウント)を同時開設します
それで毎月の口座維持費が無料、ATMの利用も24時間無料、インターネットバンキングとEFTPOSも全て無料で使えます。

また学生ビザで1年以上の就学の場合、ゴー・アカウントの代わりに ANZ Jumpstart Account(アンズ・ジャンプスタート・アカウント)の開設となります。
こちらはゴー・アカウントより更に有利で、後述する窓口での手数料も掛かりません。

ゴー・アカウントは利息の付かない普通口座です。
基本として手数料は全て無料ですが、銀行窓口を利用する際のみ手数料が3ドル/回掛かります(たとえ預金であっても、窓口利用は手数料が掛かります)。

それに対してオンライン・アカウントは利息が付くセミ・オートマチックな定期預金口座です。こちらは何をするにしても一切手数料掛かりません。
ただし口座へのアクセスは全てインターネット経由となり、また預金を引きおろす際には一旦別の口座に資金を移し替える必要があります。
イメージとしては「インターネット・バンキングを利用して自由に引き出し・預け入れが出来る定期預金」に近いかと思います。

  • 利息は付きません
  • ATM、EFTPOSを24時間無料で使えます
  • 窓口利用で3ドル/回の手数料が掛かります
  • 利息が付きます
  • ATM、EFTPOSは使えません
  • 窓口利用も無料です
  • これを貯金箱にして、ゴー・アカウントに小出しでお金を移動 ⇒ 普段の生活費や買い物はゴー・アカウントの預金から払います

以上より窓口で預金する際はオンライン・アカウントを指定して、資金のほとんどをオンライン・アカウントで管理 ⇒ その上で使う分だけインターネット・バンキングでゴー・アカウントに移し、毎日の買い物に使うのが一般的です。
(例えば100万円の資金がある場合、95万円はオンライン・アカウント、5万円を直近の生活費としてゴー・アカウントに入れるイメージです)

1枚のカードで2つの口座を管理します
  • 預金手続き(Deposit)にご注意下さい

    ニュージーランドのATMは預金が出来ませんので、預金手続きは銀行窓口にて銀行員さんに現金を手渡し ⇒ 依頼する流れになります。
    だからこそ窓口での手続きにも手数料が掛からないオンライン口座が必須となります。

ANZ銀行口座開設手続きの方法
ニュージーランド到着後すぐに手続きを始めます

原則としてはニュージーランド到着後、第1週目に手続きを済ませます。
英語学校のカウンセラーさんに相談し、学校近くの銀行で事前予約が必要な場合は予約を入れて貰います。その際にクラスメートと一緒に開設するのはとても良いアイデアです。

大きな支店であれば総合窓口がありますのでまずそこへ、小さい支店であれば一般窓口での手続きとなります。

新規である旨を伝えます

銀行員さんに新規口座を開設する旨を告げます。
パスポート、学校が発行するホームステイ先の詳細、それから預金用の現金(1つの口座に50ドルずつ、合計100ドル程度あれば十分です)を用意します。

カードに PIN number(暗証番号)を入力します

必要書類を提出し、開設する口座を指定し、現金を渡すと手続きが始まります。
書類は行員さんが記入しますので、そのまま10分程度待つ事になります。

その後、キャッシュカードの作成が始まり、PIN(ピン:Personal Identification Number)と呼ばれる4桁の数字による暗証番号を聞かれます。
通常、専用のコントローラー(プレステのコントローラー大で、数字が並んでいます)で数字を入力、再度確認の為に同じ番号を入力します。

キャッシュカードは【その場で発行するパターン】、【数日中にセンターから郵送されるパターン】の2種類があります。
郵送パターンの場合は自宅にカードが届いた後、改めて窓口でこの手続きだけをします。
インターネット・バンキングの設定
次に銀行員さんからパソコンのキーボードを渡されますので、インターネットバンキング用のパスワードを入力します。
ANZ銀行のインターネット・バンキングのパスワードは「8〜16文字、少なくとも1文字の数字を含む英数字」と指定されています(例えば【nekosuki123】のような感じです)。
この点、事前に何かしら考えておくと良いかと思います。

以上で手続きは完了します。
最後に銀行員さんから銀行口座番号とインターネット・バンキングのログインIDが書かれた名刺大の紙を渡されますので、大切に保管します。

銀行で使う英語

また以下をメモしておくと手続きに役立つかと思います。

 新規銀行口座を開きたい
I want to open a bank account.
 ゴー・アカウントとオンライン・アカウントを開きたい
I want to open a Go Account and an Online Account.
 両方の口座に100ドルずつ預金したい
I want to deposit 100 dollars into each account.

開設する口座名が分かっていて必要書類が揃っていれば、この3つの文章だけで口座を開けます。
他の皆さんもチャレンジして乗り越えている部分ですので、しっかり頑張っていきましょう!

チャレンジ、頑張っていきましょう!
口座情報の確認

以下、銀行口座の詳細を確認します。

銀行口座番号
【14、5桁の数字】、Account number(アカウント・ナンバー)です。
010297-0012345-00 のような番号で最後に渡される名刺大の紙に書かれています。キャッシュカードに書かれている番号とは違う点にご注意下さい。
暗証番号
【4桁の数字】、PIN number(ピン・ナンバー)です。
プレステのコントローラーっぽい機械で入力した数字です。ATMでの引き出しやEFTPOSで買い物をする際に使います。
インターネット・バンキングID
【7〜8桁の数字】
最後に渡された紙に書かれています。Registration Number(レジストレーション・ナンバー)とも呼ばれます。
インターネット・バンキングのパスワード
【最低1つの数字を含む、8〜16文字】
銀行員さんのキーボードで入力したパスワードです。
キャッシュカード番号
キャッシュカードに記載された番号は口座番号ではありません。今後使う事はありません。
  • これも友達作りの切っ掛けになります

    銀行口座の開設やキャッシュカードの使い方は、クラスメートに話しかける切っ掛けになります。
    手続きの流れを把握した上で、積極的に声を掛けていきましょう。

    勿論、無料サポートの範囲内です

    それでも手続きが出来ない場合や問題があった場合はお気軽に弊社スタッフにまでご相談下さい。オークランドであればスタッフが銀行までご同行致します。

注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実