ニュージーランドへの薬の持ち込み

ニュージーランドに持ち込めないものもあります

ニュージーランドには独自の成分規制があり、日本の薬の中には持ち込めないものもあります。
これは簡単な話、マリファナが解禁されている国からの旅行者が日本にマリファナを持ち込めないのと同じです。つまり、そもそもの薬事法が違っているわけですね。

そして禁止されている薬の成分はニュージーランド税関サイトにて公開されているのですが、商品名の表記はありません。ですから薬剤師さんやお医者さま以外には、その薬をニュージーランドに持ち込めるかどうかの判断が難しい所です。

それでも実際の処理ベースでは封を切っていない日本製の市販薬・サプリメントであれば税関で調べられる事なく、そのまま持ち込めるケースがほどんどです。

一般的な風邪薬や傷薬であれば基本、問題ありません

税関職員は一般的な日本の薬の内容を把握している事が多く、有名どころの薬であればパッケージを見ただけで検査を終えるケースが多いです。
つまり市販の風邪薬や傷薬を2~3個お持ちになるのであれば、特に心配ありません

病院、医師から処方されている薬について

例えばアトピーの症状を抑える薬やアレルギーの薬など、医師から処方されている薬につきましては、英文の処方箋が必要になります
必ず担当医師に相談をして、英文の処方箋を書いて貰って下さい。

ちなみに現地で薬を失くしてしまった場合は現地の医師に英文の処方箋を提示 ⇒ 簡単な検査 ⇒ ニュージーランド国内で通用する処方箋を書いて貰う事で、比較的容易に同成分薬を購入出来ます。

もしも日本の医師による英文の処方箋が無い場合、新たにニュージーランドの専門医による精密検査が必要になるケースもありますので、必ず事前にご用意下さい。

持ち込める薬の量について

医師からの特別な指示が無い薬であれば、ポーチに入る程度に留めておきましょう。

そして処方箋が必要な薬の場合、具体的な持ち込み量は「3ヶ月未満の使用分量までは持ち込める」となっています。また実務ベースからの目安としては、靴箱1つ分程度であれば問題にならないケースがほとんどです

ニュージーランドでも薬は買えます

例えば風邪薬、イブプロフェン、アセトアミノフェン(パラセタモール)系はスーパーで安価に購入出来ます。
ちなみに日本とニュージーランドを比べて持ってきた方が良いのは傷薬くらいですが、これも軟膏を1つ持っておけば十分かと思います。

ニュージーランドへの薬の持ち込みの注意点

以上を踏まえ、状況を整理すると注意点は以下のようになります。

  • 税関職員による荷物の確認時に、薬がある旨を申告します
  • 新品を用意し、箱・袋は開封しない
  • 税関職員から質問を受けた際に「これは頭痛薬、これは痛み止め」のように、ハッキリと説明出来るよう準備します
  • また医師・病院から処方された薬につきましては、英文の処方箋を用意します
  • 総量としては靴箱1つ分までが常識の範囲内となります

またもしも税関職員から「持ち込み不可」と判断された場合、その指示に従う必要があります。
とりあえず市販薬ならば代替薬を購入出来る点、また処方箋薬についてもニュージーランド入国後に同成分薬を入手出来ますので、落ち着いて行動していきましょう。

生理用品について

生理用品は使い慣れたものを滞在期間分お持ちになる方がほとんどです。
またこれは薬とは別枠で考えますので、「靴箱1つ分の薬と、靴箱2つ分の生理用品を持っていく」といった状況になります。

ちなみにニュージーランドの生理用品は日本から見て5年遅れ、特に肌が弱い方にとっては厳しい状況になっています。

ただし最近はアジア系商店で日本の商品や日本に近い商品を売っていますので、手持ちが少なくなった際にはそこで補充可能です。

もしくは滞在中にご家族から別送して貰うのも、良いアイデアだと思います。

入国審査での注意点