2017-07-31

現在、新しくサイトを作っている所です。

それでここ最近はアレコレと忙しくしているのですが、なんだかんだで・・・どうでしょう。08月中旬頃にアップ出来れば、と思っています。いや流石に無理かな ( ´д`)
でもとにかく頑張ります。

それでは、先週の換金レートのチェックです。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年7月28日 9:57

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 85.29円

合計 430,332円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は431082円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 84.63746 JPY

合計 431,651.05円

で、たとえばカードの御利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて427335円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの授業料ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が3747円お得」という結果になりました。

2017-07-26

頭から突っ込みます。

日本に行って驚く事の一つに【車の運転】があります。ニュージーランドに比べて日本の道は幅が狭く、更にバイクが車のすぐ隣をすり抜けて行くのが本当に怖いです。
また【ギリギリで擦れ違える幅】の道も多く(民家の玄関先の凹みを利用して擦れ違わないと駄目だとか!アリエナイ!)、ニュージーランドのように気軽に運転といた雰囲気ではありません。

「うーん、怖くて運転出来ないなぁ・・・(;´Д`) 」

久しぶりに日本に戻ると運転、割とドキドキします。まぁ、日本は土地が少ない・・・というよりは、人口が多いので仕方の無い事なのですが。。

またもう一点、ニュージーランドの運転に慣れてしまうと、【駐車場では、必ずバックで駐車する】というのを不思議に思うようになります。

ニュージーランドでは通常、【駐車は頭から】なんですが、それでも車の角度やら何やらで、たまにバックから駐車する事もあります。

・・・が、日本は何故かバック駐車で一択ですもんね。
駐車スペース的に頭から突っ込んだ方がいいような場合でも必ずバックで駐車するあの律儀さ。あれは国民性なんだろうな、と思います。やっぱり日本人ってすごいですよね。

なんにせよ、良くも悪くも日本人って面白いです。ニュージーランドに暮らしていると本当、そう思う事が多いです。えぇ。

2017-07-24

忙しい毎日を過ごしています。

おかげさまで、ここ最近かなり忙しい日々が続いています。これもひとえにご利用者さま、それから英語学校のスタッフさんのおかげです。本当にありがたい事です。

で、とりあえず何が忙しいって、この時期はニュージーランドにいらしている方が多いっていうのもあるんですが、サイトの更新をしなきゃならないので、忙しくしています。
現状はとりあえずワーホリビザの申請ページも変わりましたので、これを早急にチェックして、新しく直さなければなりません。

後はまぁ、アレコレと調べ物をしながら、そろそろページを新しくしようかなぁ、とも思っています。これもあと2か月くらいでなんとかなるといいんですけどね・・・。ちょっと必死にがんばります。

と、そんなこんなで、為替レートについてです。
今日も5000ドルの送金でシミュレータを動かしてみました。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年7月21日 9:56

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 84.92円

合計 428,473円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は429223円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 84.446318 JPY

合計 430676.22円

で、たとえばカードの御利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて426369円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの授業料ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が2854円お得」という結果になりました。

2017-07-17

【先週金曜の為替レート】
銀行送金とクレジットカード払いの比較の参考例を出す為に、これから出来る限り週末の為替レートの比較結果を載せていこうかな、と思っています。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年7月14日 9:57

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 85.18円

合計 430030円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は430780円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 84.465975 JPY

合計 430776.47円

で、たとえばカードの御利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて426468円という事になります。

・・・ちなみに先週は銀行送金の方が1000円くらいお得でした。
楽天銀行は金曜の朝1番のレート、Mastercardは金曜の1日平均のレートで表示されていますので、ボラティリティが高い日ですと1%程度の変化幅がある感じです。

2017-07-07

よし今日はルーレット、赤黒一発勝負じゃいっ!

予想 → 黒
結果 → 赤

嫁、再び激怒。

ルーレットも一寸先は地獄やでぇ・・・('ε':)

2017-07-06

バカラ賭博で一儲けじゃいっ!

先日シティを歩いている時にふと思ったんですよ、
「・・・なんか今日はツイてる!」
と。それはもう天啓だか神様だかが降りてきたんじゃないか?っていう勢いで、そう思ったんです。

そんなわけで、手始めにまずはスクラッチ式の宝くじを買ったんですね。値段は3ドル、当たると何百万円かになるとの事でした。

・・・が、これは当然のようにハズレまして。
流石にこれは欲張り過ぎ、そこまで大きい幸運は逆に不運かもしれませんしね。むしろこれは外すのが正解、当たらなくて良かった、ってなもんですよ。

で、久しぶりに行って来ましたよ、カジノ!

今回の勝負はバカラ3本勝負です。いや、3本勝負って言っても【10ドルずつ、3回】なんていうケチな勝負じゃありません。今回の作戦は【20ドルを立て続けに3回連続】という泣く子も黙る大勝負です。つまり20ドルを40ドル→80ドル→160ドルまで増やしてやろう、って事ですね。成功すれば160ドル、晩飯はお寿司かな?ステーキかな?って感じです。

で。

で、まずは20ドル紙幣をチップに換えて精神統一、ここだ!!というタイミングでバンカーに賭けました ⇒ 結果はプレイヤー、つまり2秒で負けました ⇒ 20ドル無くなりました ⇒ 勝負なんてしなけりゃ良かった ⇒ 宝くじと合わせて23ドルも損してしまった ⇒ それだけあったらカフェでまぁまぁな朝食行けるのに ⇒ 美味しいコーヒーも飲めるのに ⇒ 何やってんだ本当 ⇒ オレは駄目だ、駄目人間だ ⇒ やっぱり賭け事は虚しいものやで・・・

・・・いや、こうなったら禁じ手の【20ドルを立て続けに2回連続】で一気に挽回じゃいっ!!

結果 ⇒ 嫁、激怒。

バカラ賭博、一寸先は地獄やでぇ・・・('ε':)

2017-07-04

今日はテンション↓めです。

朝から夕方くらいまでは元気だったんですが、夜になってから風邪をひいたみたいです。ちょっと微妙にテンション↓です。無理をしちゃ駄目ですね。・゚・(ノε`)・゚・。

テンションが下がってしまっています

とりあえず英語の勉強にしろ、お仕事にしろ、留学準備にしろ、何にしろ、やるべき事が山積みに見える時は落ち着いて一つ一つ、出来る事からコツコツと片付けるのが一番の近道だと思っています。

で、テンション下げ下げで出来る事が殆ど何も無い時には、ちょっと休憩するのが良いと思っています。ただし休憩は予め期間を決めてメリハリをつけて。じゃないとダラダラしちゃいますしね。怠け者の私としては、休む時こそ慎重にならないといけません。

うん。

そんなこんなでこの2~3時間は完全に休憩したわけですが、ようやく少しだけテンションが↑になってきました。ここでちょっとだけ頑張ってみて、無理をする前にまた休憩しようかな、と。

繰り返しになってしまいますがこれ、英語の勉強にしろ、お仕事にしろ、留学準備にしろ、何にしろ、全て同じだと思っています。コツコツ、そして上手く休憩を使いながらです。

・・・さぁ、頑張っていきましょう。
私もここで今、出来る事を少しずつ進めてみます。焦らず、のんびり、無理をせずです。えぇえぇ。