2017-06-28

無効印を押して貰ってキープです。

パスポートというのは気が付くと有効期限が切れているもの、
「よっしゃ、ニュージーランドにワーホリに行くぜ!( ・ω・)ノ」
と思ってチェックしてみたら1年ちょっとしか残っていないというの、良くある話です。

「うーん、あぶねー!
でもギリギリで間に合いそうだだ、やったぜっ!(゜3)ノ」

ところがこれ、そうでも無くてですね。
とりあえずニュージーランドのビザ申請にはパスポートの有効期限が、NZ滞在期間+3ヶ月以上ある事という規定があるんです。つまりワーホリ・ビザを申請する為には最低でも15ヶ月以上の有効期限が必要となるわけですね。

「ハァハァ・・・それならマジでギリギリだな・・・でも今日から数えたら有効期限はピッタリ15ヶ月、今日の内にビザ申請したらなんとかなりそうだ・・・ (´ρ`)」

それがですね・・・実際には申請期間として数週間は必要になりますので、ピッタリ15ヶ月残っていてもワーホリ・ビザの申請は出来なくてですね・・・。
どんなにギリギリでも残り有効期限は16ヶ月がMAX、それ未満の場合はパスポートを更新する必要が出てきます。

「ワーホリ・ビザ申請、終ったです (^o^)」

ま、仕方ないです。とりあえず都道府県の旅券課にてパスポートの更新です。大丈夫、ニュージーランドは逃げたりしませんので、ここはスッパリと諦めてコツコツと準備していきましょう。

ちなみに。

ちなみに古いパスポートは無効印を押した上で返して貰えます。今までの旅行の記念にもなるので、必ず返して貰っておきましょう。うんうん。

2017-06-22

結構、バレてます。

ニュージーランド人って結構、日本が好きなんです。高校でも外国語で日本語を選択出来ますし、しかもそれ、確かフランス語の次に人気のある外国語だった筈です。これはちょっと日本人として鼻が高いですよね。

ちなみに日本語を選択する学生が多い理由は【ニンジャ萌え】では無いですし、【フジヤマ】も【武士】も【マンガ】も関係ありません。そういった一昔前のベタなイメージではなく、かなり正確に【日本という外国】を理解した上で、ニュージーランド人の学生は日本語を勉強しています。

「現代でも密かにニンジャは居るんですよね?」
「フジヤマ、ハラキリ。日本の文化は素敵です!」
「Narutoの隠れ里はどこにありますか?」

そういったトンチキな事を言う【ガイジン】って、実はこの世界にはもう居ないのかもしれせん。
むしろこれは日本人が持つ【ガイジン】という幻想であり、それこそ【ニンジャ】や【Naruto】みたいなものだったりします。つまり我々が【ニンジャ】ではなく【日本人】であるのと同じように、【外国人】は【ガイジン】ではないのですね。

うん。

そんなわけでニュージーランド人はかなり正確に日本人・日本文化を理解していますし、日本語を理解する人も多いです。
ですから「日本語だから大丈夫だろ!」って事で汚い言葉を使っていると、まぁまぁの確率で周りにバレていたりします。です。

2017-06-20

今日は箇条書きで【ニュージーランドに行くってのを家族や友人に話した時あるある】のご紹介です。ニュージーランドに来ている大抵の方は、日本でこんな事を訊かれています。

■ 「おー、ニュージーランド?!カンガルーの写真、撮ってきてよ!」
あ、うん。それはオーストラリアです。ニュージーランドにはカンガルー、動物園にしか居ません。いや下手したら動物園にも居ないかもしれません。ワラビーは確実に居るんですけれど。

■ 「・・・あ、あれ?そうなの?じゃ、コアラは?」
ええ、それもオーストラリアです。ニュージーランドにはコアラ、居ません。居るのは飛べない鳥だとか、すごぃマイナーな100年くらい生きるトカゲ的な生き物だとか、そういった微妙な動物ばかりです。

■ 「じゃ、カモノハシは?」
当然、それもオーストラリアです。基本として愛らしい動物はオーストラリア、奇妙な動物はニュージーランドと覚えておくと間違いありません。

■ 「なんかゴメン・・・で、どこ住むの?シドニーとか?」
ええ、それもオーストラリアです。ニュージーランドにシドニーはありません。シドニーはオーストラリアの首都であり、ニュージーランドの首都ではありません。

■ 「あ、思い出した!キャンベラだ!」
ごめんなさい、そうでした。オーストラリアの首都はキャンベラでしたね。つか、話題が思いっきり変わっています。オーストラリアの首都はキャンベラで正解ですが、ニュージーランドには関係無い話です。とりあえずニュージーランドの首都はウェリントン、余裕があったら覚えておいて下さい。

■ 「・・・ま、色々と楽しんできてよ!応援してるよ!」
ありがとう、ありがとう。それじゃ、オーストラリアみたいな国に行ってくるよ。微妙な動物と写真を撮ってくるから楽しみにしていてね・・・('A`)

・・・と、ニュージーランドに行くって話した時の周りの反応、大体そんな感じです。ツライのはアナタだけじゃありません、これに懲りずに笑顔で日本を出発しましょう。えぇ、えぇ。。

2017-06-19

元はロシア語だそうですよ。

そろそろ秋になった事もあり食べ物が美味しくなってきたニュージーランド、八百屋さんの店先にも柿やキウイ、蜜柑なんかが並ぶようになりました。ついこないだまでは西瓜がゴロゴロとしていたんですが、今はもう見る影もありません。時間が経つのって本当に早いです。

うん。

で、最近は私、筋子を探しています。
とりあえず筋子は毎年この時期、ほんの数週間だけ市場に出る季節の食材です。値段は1kgで30~50ドル、綺麗にほぐして醤油漬けにすれば美味しいイクラの出来上がりです。

今年は05月に一度フワっと市場に出ただけで、それ以降は全く目にしていません。

「えー。でも味はどうなの?ちゃんとイクラの味がするの? ( ゚З゚)」

いやいや、これがとても美味しいんです。なんだかんだで新鮮ですし、ニュージーランドの水は綺麗ですしね。普通に日本で食べるのと遜色ないレベルのイクラになります。

・・・と、そんなこんなで最近は近所の魚屋さんを回る日々なんですが、ニュージーランドに住んでいる方は今後しばらく魚屋さんの店先を注意深く覗いてみても良いかな、と。
で、筋子があったら即買いです。この時期を逃したら食べられない逸品ですよ!

2017-06-14

所持率、高過ぎ問題。

ニュージーランドに来る際に必要な持ち物ってアレコレとありますが、全員が全員、何かしらの忘れ物をしてしまいます。

「あー!デジカメ用の携帯三脚、忘れた!」
「水着、折角買ったのに忘れた!」
「ババシャツ忘れた!寒過ぎるっ!」
「yahooのメールアドレスとパスワードのメモを忘れた!」
「英語、高校以来だからすっかり忘れた!(←)」

で、ま、それとは逆に、全員が全員、必ず何かしらの必要じゃないモノもお持ちになります。

「携帯ガスコンロを持ってきました( ´・ω・)」
「海水を真水に換えるストローを持ってきました('A`)」
「お土産として扇子と万華鏡を10個ずつ・・・(´□`*)」
「【ダーリンは外国人】の1巻と2巻を・・・(´O`)」

とりあえず【ダーリンは外国人】はお持ちになる女性、割と多いです・・・いや、別に結婚願望が強いわけではないと思うんですけれど、それでも「まさかの時の為に!」みたいなアレで買ってしまうのかもしれません。とにかくここ数年、NZに来る女性における所持率がスゴイです。ダーリンは外国人。

うん。

ちなみに小説や漫画、なんだかんだでニュージーランドでも読めます。オークランド図書館には結構新しい小説の蔵書がありますし、漫画についても英文になりますが結構な数が揃っています。わざわざ他の荷物を減らしてまで書籍を持ってくる必要は無いかと思います。うん。

2017-06-13

いい店、夢気分。

なんだかんだで最近のオークランド、外食の値段が上がっています。つい数年前までは10ドル以下で中華やコリアンを食べられたんですが今は12~15ドル、ファーストフード以外では10ドル以下で食べられるお店がほぼなくなってしまいました。これ、おそらくは最低賃金を上げ続けた結果なんだと思います。現在、ニュージーランドの最低賃金は時給15.75ドルですからね。日本円で1200円を超えちゃっています。

うん。

で、そんな状況下でパフォーマンスを考えると、実は飲茶がいい感じです。
とりあえずの目安として2人で食べたら40ドルくらい、3人なら50ドル、4人で食べたら60ドルくらいです。アレコレと好きなものを好きなだけ食べる割には、そんなに高くなりません。初めは敷居が高いように見えますが、密かにお勧めなんですよ。

うん。

ちなみに私のお勧めのお店は Albany の North Sea Village Restaurant です。
車がないときつい立地ですが味が良く、値段も安く、とても流行っているお店です。特に週末は激混みですので、出来れば平日に行くのがいいなぁ、と。もしも誰か車を持っている人が居るのなら、一度は行っておきたい名店です。うん。

2017-06-09

スーパーがネックです。

留学生活は基本としてホームステイからスタート、例えばワーホリであれば3ヶ月の就学と3ヶ月のステイ ⇒ 卒業後は旅行なり仕事なりをする事になりますし、1年の長期留学であっても最初の3ヶ月をステイにしておいて、4ヶ月目にホームステイを出るケースが多いです。

で、ま、ステイを出るとなると通常、フラットを借りる事になります。
「・・・ん?フラット?それってつまり、シェアの事? ( ´3`)」
そうです、そうです。フラットというのは日本で言うルームシェアです。具体的には3-4人で家を借りて各部屋に鍵をかけ、お風呂とキッチンを共同で使うスタイルですね。

ふむふむ。

とにかくニュージーランドではフラットが一般的な生活スタイルになるんですが、フラットを決める際に重要なのはスーパーマーケットに近いかどうか、という点だったりします。
なんだかんだで買い物以外は小さな荷物しか持ちませんので、ここが重要になるんですね。ミルクが1kg、キャベルが1kg、ポテトとリンゴとバナナを買って・・・とやっていると、すぐに10kgくらいになってしまいます。

と。

と、そんなこんなでフラット探し、どうしても地域や学校への距離に目が向きがちですが、スーパーまでの距離にも注目していければと思います。です。

2017-06-02

TOEICについての、個人的な見解です。

さて今日は急に真面目な話になるんですが、最近、TOEICについてのお問合せをよく頂きますので、その点をつらつらと書いてみます。

「ニュージーランド留学で、TOEICのスコアを伸ばしたい」
「TOEIC対策だと、どの学校に通えばいいの?」
「おすすめの留学モデルを教えて下さい」

なんだかんだで恒常的にこういったご相談を頂くのですが、これ、身も蓋もない話なんですけれどTOEICをお考えならば日本で独学した方がコスパも良いですし、伸びも良いです

・・・というのもTOEICでは頻出単語・熟語が決まっていますので、【専用の単語・熟語集を丸暗記して、模擬テストを繰り返す】というのが1番の近道なんですね。実際、高得点を取った方の体験談をググってみると、同じような事が書かれています。「やはり単語力と慣れ、そしてテスト戦略が大切だ」みたいな感じです。

で、それならばロジックとして、日本で販売されている教材を【日本語で勉強する】のがベストです。

そもそもTOEICは日本人が日本人の為に設計した英語試験ですし、頻出パターンも決まっていますので、そらもう、それさえやっとけば必ずスコアは伸びてきます。逆にそれで伸びない理由がありません。頻出単語を出来る限り暗記して、コツやテスト戦略を日本語で理解するのが1番早いです。

うん。

そしてまたこれも良く言われる話ですが、「TOEICのハイスコアを持っている」=「英語を使いこなせる」ではありませんし、「英語を使いこなせている」=「TOEICでハイスコアが取れる」でもありません。つまりTOEICと英語力は似て非なるもの、といった感じです。これは高得点をお持ちの方ほど、そう認識されている傾向が高いかと思います。

「・・・つまり・・・どういう事だってばよ? (゚З゚)」

つまりTOEICと英語の関係を野球に喩えますと、「野球の上手さ」と「遠投」みたいなものなんです
野球選手であれば一般人に比べ、遠くまでボールを投げられます。また肩の強さは野球にとって必要不可欠な要素であり、野球が出来るのにボールを投げられないという事はありません。

・・・が、だからといって遠投だけに特化したトレーニングを重ね、その記録がプロ野球選手の平均に並んだからといって、野球が上手くなるわけではありません。

同様に幾らプロ野球選手だからといって、全員が100メートルを投げられるわけではありません。

「じゃ、結果として、どうしたら? (・ω・)」

結果として、少なくとも留学中は野球をやるのがいいですよ。
で、どうして遠投のスコアが必要になった際には、その時にコツを学んで狙っているスコアを目指せばOKです。しっかりと基礎体力がついているのなら、きちんと結果が付いてきます。

そんなこんなでTOEICと英語力、別物として考えるのが一つの答えだと個人的には思っています。どちらがどうという事ではなく、「別物だから練習方法が違うだけ」という感じです。うん。