出国前の手続き

銀行口座の閉鎖
タックスリターンの手続きを終えた後に銀行口座を閉鎖します。

ニュージーランド国内の支店であればどの支店でも解約出来ますので、パスポートと銀行カードをお持ちの上、最寄の銀行支店までご相談下さい(ANZ銀行の日本支店では閉鎖出来ません)。

ニュージーランドの銀行口座の閉鎖

またオンラインからも依頼可能です。

例えばANZ銀行の場合はインターネット・バンキングにログインして Bank Mail をクリック ⇒ Create New Message タブを選択 ⇒ About my accounts にチェックを入れ、口座を閉じたい旨を伝えます。

ただし口座に残高が残っている場合は送金先を指定する必要があります。

また送金先に日本の銀行口座を指定する場合、ANZ銀行の海外送金手数料が30ドル程度、また日本側の手数料が3~4000円程度掛かります(受け取り側の銀行手数料及びSWIFTコードなどの詳細は、ご利用になる日本の銀行に直接お問い合わせ下さい)。

口座に数十ドルしか残っていない場合

日本から口座の閉鎖を依頼 ⇒ 残高が小額の場合は、送金先に慈善団体を指定しても良いかもしれません。

携帯電話の破棄
ニュージーランドの携帯電話の破棄

ニュージーランドのプリペイド携帯であればご自身でSIMカードを破棄する、もしくはショップにお持ち頂いての解約となります。ただし既にチャージ分の返金はありませんので、ご注意下さい。
(SIMカードの破棄は爪切りやハサミで裁断しておくと間違いがありません)

また月極めプランにご加入の場合は、ショップにご相談下さい。

ニュージーランド・ドルを日本円に両替する

日本の金融機関での換金は為替レートが不利ですので、ニュージーランド国内で日本円に換金した上で日本に持ち帰ります。また基本としては郵便局で換金するのが良いかと思います。

ただし大きなお金になる場合は紛失リスクがありますので、日本の銀行口座に海外送金で先送りしておきます。
その場合は日本円に両替する前に、銀行窓口にご相談下さい。

日本への持ち込み金額には上限があります

100万円相当額を超える現金や証券等を日本に持ち込む場合は税関への申告が必要です。
該当される方は下記をご参照の上、事前に税関までお問い合わせ下さい。

ニュージーランドへの再入国
ニュージーランドへの再入国

一般の訪問者ビザにつきましては、「18ヶ月の間に最大で9ヶ月まで」という制限があります。
また訪問者カテゴリーで合計12ヶ月の滞在をした場合、12ヶ月は訪問者ビザの申請が出来ません。

それを踏まえつつ、「学生ビザでの滞在中の訪問者ビザ申請」と「ワーキングホリデー・ビザでの滞在中の訪問者ビザ申請」については、個別ケースとなっています。

基本的に学生ビザからの訪問者ビザは通常のルール通りの申請となるケースが多いのですが、特にワーキングホリデー・ビザからの訪問者ビザ申請や訪問者ビザの延長は滞在理由に関するレターの提出や滞在資金の証明、また新たな健康診断書を提出するなどで移民局の判断を仰ぎ、事前に該当するビザを取得するのが一般的です。

いずれにせよ訪問者ビザでのニュージーランド再訪・滞在延長をお考えの場合、それまでの滞在期間や滞在理由などによって状況が変わりますので、移民局に直接ご相談下さい。

再入国のトラブルはとても多いです

時々、「ビザが切れた直後でも、1週間くらいオーストラリアに行けばビザなしで入国出来る」といった情報を見掛けますが、ビザなしでのニュージーランド入国は入国当日に入国審査官が個別で判断を下すまで、再入国出来るかどうかが分かりません。実際に入国を拒否されるケースもあります。

繰り返しになりますが再入国や滞在延長は個々のケースで状況が変わりますので、必ず事前に移民局にお問い合わせの上、該当するビザの事前取得をお考え下さい。

日本の転入届(海外から転入する際の手続き)

ワーキングホリデーなどで出発前に海外転出届を提出した場合、日本帰国後14日以内に転入届を出す必要があります
また提出先はお住まいの市区町村役場になり、提出した市区町村で住民票が作られます。

ちなみに本籍地への届出の際に必要な書類は以下になります。

  • パスポート
  • 印鑑
  • 国民年金手帳
  • マイナンバーの個人カード
  • 前の住所地の市区町村が発行した転出証明書

また本籍地以外に転入する際は【戸籍謄(抄)本】、【戸籍附票】も必要になります。
(市区町村によって必要書類が若干変わる事もありますので、詳しくは新規転入先の役所までお問い合わせ下さい)

トップページ