2017-05-31

季節の変わり目、体調には気をつけないと、です。

とりあえずここ最近、鬼のように仕事が忙しくなっていました。次々と舞い込む書類仕事を千切っては投げ、千切っては投げ、獅子奮迅の日々を過ごしていたのですが、月末に来てようやく一息付けた感じです。本当に良かったです、お疲れさまでした、私。

で、丁度ニュージーランドは季節の変わり目、ここで無理をすると風邪を引いちゃう感じなんですよね。なんとか今週を切り抜けて週末はゆっくり過ごせれば、なんて思っています。

ええ。

そんなこんなでオークランド、昨日・今日は日が差しているにも関わらず気温がぐっと下がっています。
先週まではそれ程でも無かったんですが今は室内でもパーカーを着ていないと寒いくらい、これはもう、本当に体調を崩さないよう注意しないと、なんですね。

・・・って思っていたんですが。

って思っていたんですが、数時間前から鼻風邪です ( ´д`)
今は多少落ち着きましたが、それでもまだグズグズしています。ここで無理をすると頭痛が痛くなったり腹痛が痛くなったりと危険が危ないので(ニホンゴ、ムズカシイ デース)、今日は出来るだけ安静にします。。

と。

と、そんなこんなで明日、明後日は一つ一つ、焦らず、無理せずに頑張ります。氷点下になる事はまずないオークランド、だからこそこの体調変化を軽く見ないよう気をつけます。です。

2017-05-25

ねむいー ( ´3`)

もう、あんまりにも眠すぎて、さっきから世界のへいぽーさんみたいな声で「ねむいー」を連発しています。たぶん誰かに聞かれたらドン引かれるレベル、我ながら気持ち悪い声です。酷いです。青山テルマさんでも、そばにいられないと思います。

うん。

そう言えば先日、学校をうろうろしている時に(オークランドで就学される方には、必ずお会いするようにしているんですよ)、そこで突然、
「サイトーさんの仕事て、儲かるんですか?」
っていうド直球のご質問を頂きました。

いやぁ、ここまでストレートに訊かれると逆にすがすがしいもんですね。ですから私もバシ!っとお答えさせて頂きました、「全然儲からないですよ (^q^)」と。
なんかこれ、すごく新鮮でした。

うん。

それからまた話は変わって足の爪、友人から「深爪し過ぎると巻き爪になる」っていうのを聞きました。
それからというもの、かなり豪快に伸ばしっぱなしなんですが、これ、靴下に悪いですね。今までの何倍もの早さで穴が開いちゃいます。

で、「参ったなー。どうしたもんかなー」って事で今も解決策を探しているんですが、結論としては「丁寧に、こまめに切る」しかなさそうです。私、10代の頃は「年をとるごとに物事はどんどんシンプルになる」なんて思っていたんですが、実際にはそうでない事も多いです。ちゃんと生きるのって大変です。

うん。あと、ねむいー(←へいぽーさん風の発音で)

それではちょっとだけ昼寝します。皆さま、おやすみなさいです。明日こそはちゃんとした日記を書きます、すんませんです。。

2017-05-19

女の子は可愛いんですけどね。

いや、これ、ファッションの話しなんですが、日本には服の流行ってあるじゃないですか。男性も女性も、それこそ毎季節変わるような感じで。

で、長々とニュージーランドに住んでいる私の目にも、日本の女性のファッションは可愛く見えるんです。どこかしら新しく、また何かしら日本らしさもありますし。
で、これ、たぶんニュージーランド人の目から見ても日本の女の子の服装やお化粧は可愛く見えているだろうと思います。普通にオシャレさんだなぁ、と。

が。

が、日本のメンズ・ファッションはニュージーランド人の目に、かなり中性的に映っているようです。つまりオネエ系と言いますか、なんと言いますか、ちょっとこう、女装癖があるタイプの方が無理して男の格好をしている感とでもいいますか。

とりあえず小奇麗でオシャレなのは分かりますし、またそれが日本の流行りであるのは日本人の私には分かるんですが、ニュージーランド人にはあまり理解されていません。
具体的にはテレビでクリス松村さんを見た時のような、

「いや、コンセプトも狙いも分かるし、確かにオサレだけど、何かがちょっと違うんだよなー ('A`)」

といった感じです。
まぁ、ニュージーランド人の男性に「綺麗系のファッション」という概念がないので、そう見えてしまうだけなんですけどね。

男らしくって言われても、ですよね

とりあえずメンズ・ファッションでNGなのは、お兄系、きれいめ系、コンサバ系です。これはニュージーランド人からするとオネエ系で一括りです。綺麗過ぎて引かれます。

で、サロン系とかアート系なんかは更に酷く、女装趣味として見られる可能性が出てきます。
具体的にはナオト・インティライミさんやRadの洋次郎さんタイプで、ハットに大型のショール、下がタイトなチノパンorクロップドとかはガチでオネエだと認識されるかなぁ、と。

結論として、基本としてはアメカジ、ストリート系、カジュアル系、B系、サーファー系あたりにしておくのが無難です。えぇ、えぇ。

2017-05-17

ソテーと揚げ、燻製くらいです。

いや、これ、ニュージーランド人の魚介類の料理法なんですが、基本はソテー、それから油で揚げる感じです。魚につきましてはまずこの2択、貝につきましてはこの2つに蒸しが加わって3択になるかなぁ、という所です。

「塩焼きとか、煮込みは無いのね・・・(・ε・)」

そうなんですよ。個人的に魚は塩焼きが一番美味しいと思うんですが、それが無いんです。
ニュージーランド近海で採れる真鯛は煮付けや吸い物にしたら最高ですし、シマアジやヒラマサはお刺身や塩焼きが美味しいと思うのですが、これも基本はソテーとディープ・フライの2択です。つまりバター味かフィッシュ・アンド・チップスだけなんですね、本当に勿体無い限りです。。

あ、思い出してみたらそれ以外に燻製というのもありました!

・・・が、まぁ、これもそんなに美味しいモノでもありません。そもそも保存食的なアレですし、なんかこう、厳密には料理とも呼べないような気もします。。

ニュージーランドでは魚、燻製が一般的です

そんなこんなでニュージーランドに居ると、時々無性に焼き魚を食べたくなります。鯖の塩焼き、アジの開き、ホッケに鱈、今の時期なら鮎もいいですよね。

ああ、久しぶりに日本の温泉で和食を楽しみたいですよ・・・(;´Д`)

2017-05-15

働くと安くなるんですが。

ニュージーランドって結構、物価が高いんです。家賃も週に150~200ドルくらい、食材も日本と同じかそれ以上高かったりするので、フラット生活をするにしても毎月1000~1200ドルくらいは掛かります。つまり都内で生活するのと同じくらいお金が掛かるんです。

「えー、なにそれ。ニュージーランドってそんなに高いの?(;´Д`) 」

いや、ここ最近はニュージーランドドルが高いっていうのもあるんですけどね。現在は1ドル=80円程度、これが70円になると日本円建てで1割引きになるので、状況も随分と変わります。

いずれにせよ。

いずれにせよニュージーランドの生活費は現在、かなり高いです。具体的に、毎月10万円くらいの出費は見ておかなければなりません。

が。

が、これ、ニュージーランドで働き始めると急に全てが安くなります。
・・・っていうのもニュージーランドの最低賃金は15.75ドル、日本円で言うと1200円オーバーなんですね。つまり1日8時間のアルバイトで1万円は越えてくる、と。

「えー、でも最低賃金なんて、守られてないんでしょ?」

いえ、ニュージーランドでは最低賃金を守らない会社っていうのはありませんから、どんなに地方の、またどんなに小さな店であろうと、時給1200円は保証されています。勿論、所得税がありますので手取りは12~13ドルになりますが、それでもまぁ、日本円で1000円程度の手取りになります。

「じゃ、1ヶ月で100時間働けば生活出来るって事?」

その通りです。ニュージーランドでは週に3日働けば、それで食べていけるようになっています。
それを考えるとニュージーランドという国は、やはり生活費が安い国という事が出来るんじゃないかなぁ、なんて思っています。です。

2017-05-12

政策金利、高いか安いか、しょっぱいか。

ニュージーランドの中央銀行は Reserve Bank of New Zealand、これが日本で言う日銀になるんですが、つい昨日が政策金利の見直し日でした。ちなみに政策金利は Official Cash Rate、今回は変更がなく、1.75%で据え置きでした。

「おー、1.75%もあるなんてすごい!」

いや、まぁ、確かに高いんですが、2008年には8.25%とかありましたしね。
ここではOCRの高さ低さよりも、【この世界情勢におけるRBNZの姿勢】というのが重要になってくるかと思います。

うん。

基本として政策金利は景気が良くなれば上がって、景気が悪くなれば下がります。
景気が良くなる ⇒ インフレ懸念 ⇒ 市中の流通を押さえたい ⇒ 金利上げる ⇒ みんな貯金するしローン返済額が増える ⇒ インフレが収まる、といった感じですね。

とりあえずニュージーランドの経済状況は現状、世界経済に比べて好調であるように映っていますが、実際には国内問題も色々とあるわけでして、ニュージーランド国内における目下の社会問題である住宅価格の高止まりを解消すべく、OCRを調整している、なんていう見方もあります。

「・・・どういうこと? ( ´д`)」

すごくザックリと言えば、OCRを上げる ⇒ ローンで住宅を転がしている地上げ屋つぶしが選択肢なわけです。
ただしこれは健全な市民の住宅ローンにも悪影響がありますし、そもそも経済崩壊のリスクまで考えられる非常に危険な諸刃の剣だったりもしますので、OCRを動かすのは慎重になっている今日この頃です。

そんなわけで。

そんなわけで今後のニュージーランド経済、住宅価格の沈静化でゆるやかなインフレを維持出来るのか、それとも世界を席巻している先行き不安の嵐に巻き込まれてしまうのか、ちょっと気になる所です。
でもこればかりはOCRを動かしているRBNZにも制御できない【神のみぞ知る領域】なんだと思っています。です。

がんばれ、ニュージーランド経済!

2017-05-09

大体、30ドルくらいです。

ニュージーランドの紙幣は全5種類、100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドルとなっています。この中で一番使われているのが20ドル札、次に5ドル、10ドルを良く手にします。50ドル、100ドルは殆ど見る事がありません。

「・・・え?なんで? ( ・ω・)」

実はニュージーランドにはキャッシュを持ち歩く文化がなく、通常の買い物は銀行カードかクレジットカードで決済するんです。それで大きなお金は持ち歩かないんですね。

「・・・ん?銀行カードで決済ってどういうこと? (゚З゚)」

これはデビットカードの事です。
例えばスーパーやレストランでの支払いの際、そのまま銀行のキャッシュカードを出してカードリーダーでスキャン ⇒ 暗証番号を入力するだけで支払いが完了するアレですね。ちなみに銀行の明細には、「スーパー○○の××支店で25.56ドルの支払い」のように記載され、且つ、通常の口座であれば利用手数料も掛かりません。

「おー、それは便利!」

そうなんですよ。
利用者側はATMを使う手間が省けるのと、キャッシュを持ち歩くリスクが無くなるのが利点ですし、店側は出入金の管理が簡単になる利点があります。正直、欠点やデメリットが何も無いので日本でも導入すればいいのになー、なんて思っています。

そんなわけで。

そんなわけで私もお財布には2~30ドルしか入れませんし、キャッシュを使うのは日曜マーケットで野菜を買う時くらいです。本当、お仕事以外で50ドル札や100ドル札を見るのは、1ヶ月に1回あるかな、どうかな、といった所です。うん。

マーケット遊び、楽しいです"

2017-05-08

秋が始まっています。

なんだかここ最近、朝方が冷え込んでいます。日中はまだまだ暖かいんですが、起き抜けは靴下が無いと寒いくらいです。たぶん秋が始まっているんでしょうね。

昨日、八百屋さんに行ってきました。

ニュージーランド産の栗、梨、フィジョアのコーナーが盛況で、スイカやトウモロコシは随分と質が落ちていました。またレタスとブロッコリーの値段が落ちてきていて、逆にアスパラの値段は上がっていました。

基本としてニュージーランドでは安い野菜は旬なので美味しく、値の張る野菜は高い割りには質が落ちるもの、買い物籠にはレタスとブロッコリー、梨を入れる事になりました。でもこれで何を作ればいいんでしょう。なんか、サラダにするくらいしか無さそうな気が。。

うん。

そんなこんなで、ちょっと曇った空を見上げながら季節の変わり目を感じている今日この頃です。
そうかー、もう秋なんですねぇ。時が経つのは本当に早いものですね。

2017-05-06

すいません、1週間過ぎちゃいました (´Д` )

なんだか今週は忙しくしていまして、気がついたらブログの更新、すっかり忘れていました。いやー、妖怪・時間泥棒って居るんですね、恐ろしい世の中ですよ。

・・・あ、すいません。本当は脳軟化で忘れていただけです、調子こきました、申し訳ありません・・・ (´・_・)

で。

で、今日は今日でまた朝からコツコツとPC仕事をしています。具体的には税金だのなんだのをやっているですよ。日本で言う消費税の返納、来週月曜が期限になっているので頑張らないと、です。

「ああ、ニュージーランドの会社も消費税の返納があるの?」

あるんです、あるんです。会社の売上に含まれていた消費税額を計算 ⇒ 税務署に納税する流れですね。うちは2ヶ月ごとに返納していますが、半年ごとの会社なんかもあるみたいです。納税は事業者の義務ですので、しっかりと頑張らないと、ですね。

と。

と、そんなこんなで土曜なのに朝から仕事をしているというニュージーランド的にはあり得ない状況、なんとか夕方までにやるべき事を終えたいなぁ、なんて思っています。です。

みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!