2016-11-30

春眠、暁を覚えないもんです。

いやいや今日もオークランドはいい天気で気温も20℃そこそこ、仕事さえなければ(←)お昼寝に丁度良い感じです。
ビーチ沿いの芝生の上に寝転がって、ちょっと散歩なんかをして、気が向いたらまた木陰に入って寝転がって・・・いやいや本当、仕事さえなければ確実にビーチに出ている所です。いや、まぁ、そうは言っても仕事が無くなったら生きてはいけないのでアレなんですが。

・・・ん?あれ?ちょっと待って下さい。

【仕事ある】 ⇒ 【昼寝出来ない】
【仕事無い】 ⇒ 【昼寝出来るけど、それ所じゃない】 ⇒ 【やっぱり昼寝出来ない】

・・・うーーーーーーん。。。('A`)

こうなるともしかすると私は、どうあっても昼寝が出来ない人なのかもしれません。
いや、考えてみると私だけではなく他の人だって仕事が無かったら昼寝してる場合じゃないでしょうし、そもそも人類というのは昼寝が出来ないようになっているのでは?

では、実際に昼寝してる人が居るのは何故?

思い起こせば私のふるさと、大都会千葉県にも昼間からゴロゴロしているおじさんが沢山居ましたが、それと同じ事なんでしょうか。いやでもオークランドのビーチで昼寝をしている方達の身なり、すごく綺麗だったりしますしね・・・。

とにかく世の中、分からない事だらけです。
出来る事ならばその辺りの事を考えつつ、ビーチで昼寝でもしていたいものです。うん。

2016-11-29

パンとポテトが主食ですしね。

ニュージーランドのスーパーで買い物をしていてビックリするのは商品の大きさ、例えばチーズは1kgのブロックで売っていますし、ベーコンも1kg、2kgで売っています。
その他ミルクは3リッター、ビールは最低でも6本セット、卵は30個、ポテトは最大で20kgのバッグがあります。やっぱり西洋、スケールが違うんだなぁ、って思います。

が。

が、一番ビックリするのはマーガリンの大きさ、普通に4kgのが売っているんです。
日本ですと確実に業務用サイズなんですが、パッケージをみると【ファミリーサイズ】なんて書いてあります。日本人的な感覚ですと「どんだけ大きい家族なんだよ!」って感じですが、まぁ、ニュージーランド的には普通です。

例えば。

例えば6人家族、育ち盛りの男の子が3人居るご家庭ですと、朝食一回でトースト30枚くらい食べちゃいます。お父さんが5枚、お母さんが4枚、長男、次男、三男が5枚ずつ、娘が3枚だとか。

で、夜ご飯にマッシュポテトとステーキを食べる場合、ポテト15個くらいにマーガリンをガッツリ使うんで、500gのマーガリンなんて2-3日で無くなっちゃうんですね。恐ろしい話です。。

そんなわけで。

そんなわけで4kgのマーガリンが【ファミリーサイズ】として売られていて、ちょっと大きな家庭ですとこれを毎週買う事になります。

「えー。でもそんな大きなマーガリン、冷蔵庫に入るのかなぁ?だってスイカより大きいでしょ、4kgのマーガリンて(;´Д`) 」

そうなんですよ。それでニュージーランドの家庭、冷蔵庫が2つあったりするんです。これは土地があって家が大きいからこそ出来る裏技、流石に日本では真似出来ないですよね。。

2016-11-28

車関係の罰金、えらい高いです。

特に長期留学、ワーホリなんかですとニュージーランドで車を運転する機会もあるかと思います・・・が、気をつけておきたいのが交通ルールの徹底です。
ニュージーランドでは車関係の罰金が高いので、適当に運転をしていると1ヶ月で何十万円もの罰金が科せられる事もあります。今日はその辺をご説明致します。

■ スピード違反
良くあるのは市内の一般道に設置されたオービスで違反切符を切られるパターンです。酷い場合だと行きと帰り、同じオービスに2回引っ掛かる事もあります。
その他、パトカーと擦れ違う際に車載速度計で速度違反をチェックされるパターンもありますし、道路の路側帯でスピードガンを使って取り締まりをしているパターンもあります。
20km/h程度の速度オーバーで120ドルだったか、割と高い罰金が科せられます。

■ 駐車違反
オークランド中心部などは専用スタッフが頻繁に取締りをしています。
ちなみに市が経営するコイン・パーキングには「10時?16時まで」といった時間制限がある場合も多く、違反があればすぐにレッカー移動されてしまいます。
罰金は50ドル前後、レッカー代で100ドル前後掛かります。

■ バス・レーン走行
バス専用レーンを30m以上だったか走ってしまうと、アウトです。ビデオ撮影をしながら取り締まっている専用スタッフも沢山います。
これも罰金は100ドルくらいだったかと思います。高いです。

■ 飲酒運転
体重が70kgくらいの男性であればビール一杯を飲んだ後、1時間経っていれば飲酒運転で引っ掛かる事はまずありません。ニュージーランドでは飲酒運転、【ほんのちょっとならいいよ】という法律だったりするんです。
・・・が、ベロンベロンに酔っ払っていたり、そこまでじゃないにしても規定値以上の酒気帯び運転につきましては普通にアウトです。罰金は500?5000ドルくらいまで、酒気のパーセンテージによって変わります。

■ 車検切れ、車両登録切れ
いずれも200ドルだったか、これも罰金です。
これにつきましては車に乗っていなくても、公道に駐車しているだけで違反となります。

・・・と、ニュージーランドの交通違反は罰金、結構高いです。酒気帯びで1000ドル、2000ドルというのは良く聞きますし、スピード違反で2、300ドル払ったというのも良くある話です。

とりあえずお金が勿体無いというのもありますが、それ以前に違反運転・危険運転は社会に対する重大な不利益となりますので、ニュージーランドでも交通ルールをきちんと守り、楽しく安全なドライブを心掛けていきましょう!

2016-11-22

気づいちゃいました?

昨日の日記内容にかぶりますが、とりあえず現状、クリスマス前という事で既に学校はバタバタしています。
学校スタッフの内の何割かはここら辺から3?4週間の有給 ⇒ クリスマス休暇の2週とくっつけて長期休暇を取りますし、残ったスタッフもクリスマス後に有給をくっつける予定という方が結構居るからです。

「へー、随分と休めて羨ましいなぁ(´д`)」

いやいや、これでも学校スタッフは一般企業に比べて、ほとんど休まないほうです。
なんだかんだでクリスマス直前まで学生が居ますので、休むに休めない状況ですしね。この点は学校スタッフ、ちょっと可愛そうだなぁ、と思います。本当にお疲れさまですよ。

「・・・あれ?そしたら移民局とかはどうなるの?
もしかしたら12月と01月って、全然仕事が回らないんじゃないの? (・ω・)」

・・・あ、気づいちゃいました?

移民局を含む官公庁や役所関係はお仕事、ほとんど回りません。そりゃもう、惚れ惚れする程に回らないです。元々年末で忙しいっていうのもあるんですが、完全に人が足りてません。そもそも11月も学生ビザ申請で混み合う時期なんですが、12月を境に更に手続きの進みが遅くなります。

そんなこんなで12月頭から01月中頃にかけて、移民局の書類仕事には時間が掛かりますし、ミスも連発しますし、連絡をしても返事が無いなどの地獄のような状況が続きます。この時期を通常時と同じように考えていると、大抵は痛い目に合う事になります。

・・・いや、本当に凄まじいですよ、「もう仕事をしない!」と決めたニュージーランドのお役人さんの気合って。もしかしたら12月は問い合わせに対して「仕事は来年からします!」って言うのが仕事だと思っているかもしれません。いや、そうするしかないくらいに忙しいだろうとは思うんですが・・・。

そんなわけで。

そんなわけで01月中のご出発をお考えの方、そろそろ手続きを始めないといけません
既に結構な勢いでタイムリミット、出来ればまだスタッフが残っている今月中にはある程度のカタをつけておかないと酷い目に合います。主に私が・・・('A`)

また02月上旬のご出発をお考えの方も手配を始めないと・・・です。
これが02月中旬、下旬という事であれば年明けでもOKなんですが、もしも02月上旬のご出発であれば、年明けに全てを放り込むのは危険です。
これも12月上旬までにある程度のカタをつけるよう、ご注意下さい。じゃないと酷い目に合います。主に私が・・・('A`)

・・・というのをゴリッゴリに踏まえて頂き、01月、02月にご出発を予定されている皆さまはご協力お願い致します!

皆さまの温かなお心遣いが私、サイトーの溜息の数を大幅に減らす事に繋がります!話によりますと溜息にも沢山のCo2が含まれているそうですから、地球温暖化を防止する為にも是非、お早めにお問い合わせ下さいっ!

2016-11-21

気が付いたら今年も終りですねぇ。

いやいや本当、来週から師走が始まるという事実に驚愕を禁じ得ません。こないだ04月が来たと思ったのにもう師走なんですから、どこかに時間泥棒が居るのかもしれません。

ちなみにニュージーランドは【年末年始は2週間の休暇】というのがデフォ & その前後に2、3週間の有給をくっつける方が多いので、割と来週あたりから社会が滞り始めます。

とりあえず役所関係、一般のお仕事、ともに少しずつ仕事の進みが遅くなり ⇒ 12月10日頃からは目に見えて仕事が進まなくなり ⇒ 12月15日を過ぎたら「まぁ、続きは来年にやりますねー♪」という感じになります。

とりあえずこれはニュージーランド社会の素晴らしい部分であり、同時に不便さに辟易させられる部分でもあるかな、なんて思っています。

いやいや本当、時間が経つのは早いもんです。
気がついたらもう、今年も終わりなんですね(←大切な事なので2回言いました)

で、まぁ、なんと言いますか、弊社も年末の追い込みで仕事が忙しくなっていてですね。
もちろん仕事が忙しいのはありがたい事なんですが(本当に皆さま、ありがとうございます!)、ここで無理をして体調を崩し ⇒ 年末までのスケジュールが狂うとエライ事になってしまいますので、最近はお酒を控えて且つ、筋トレとかしています。この仕事もなんだかんだで、身体が資本だったりしますしね。

それなのに。

それなのに体重が一向に減らない!

全然減らない!

むしろデブってきてる気すらする!

デブってきてる気すらするという!(←大切な事なので2回言いました)

・・・もう世の中、何がなんだか分かりません。
とりあえずダイエットの神様が居たらご連絡下さい。メール、携帯電話、なんでもいいです。とにかく一度、話をしましょう。お互い、話せば分かる筈です。そして少しは痩せさせて下さい。ホントにもう、お願いします。。(;´Д`)

2016-11-18

季節の野菜、やっぱり美味しいです。

先日、近所の八百屋さんに行ったらトウモロコシの初モノが出てました。
値段は1本3ドルと高かったんですが、身も締まっていましたし、色も形も良かったですし、新鮮でしたし、そして何より季節の初モノ、やっぱり今年の出来がどうなのかが気になる所なので思い切って買ってみました。

結果としては3ドルでも安いくらい、甘みもあり、歯ごたえも良く、初モノとしては100点満点の出来、今年のトウモロコシには期待が持てそうだなぁ、って感じです。これであと1ヶ月もすれば1本50セントくらいまで値下がりますので、それを楽しみに待つ事にします。

うん。

ちなみに現在のオークランド、八百屋さんで旬のモノと言えば苺、レタス、ブロッコリー、オクラといった所になるかと思います。
で、スイカ、トウモロコシ辺りが初モノで入ってきていて、アスパラやキャベツ辺りは旬を過ぎつつある感じです。ニュージーランドは微妙に季節がありますので、日々の買い物が結構楽しかったりします。

と。

と、そんなこんなで初夏のオークランド、こうやって少しずつ季節は移ろっているんだよなぁ、なんて思いつつ、今日の日記を更新です!

2016-11-16

地震関係、だいたい収まりました。

今回の地震はカイコウラという街とウェリントンに主な被害が出ました。またクライストチャーチにも多少の被害があったものの、この2つに比べると被害は小さく、現在は通常通りの生活がスタートしています。
またオークランドやロトルアなどにつきましては、生活に影響するような被害はありませんでした。

そして今朝方ウェリントンのキャンベルから公式アナウンスがあり、「火曜にエンジニアによるチェックがあり、本日水曜からは授業を再開している」、「月曜と火曜の2日分の授業につきましては、今後2-3週間で埋め合わせの授業を行う予定だ」という連絡がありました。
つまりウェリントンもこれで通常の生活が始まっている、という事になります。

「地震の後は、建物のチェックがあるんだね ('-'*)」

そうなんです。地震の後は病院や学校を優先的に建物チェック ⇒ 安全状態を確認してから再開、という手順になっています。つい数ヶ月前に職場の安全に関する法律が改訂された事もあり、この辺はしっかりしています。

そんなこんなで現在、英語学校に関しては地震に関する影響は無くなりましたので、日本で出発をお待ちの方はご安心下さい。

ちなみに。

ちなみに日本では地震の後に建物のチェックなどはしないようですが、大丈夫なんでしょうか?
個人的には病院と学校くらいは建物チェック、した方が良いような気がします。例えば震度4以上であれば専門業者が建物をチェックする、といった法律が出来たら患者さんや親御さんも安心出来と思うんですが、どうなんでしょう。
運用は中々に難しいかと思いますが、決して無駄にはならないんじゃないかな、なんて考えています。です。

2016-11-14

2016年11月14日の深夜、南島クライストチャーチ北東約90キロ、ハンマー・スプリングス(Hanmer Springs)近辺を震源とするマグニチュード7.5の強い地震がありました。

それを受けて11月14日の昼には弊社取り扱い校のCCEL(クライストチャーチ)、キャンベル(ウェリントン)から連絡があり、両校につきましては今回の地震による人的被害や建物に関するダメージなどは無かった、という報告を受けました。

またCCELにつきましては本日も通常通り授業を行うとの事でした。
ウェリントンのキャンベルにつきましては交通機関の遅れやチェックなどがあるので14日は閉校、その間に改めて建物にダメージが無かったかをチェックする、という事でした。

結論として、今回の地震で大きな被害を受けたのはウェリントン周辺地域で、クライストチャーチは揺れはしたけれど通常授業が出来る程度、オークランドやロトルアなどは地震による影響はほぼ無かった、という感じです。

・・・が、とりあえずオークランドに居る方も日本のご家族に連絡を入れておいて下さい。

「いや、オークランドはクライストチャーチから750㎞くらい離れているし、流石に日本の家族も心配していないだろう」

日本に居るご家族はニュージーランドの地理に明るくない事も多く、状況を理解していない可能性もあります。
それこそ1行や数文字のメールでもOKですので、必ずご家族には無事をお伝えおき下さい。

と、それでは今日はこんな感じで。
午後はアレコレとするべき事をしていきます。です。

2016-11-11

日曜日よりの使者がステキ過ぎてツライです。

アレです、あの、「このまーまー どこか遠くー 連れてぇーってー くれないーかー♪」という曲です。THE HIGH-LOWSさんが唄ってて、松本人志さんをモデルにしている、なんて言われているあの曲です。

とりあえずコードはC、F、Gしか出て来ないシンプルな曲なんですが、でもだからこそ力強く、そして耳に残るメロディーです。結構、色々な会社のCMなんかに使われていたんじゃないかな、と思います。

なんかこれ、何気なく聴いてると簡単に通り過ぎていく歌詞なんですけれど、ふと立ち止まって考えてみると中々に深い歌詞な気もします。

実際、どこかに連れて行ってくれないか?と呼びかけている人こそが、日曜日よりの使者っぽいですしね。
そしてまた一周周って日曜日よりの使者自身が、どこかに連れて行ってくれないか?と唄っているような気がします。

ま、だからどうした、って話しなんですけどね。
とにかく甲本ヒロトさんの曲は優しくて、ステキだなぁ、と。そんなこんなを思いました。いや本当に、だからどうした?って話なんですけれど。うん。

2016-11-10

私の地元、大都会の千葉県には無かったものです。

先日、仕事終りにカフェでコーヒーをテイクアウト ⇒ 近所のビーチを散歩したんですね。日差しは気持ちよく、芝生は青々としていて、海からの風も穏やかで、本当に完璧な春の午後でした。

その際にふと、この環境がどれだけ幸せな事なのか、ニュージーランド人はどこまで理解しているのだろう?なんて思いました。

ニュージーランド人は生まれた時からずっとこの環境に囲まれていますので、それがどれだけ素晴らしい事なのかを比較、実感するのが難しい状況です。

これは我々日本人が、実は世界で一番便利な社会に住んでいるのに気づけないのと一緒です。24時間営業のコンビニやレストラン、遅れない電車、ネット・ショッピング、ここまで便利な国って日本以外にありません。

いや、逆にニュージーランド人はこの環境の素晴らしさを誰よりも理解しているからこそ、この環境を作り得ているのかもしれません。そして我々日本人も、便利である事の素晴らしさを誰よりも理解しているからこそ、便利な社会を作っているのかもしれません。

「うーん、これ、どっちなんだろうなぁ・・・(´-`)」

そんな事を考えながら飲み終えたコーヒーのカップをゴミ箱に捨てようとしたら、円筒形のゴミ箱の横にランドセルくらいの大きさの金属の箱が付いているのに気づきました。

「ん?なんだこれ?( ´・ω・`)」

立ち止まって良く見てみたらランドセルの箱には注意書きがありまして、【ピザを食べた後の箱は円筒形のゴミ箱じゃなく、こっちに捨てといて下さいね】だそうです。

あー、なるほど。そういえばピザの箱って大き過ぎてゴミ箱に入らないですし、段ボールだからリサイクル出来ますしね。ビーチを汚さず、リサイクルにも繋がる専用ゴミ箱って事なのかー。そっかー。なるほどなー。面白いもんだなー。

そんなこんなで結論として、やはりニュージーランド人はこの環境がどれだけ素晴らしいのかを世界一理解しているんだな、と思った今日この頃でした。まる。

2016-11-09

年末といえば。

そろそろクリスマスが近いという事で、そわそわしているニュージーランド人が増えている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ちなみに私はギリギリで元気にしていますが、たぶんあと一押し、いや、一とは言わずもう半歩押したらバターン!となる気配です。毎度の事なんですが【元気】と【病院】の境目が薄々なので、ここ数日は大事を取りつつ慎重に・・・なんて思っています。

で。

で、今日は年末についてです。
とりあえず11月に入ったという事で周りのニュージーランド人はクリスマスを心の底から楽しみにしているんですが、ぶっちゃけ、ニュージーランドのクリスマスって特に何をするわけでもないんです。
大抵は朝起きてプディングだかなんだかを食べ、近所をブラブラ散歩して、家族とテレビなんかを観て、昼にまたプディングを食べ、DVDなどを観て、夜になったらターキーだかなんだかを食べて、それで終わりです。

もしくは家族でキャンプ場に出掛け、朝起きてプディングだかなんだかを食べ、ビーチをブラブラ散歩して、本を読み、昼にまたプディングを食べ、また本を読み、夜になったらターキーだかなんだかを食べて、それで終わりです。

「え?!それだけ?!(´д`)」

もちろん全部が全部って事ではないんですが、話を聞くと、そういう家庭って多いです。それの何が楽しいの?って聞かれると困るんですが・・・・ああ、そうそう。とりあえずプレゼントの包みを開けたり、クリスマス・カードを暖炉の上に飾ったり、そういうのもします。そこは楽しいかもしれません。

「ほ・・・他は?(´□`*)」

え?他ですか?他には・・・えーと。。。
まぁ、なんか、そんなこんながニュージーランドのクリスマスです。で、それが1年で最大の祝日、誰もが待ち望んでいる楽しい日々ですよ!

「いや・・・ほ、、、他は?(;´Д`) 」

アレです、アレ。考えてみたら日本のお正月も同じようなもんですしね。朝起きて雑煮 ⇒ テレビ ⇒ 昼も雑煮 ⇒ テレビ ⇒ 夜はおせち ⇒ 寝る、だとか。1年で最大の楽しみっていうのは、どの国でも概してそんなもんなのかもしれません。

と。

と、そんなこんなで何もしない年末に向けて、ニュージーランド人は今からそわそわしています。個人的には1年を通じて今の時期が一番、誰も彼も笑顔になっているような気がしています。です。

2016-11-07

ワーホリで入国する際の資金証明について。

これも良く頂くご質問なんですが、原則としてワーホリでニュージーランドに入国する際には生活費として4200ドル(30万円くらい)、それから【出国の航空チケット or 航空チケット代金として1000ドルの資金】を持っていなければなりません。
つまり片道航空チケットでの入国者は、空港に到着した際に40万円くらいの生活費を持っていないとダメ、という事になります。

「つまり到着時の空港でお金を持っていなければならないの?」

そういう事でもありません。
生活費の所持証明はキャッシュである必要がありませんので、何かしら別の方法で十分な資金所持を証明出来ればOKです。例えば銀行の残高証明書や学校が発行したホームステイ代金の領収書なりが該当額を超えていれば、それで問題ありません。

「へー、入国ってなかなか大変なんだね・・・」

そしてもう一点、「どれくらいの頻度で入国審査官から資金証明の提示を求められるのか?」についてなんですが、これ、結論を言いますと、たぶん100人に2?3人程度しか訊かれません。

「え?全員じゃないの?」

全員じゃないんです。
聞かれる人は事細かに詳細を聞かれますし、そうでない人はほぼ何も言われずにスルー ⇒ 入国という流れになります。この辺は入国管理官の気分次第といいますか、職業的な勘といいますか、傍目にはなんとも言えない部分です。

「ちなみに怪しい動きだとか、これをやると捕まるっていうのはあるの?」

やはり税関ゲートを抜ける前にスマホをいじる、何かを隠す挙動などは避けるべきですが、それでもそもそもランダムにピックアップしていますので、審査官からの質問を避ける術はありません。5歳であっても100歳であっても女性であっても男性であっても、ランダムに当たれば細かく審査される流れとなっています。
ですからやはり事前に全てを用意しておく、というのが肝要になるかと思います。

と。

と、ま、とにかく移民局なり入国管理局なりから公的アナウンスされているインフォは、きちんと従っておきましょう。事前準備をしていなかった場合は「なんで準備してないの?」という質問からスタートしますので、税関を抜けるのが本当に大変になってしまいます。うん。

2016-11-04

頑張れ、東京オリンピック。

いきなりですが私の好物はハンバーグやカレーライス、トンカツやラーメン屋さん的な中華など、簡単に言うと子供が好きなものばかりです。
で、奥さんの好きなものはお寿司だとかイタリアンだとかサラダだとか、一般的な女性が好むものばかりです。まぁ、それが普通だとは思うんですが。

そんなわけで我が家では食事の趣味、全く噛み合いません。
喩えるなら寺門ジモンさんと竜ちゃんくらいに噛み合いません。かなりのレベルの噛み合わなさです。正反対と言っても過言ではありません。

そんな中、今日は久しぶりに私のターンでハンバーグという事になりまして、さっきから奥さんが台所に立っています・・・が、ふと気づいたら彼女、水泳のゴーグルをつけているんです。

「あれ?北島康介かな?」

いやいや、良く見たらやっぱり奥さんでした。
で、とりあえずその奇行の理由を訊いてみたら、

「タマネギを切る時はゴーグルでしょ?涙出るし」

との事でした。うーん、そんなもんなんですかねぇ。ゴーグルを取ってくる時間が勿体ない気がするんですが、、

「いや、ゴーグルは基本なんだけどなぁ・・・」

気が付いてみれば食事だけでなく、料理方法まで噛み合っていないですよね、これ。世の中って本当、ままならない事ばかりです。うん。

2016-11-03

中華なランチ、上海への道。

先日、中国人の友達とランチに行く事になり、その際にレストランの希望を訊かれました。
とりあえず色々と迷ったのですが、ふと思いついて「中国の家庭料理で美味しい所で」と伝えてみた所、市内の包子(バオズ)屋さんで食事をする事になりました。

包子屋さんは肉まん、あんまん、小籠包、餃子などの専門店で、いつも中国人客でにぎわっています。
ちなみに餃子はキロ単位、もしくは20個や30個といった単位で売っていまして、大抵は蒸し餃子と水餃子がメインなのですが、中には焼き餃子を出す店もあるんだそうです。

で、それ以外は何種類かの麺があるだけというシンプルなメニュー構成、基本としては【モリモリと一心不乱に餃子、肉まん、小籠包を食べるスタイル】なんだそうです。

「ここは小籠包が美味しいんですよ」

友人の話を聞きながら私は右手に箸、左手に小皿を装備して、料理が来るのを今か今かと待ち構えます。

(・・・いやいや考えてみたら小籠包、久しく食べてないからなぁ。もしも一皿5個だったら、気づかないフリをして3個食べちゃおう。友人は優しいし大人だから怒らないはず。うん、大丈夫。5個だったら3つ行こう、3つ。なんなら4つ目指しちゃおう)

・・・なんて事を思っていたら、小籠包は2皿来ました!うーん、素晴らしい!友人、ナイス・アシスト! ^q^

で、念の為に食べ方を聞いてみたら、皮を破らないようにレンゲに小籠包を移して紅酢をつけ、あとは自由に食べれば良いそうです。一口で食べてもいいですし、皮を破ってスープから楽しんでも良いとの事でした。なるほど、なるほど。

「この店の小籠包も美味しいんですが、上海の有名店は更に美味しく、まさに次元が違います。
基本としては朝作った小籠包を昼の飲茶で食べる、もしくは職人さんが作ったものを端から蒸して食べるのがベストで、やはりジューシーさが違います。もし上海に行く事になったら連絡して下さい、お店の住所をメールしますよ」

そんなお話を聞きながら食べる小籠包、本当にこれ以上の小籠包があるのか?ってレベルで美味しくてですね。
上品なスープ、柔らかな肉、ほんのりと香る調味料、それら全てを包む薄くてもっちりとした皮、更にその皮を一瞬だけ覆ってすぐ消えていく紅酢のパンチ力。本当、有り得ない位に美味しかったです。あやうく友人のお皿も横取りする所でした。

いやー、今思い出しても顔が綻んでしまいます。あのランチの後、割と本気で上海旅行を考えるようになりました。
とりあえずまた近い内に、あの店に行ってみようかと思っています。です。

2016-11-01

Deadpool、面白かったです。

前から気になっていた映画なのですが、ようやく観られました。映画館ではなくてBlu-rayではありますが、迫力あるシーンの連続で面白かったです。こんな事なら映画館に行けば良かったな、と。

それにしても毎回思うのですが、アメコミってなんでこう、話が暗いんでしょうね (´д`)

蜘蛛に噛まれて怪人になってみたり、ガンマ線を浴びて体が緑色&怪力になってみたり、ベトナム戦争で地雷を踏んでロボット人間になってみたり、突然変異した亀が下水道で生活をしてたら忍者になってどうこうだとか、とにかく不幸なヒーローばかりです。

ちなみにデッドプールもかなりの不幸で、彼の全身タイツの下は割と大変な事になっています。
しかも死ねない設定があったりするので、苦しみが延々と続くみたいです。なんかもう、ちょっと可愛そうになってきます。

「もしもアメコミものが好きなら、バットマンのダークナイトを観るといいよ」

映画好きな友達は皆、口を揃えてダークナイトを勧めて来るんですが、どうもアメコミのこの暗さ、馴染めないんですよね。。
個人的にはお気楽にパッと観られるアクション系だとか、ワクワクする冒険モノで、良い映画が出てくるといいなぁ、なんて思っています。です。

みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!