銀行サービスの利用

ANZ銀行での預金方法

一部の特殊ATMを除き、基本としてニュージーランドのATMは「預け入れ」が出来ませんので、預金は全て銀行窓口からとなります。お近くの支店窓口に現金とキャッシュカード、口座番号、パスポートをお持ち下さい。

普通口座ですと手数料が掛かります

例えばゴー・アカウントに入金する場合は手数料が3ドル掛かりますが、預金先口座にオンライン・アカウントを指定すれば、手数料は掛かりません
入金する際には必ずオンライン・アカウントを指定しましょう。

ATM利用の注意点
ニュージーランドでのATM利用の注意点

現在、ANZ銀行のATMはほとんどが日本語に対応しています
最初の画面で日本語を選択すれば特に難しい事はありません。

ちなみにANZ銀行のゴー・アカウント口座を開設している場合、24時間365日、手数料無料です。
ただしANZ銀行以外のATMをご利用の場合は50セント/回程度の手数料が掛かりますので、注意が必要です。

それから預金額や年齢、ビザステータスなどにより、ATMの一日の利用限度額が設定されています。
通常は800~2000ドル/日に設定されているのですが、もしも不都合がある場合は窓口にて変更可能です。
また限度額を超える金額の引きおろしは、窓口での対応となります。

英語版ATMの使い方

前述の通り、ANZ銀行のATMは基本として日本語に対応しています。
それを踏まえつつ英語版のATMにつきましては、以下のクレジットカードのキャッシング利用方法をご参考下さい。カード種類で「Saving」を選ぶだけで、基本手順は全て同じです。

また念の為に以下、手順を記載しておきます。

  • カードを挿入します
  • 暗証番号(PIN)を入力します
  • 現金の引き出し(Withdraw)を選択します
  • Saving Account を選択します
  • (もしも駄目だった場合は Cheque Account を選択します)
  • 金額選択画面では Other amount を選択します
  • 金額を入力します(通常、20ドル単位です)
  • 金額を確認して OK with Receipt を選択します
  • カードを受け取ります
  • 現金を受け取ります
  • 明細書を受け取ります
運用、サービスは全く同じです

通常は Saving Account(普通口座)で口座開設されるのですが、時々 Cheque Account(当座預金口座)で口座開設されるケースがあります。
もしも Saving Account でエラーが出る場合は Cheque Account でお試し下さい。

EFTPOS(エフトポス)の使い方

EFTPOS(エフトポス)とは、カードのデビット機能の事です
ニュージーランドでは銀行のキャッシュカードを EFTPOS カードと呼称するくらい、このデビット機能が一般的です。

こちらもANZ銀行のゴー・アカウント口座を開設している場合、利用手数料は一切掛かりません。

  • 店員さんにカードを渡します
  • Saving Account(SAV)を選択します
  • (もしも駄目だった場合は Cheque Account(CHQ)を選択します)
  • 端末画面のお支払い金額を確認します
  • 暗証番号(PIN)を入力して Enter ポタンを押します
  • お支払完了、レシートを受け取ります

ちなみにクレジットカードの場合はお支払い口座の選択で CRD を選択します。
それ以外は上記と同じ流れです。

またICチップ内臓カードをご利用の場合、EFTPOS(エフトポス)端末にカードを挿した状態で「REMOVE CARD」という表示が出るまで待ちます。
「REMOVE CARD」の表示が出た後にカードを引き抜き、「ACCEPTED」と表示されればお支払い完了です。
詳しくはこちらの動画、00:20秒~をご参照下さい。

日本からの海外送金