英語学校のキャンセルと返金

キャンセルのお申し出期限は登校後数日以内です
英語学校のキャンセルと返金

例えば4週のお申し込みであれば、コースキャンセルのお申し出期限はコース開始後2日目となります。また3か月以上のお申込みであっても、コース開始後10営業日がお申し出の最終期限となります。
つまり半年や1年の留学であっても、最初の2週を過ぎた後は授業料の返金がありません。

以上より学校のキャンセルは登校して数日以内にご決断頂く必要があります

学校の返金規定
簡単に言うと・・・

法により、キャンセル規定の下限が定められています。
また万が一学校が倒産したとしても教育省の規定により、学校の会計を管理している Public Trust などの信託会社や会計事務所から学費とホームステイ代金の返還があります。

ニュージーランド教育省に登録されている全ての学校は、以下の法律により留学生に対するキャンセル料金の下限が決められています。

3ヶ月を超える就学に対する返金の下限規定

入学日から10営業日までの申し出に対し、教育機関は支払い総額の25%を最大とした徴収が出来る、ただし既に発生した費用は計上出来る(=必要経費と使用済みの授業料などを差し引いた後、支払い総額の75%までが返金されます)

5週間以上3ヶ月未満の就学に対する返金の下限規定

入学日から5日目までの申し出に対し、教育機関は支払い総額の25%を差し引いた金額を返金しなければならない

5週未満の就学に対する返金の下限規定

入学日から2日目までの申し出に対し、支払い総額の50%を差し引いた金額を返金しなければならない

学校は独自の返金規定を作れますが、上記の下限を割り込む形での規定は認められていません。
また各学校の返金規定につきましては、英語学校紹介ページにてご確認頂けます。

ホームステイ代金の返金について
ホームステイ代金のキャンセル、返金規定

各学校でキャンセルに関する規定が変わりますが、通常は【2週間にお申し出頂ければ、残りのホームステイ代金は全額返金】となっています。
つまり実際の運用としては「お申し出頂いた日から換算して2週間はそのまま滞在する」、もしくは「2週間分のステイ代金を放棄して即日退去する」のいずれかになります。

ただし学校によってはこの部分、【1週間前のお申し出】としている事もあります。

学校が倒産した際の返金について

教育省からの規定により、正しく手続きをしている場合は学校が倒産してしまった際にも学費、ホームステイ代金の返還があります

弊社を通じた手続きであれば100%で返金対象となり、また未使用分の学費とホームステイ代金はそれぞれの学校が契約している信託会社や Public Trust、会計事務所などで保護されています。

弊社に対するキャンセル料金

一切ありません。
英語学校は正規のキャンセル料を徴収した後、残額の全てを学生に返金します。

隠し料金として利用されています

「無料で学校をご紹介」と宣伝しているエージェントであっても、【エージェントに対するキャンセル料】を設定しているケースは少なくありません。
出発直前の病気や怪我で出発が遅れた際などに多額のキャンセル料金を請求される事のないよう、キャンセル料金を設定している留学エージェントには十分にご注意下さい。

アクティビティについて