NZLCからの重要なお知らせ

NZLCでは2019年度から値上げを予定しているのですが、2018年10月31日までのお申込みで且つ、2018年12月31日までにお支払いを完了される場合は、2019年のご入学であっても2018年料金が適用となります(宿泊費用は適用外)。
以上より来年度のご渡航が確定されている方は、すぐに弊社までご相談下さい。

また現在、2019年1月末まで、オークランド校のお席の数が埋りつつあります
今後この時期のご入学をご検討中の場合は早急にご連絡下さいませ。

2018-10-30

ようやく PC 仕事に着手です。

現在の時刻は深夜0時、なんだかんだと書類仕事を片付けている内にこんな時刻になってました・・・とまぁ、延々と仕事をしていたわけではなく、むしろ休憩ばっかりしてたんですが。
でもま、とにかく今からメールやら何やらの PC 仕事を開始です。

・・・と思っていたんですが、ついつい晩御飯を食べちゃいました(´Д`)
炊飯器でご飯を炊いて冷凍のカレー、食器を洗って時計を見ると、0時が1時に変わっています。

深夜のオークランドはとても静かです。

物音一つせず、「日本昔話に出てくるような夜」といった趣です。

時々風が吹いて木々が揺れる音がします。

また遠くに車のエンジン音が聴こえます。

・・・が、それもすぐに遠のきます。

気がつけば辺りは元通りの静寂に包まれています。

のんびりと伸びをして、肺に貯まっていた重い空気を吐き出し、視界が闇に慣れるのを眺めます。
風が吹いて闇の輪郭が曖昧になります。小さな声で「良し」と呟き、部屋に戻ってこの文章を書き始めます。どこから書こうか考えながら、どうやって書くか考えながら。

なかなか上手く言えませんが、私はこういう夜の雰囲気がとてもとても好きだったりします。

2018-10-29

ほんとう、目先を変えるのが大切です。

今日は内容がアレですのでかなりのフェイクが入りますが、しばらく前に学校回り ⇒ 弊社のご利用者さまとお会いした時のお話です。

そのご利用者さまとは学校卒業後の就職やフラット探しについてアレコレとお話していたんです。まぁ、いつもの事といいますか、通常運転といいますか、そんな感じの、のんびりとした雰囲気の学校回りだったんですね。

で、その際に近くに座っていた方から、
「サザンクロスの斉藤さんなんですか?出発前はホームページ、よく拝見させて頂きました!ビザ申請の際にもお世話になりました!」
とお声掛け頂きました。

これ、とてもありがたい事です・・・が、まぁ、弊社サイトを知って頂いたのにご利用には繋がらなかったので、もっと頑張らないと、って話なんですけど (´Д`)

で、話はここからすっごい角度で曲がっていきます。

どうもその方はこちらの【ずっと先の留学】でご紹介させて頂いている、「1年前から情報集めを続けてしまったパターン」の方らしく、なんかもうアレコレと後悔されている、と。

「最初は情報を集める事でモチベーションも上がったし、調べもの自体を楽しんでたんですけど、気がついたら心配事を探してエージェントに問い合わせをして、答えを聞いて安心する状態になっちゃって・・・」

まぁ、王道のパターンです。頭では分かっていても、一度そのループに入ってしまったら相当な事が無いと抜けられません。最初の段階でエージェントが恨まれ役を買って出て、情報収取を止めてあげられたら良かったんですが。

「予算も学校情報もブログやエージェントによって言う事が違うし、それでも学校選びはしっかりしないと、って思って随分と調べたつもりなんですが・・・」

ああ、ええ・・・。

「でも気になった事を調べて候補を絞って、考えに考えて1校に決めても、しばらく経つとまた別の点が気になってしまって・・・」

ああ、うん・・・。

「それでまた色々調べて、迷って迷ってを繰り返して、最終的にここしかないって事でこの学校にしたんですけど、実際に通ってみたら、なんか思っていたのと違うな、って感じで・・・」

ああ、やっぱり・・・(´Д`)
そこで弊社のクライアントが「私なんて何も調べずに、なんか適当に選んじゃったよ(笑)」とフォローして下さったんですがそれも響かず、なんかすっごい落ち込んでしまっていてですね・・・。

「私、この学校とA校でかなり迷ったんですが、A校って斉藤さんから見てどんな感じですか?」

とりあえず到着後に他校について考える事になんの意味もありませんので、こういったご質問には、「大切なのは今、この生活を楽しんでいく事だと思いますよ」的な事を答えています。

・・・というかこれ、学校周りをしている際に割とよく訊かれるんです。

でも例えば私からA校の悪口を聞いて多少の安心を得られたとしても、次はB校、C校と続きます。そして最終的には10校くらいの悪口を聞いた後で、「じゃぁ、国内ベストな学校でもこの程度って事ね。ニュージーランドってレベル低い、こんな事ならオーストラリア留学にしとけば良かった」となるだけです。正直、誰も得しませんし、幸せにもなりません。

いずれにせよニュージーランドご到着後にも学校選びの呪縛を引きずる ⇒ 折角の留学生活をネガティブ・イメージで塗りつぶすのは果てしなくコスパが悪いです。それより留学生活を楽しまないと。出発前に1年以上考え続けたのは、今、この瞬間を楽しむ為なんですから。

・・・という所まで、ご説明したんです。

「でもA校ってアクティビティが盛んらしいですし、この学校って思ったより授業が退屈でした。それならアクティビティを重視しとけば良かった、って思うんです。もちろん、今更な話しなんですけれど・・・」

「こんな事なら、色んな所で体験レッスンをしてから決めれば良かった・・・」

「もっと時間を掛けて情報を集めていたら、想像通りの留学になってたと思う」

・・・もちろん完璧を提供出来ない学校・エージェントは更なる努力をすべきなんですが、なんかこう、色々と難しいものです。これからも日々、精進を続けていかないと、ですね。うん。

2018-10-26

反面教師的な。

先日、日本語のビジネス書を読んでいたら、「ローンチ」という単語が出てきました。
とりあえず知らない単語ですがおそらくは英語、また文章の前後の意味を考えますと、たぶん「一般公開」だとか「サービス開始」だとかって意味だと感じました。

「うーん、なんかよく分からないけど、日本ではそう言うのね。ローンチね (・ω・ )」

まぁ、私は英語があまり得意ではないので、こういう事ってよくあります。日本国内でカタカナ英語が一般化 ⇒ それを聴いても分からない、的な。bread がブレッドとして一般化 ⇒ 私はパンしか知らない、みたいな。いや流石にブレッドは知ってますけど例として。

うん。

まぁ、とにかく日本語は言葉のサイクルが早いので、分からない事も多いです。海外に居ながらもちゃんと勉強しないと、ですね。

意識高い系

で、昨日、学校の日本人カウンセラーさんと話している時に、ふと思い出して「ローンチ」について訊いてみたんです。こんな言葉があったんですけど、ご存知です?って。

「あー、ローンチですね。あれはラウンチの事ですよ、l・a・u・n・c・h です」

えー!なにそれ!

すごいがっかり!

そもそもラウンチってカタカナ英語にあったじゃん!

ラウンチなら知ってるよ!分かってるよ!

それをわざわざ、ローンチに言い換えたの?

なんで?

ラウンチから英語の発音に寄せて、いったい誰が得するの?

そもそもラウンチもローンチも、英語じゃないし。launchだし。

つか、ローンチて言われて、通じない人の方が多くない?

日本人にも外国人にも通じなくない?

なんかすっごい、がっかりですよ。ビジネス書って意識高いにもほどがある。

・・・って事でこれは、反面教師にしないとですね。
言葉は相手に伝わるかどうかが重要で、そこに焦点を当てるべきだ、と。なんかもう、色々と気をつけないと、と思いました。まる。

2018-10-25

春眠、暁を覚えず。

ニュージーランドの季節は日本の真逆、つまり現在は春になります。
私が住むオークランドでも桜が咲き、散り、そしてスーパーには初物のイチゴが出回るようになりました。

ちなみに本日のオークランドの気温は14~18度、東京の気温は14~22度となっています。おそらく来週・・・いや、再来週の11月上旬には、オークランドと都内の気温がほぼほぼ同じになるかな、という見込みです。なんと言いますか、1年って本当に早いですよね。

うん。

そんなわけで最近はお昼寝や近所の散歩にベストな時期になっているのですが、留学業界は年末年始のバタバタに備えて割と忙しくしています。

天気も良く、暑くもなく寒くもない日々、春先の落ち着いた雰囲気、外から聴こえる小鳥たちの鳴き声。それなのに終らない仕事の山 ( ´Д`)

結果、なんとなく昼はぼんやり・のんびりとしてしまう ⇒ 夜遅くまで仕事をする事に ⇒ 朝が起きられない ⇒ 仕事が遅れる ⇒ 夜遅くまで仕事 ⇒ 朝起きられないの駄目ループにはまっています。毎年の事ながら、この時期はそんな感じです。でもたぶん私は悪くない。きっと社会が悪いんです。

ええ。

・・・という事で、週末は時間を作ってビーチか公園に散歩に行きたいなぁ、と思いつつ、今日もコツコツと頑張ります!

ビーチでごろごろー、ごろごろー。

2018-10-24

インパクト勝負でした。

今日は学校回りでシティまでドライブ、その道すがら聴いていたラジオでスポーツ用品店のCMが入りました。登場人物はナレーションとお客と店員、ざっくりとこんな感じでした。

ナレーション:「おっ!○×スポーツにお客さんがやってきたぞ!」
お客:「えーと、ジョギングがしたいんだけど・・・」
店員:「お客さん、いいタイミング!今ならこの○○のシューズが79ドル!」
お客:「ほぅ!」
店員:「それから××のシューズ!これは69ドル!」
お客:「ほほぅ!」
店員:「更になんと!□□のシューズも40ドル引きの59ドルだー!」
お客:「な、なんだってー!」
店員:「○×スポーツ・ショップ、超特価セール中っ!」
お客:「よしっ!それじゃぁ早速、試し履きしてみるよ!」
店員:「よしきた履いて!今履いて!」
お客:「うん!それじゃぁこのシューズから・・・」
店員:「お!イイの選んだねっ!さぁ履いて!今すぐ履いて!」
お客:「・・・ん?なんだこの店、Sサイズしか無いじゃんか!全部きつくて履けないよ!」
店員:「Oh・・・」
お客:「Oh・・・」
店員:「・・・なんかごめんね・・・」
お客:「謝っちゃうの!?」
店員:「・・・本当、ごめんね・・・」
お客:「Oh・・・・・」
ナレーション:「さぁ皆で行こう、○×スポーツ!セール中だよ!」

・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。
・。

なんと言いますか、私はこういう微妙なコマーシャルが大好きです。

2018-10-23

今年分もだいたい終わりかな、と。

さて気づけばこれで10月も終わり、今年も残す所あと2ヶ月となりました。
・・・という事で本年度ご出発につきましては、そろそろ手配が終わる感じです。
そして11月からは、来年01月以降ご出発のお手伝いがメインになってきます。

「ああ、年末年始の英語学校ってクリスマスでお休みなんだっけ?('-'*)」

そうなんですよ。
多少の例外はありますが、基本的には2018年の最終週と2019年の第一週はクリスマス休暇で休講 ⇒ 12月の入学タイミングは他月に比べて少なくなります。

そしてまた第3週に入学 ⇒ すぐにクリスマス休暇というのを避ける学生がほとんどですので、原則的には12月上旬が本年度の最終到着タイミングになる感じです。

「で、そうなると11月上旬には学校手続きを開始してないと駄目だから、今週が2018年度出発のラストになるって事なのね?('-'*)」

そういう事になります。
そして11月は年明けのご出発をメインでお手伝いしながら、12月末ご到着の特殊ケースなどを学校と調整する感じになります。毎年の事ながら、いよいよ業界にも年末の雰囲気が漂ってきています。

うん。

そんなわけでいつもより少し忙しくなっている今日この頃、今年も追い込み、しっかりと頑張っていきます!です!

今年もいよいよ終わりです!

2018-10-19

粉も良い感じです。

さてニュージーランドと言えばイギリス系の国、どういう理由でイギリス系なのかはよく分からないんですが、とにかくイギリスっぽい感じです。なんか国旗にもイギリスの図柄が入っていますしね。たぶんイギリス系だと思います。英語も話していますし。なんかこう、よく分からないですけどイギリスっぽい感じです。たぶんイギリスです。

うん。

という事でニュージーランド人もティータイムや食後には熱い紅茶を淹れて・・・となりそうなものですが、実はニュージーランドってコーヒーの国だったりするんです。

「ああ、それ聞いた事あるよ('-'*)」

・・・ああ、聞いた事あります?
まぁ、そうなんですよ。ニュージーランド人、私の体感ですと9割までは紅茶よりコーヒー好きだと思います・・・いや、カフェでもコーヒーはマシーンの本格派なのに紅茶はティーバッグが普通ですし、もしかすると9割以上がコーヒー党かもしれません。たぶんそうに違いありません。

うん。

そんなわけでスーパーでも沢山のインスタント・コーヒーが売っているんですが、買うのならば日本のような粉コーヒーではなく、一杯ずつのパックになっている【ちょっとセレブなインスタント・コーヒー】がお勧めです。なんかこう、カプチーノだったりラテだったりチャイラテだったり、10パック5ドルくらいで売っています。

で、これが中々に美味しいんです。

とりあえず1杯50セントくらいになりますし、その割には中々なものだったりしますので、ニュージーランドにお越しの際には是非お試し下さい。ちなみに日本に帰国する際のお土産にも良いですよ、これ。うん。

コーヒールンバ

2018-10-18

ようやく仕事が終わりました。

今日は朝から色々とありまして、気が付けば深夜になってしまっています。勿論、休みも取らずに仕事をしていたわけでは無いんですが、とにかく今日は大変でした。

うん。

そんなこんなで今日は落ちも何もなく、倒れ込むようにして日記を書いて終わりにします。
明日が終れば週末ですので、あともう一息頑張ります!

2018-10-17

ねない子だれだ。

さて私は霊感とか全く無いのでサッパリ分からないんですが、ニュージーランドにも幽霊って居るんでしょうか?
おそらくは【日本に幽霊が居るっていう方にとっては、、ニュージーランドにも幽霊は居る】って事になるんでしょうけど、やっぱりその場合、ニュージーランド人の幽霊は英語を話すんでしょうか?

ちなみにニュージーランド人のオバケが折角出てきたのに相手が日本人だった場合、ニュージーランド人の幽霊ってどんなリアクションを取るんでしょう?
「オーウ、英語 通ジナイ デース!ガッテーム!」
とかになるんでしょうか、やっぱり。

逆に日本人の幽霊が外国人に遭遇したら結構、
「・・・あ、すいません、出るトコ間違えました。今すぐ消えます、すんません・・・」
とかになりそうですよね。腰低くなっちゃって。なんか、死んでからも国民性って残りそうですし。恨みやら性格やら記憶なんかは残ってるみたいですし。

「いやいや、幽霊には英語も日本語もなく、魂で会話するから何を言ってるか分かる筈だよ!('-'*)」

うーん、もしそうなら死後の世界って便利ですよね。英語の試験も授業も無いですし。割と素敵かもしれません。

・・・あ、でもパスポートとかビザってどうなんでしょう?
もしも私が幽霊になって、且つ、言葉の問題が無いのだとしたら、確実に何年かは海外旅行すると思うんですが、結構自由にあちこち行けるんでしょうか?

でもそうなると日本に外国人の幽霊が出てこないのって不思議です。
もしも自由に行き来が出来るなら京都なんて外国人の幽霊だらけになりそうですし、霊感がある人が京都に住んでたら外国人幽霊に話し掛けられまくって、英語力が上がりそうな気もします。

・・・あ、違うや。幽霊は魂で会話するんでしたっけ。

オーウ、死後ノ世界、難シイデース!ガッテーム!

難シイデース!

2018-10-15

今日も真面目なお話です。

・・・という事で早速ですが、先週末にNZLCのマーケティング・チームから以下の公式アナウンスがありました。

NZLCからの重要なお知らせ

2018年11月1日以降に頂きましたお申込みは、2019年料金が適用となります。
ただし2019年のご入学でも、2018年10月31日までのお申込み、かつ、2018年12月31日までにお支払いを完了頂けます場合は、コースのみ2018年料金が適用となります(宿泊費用は適用外)。

また現在、2019年1月末まで、オークランド校のお席の数が限られてきております
今後この時期のご入学をご検討中の場合、お席の確保の為にもお早めにお申込み下さいませ。

以上より2019年01月、02月からNZLCオークランド校へのご留学をお考えの方は、早急に手続きを開始する必要があります。
またNZLCオークランド校以外へのご留学をお考えの方も、そろそろ手続きを進めないと、です。

「ああ、なんか一校が混んじゃうと、他の学校も早い者勝ち的に埋ってきちゃうんだっけ('-'*)」

そうなんです。
既にNZLCでは01月末までの早い者勝ち合戦がスタートしていますので、これにあぶれた方が他の学校を押さえる ⇒ 他の学校も埋り始める構図です。

そんなこんなで来年01月、02月のご渡航をお考えの方は、そろそろ手続きを進める時期となっています。焦らせてしまうのもアレなのですが、ベストな手続きをお考えであれば、先々に動くしかありません。

「でもまだビザも取ってないし、具体的な計画も立ててないんだけど・・・('-'*)」

それならば大体のご出発時期という事で、弊社までご連絡下さい。
とりあえず弊社は営業電話も営業メールもありませんので、デメリットは何もありません。大まかなお考えやご予定を伝えて、注意点や準備の流れを聞いておけばOKです。

それで全体の流れを掴み、具体的に準備を進める中でエージェントを使うべきか、また使うとしたらサザンクロスは信用出来る会社なのかなど、のんびりとご判断頂ければ、と思います。

うん。

そんなこんなで来年も忙しくなりそうな雰囲気の今日この頃、マーケットは青色吐息の中にあって忙しくさせて頂いている事に感謝をしつつ、今週も元気モリモリでスタートです!頑張ります!

来年も頑張らなくては

2018-10-12

今日は為替についてです。

さて昨日からジワジワと円が安くなっているのですが、どうも今回はアメリカの株安 ⇒ 世界中の株が下落した影響らしいです。なんだか困ったものですよね。。

いずれにせよ今日は昨日に比べて1円程度の円安です。そしてこのまま週末に突入 ⇒ 来週の月曜はまた、大きく動くんじゃないかな、と思っています。

「・・・じゃ、月曜は円高になる感じかな?('-'*)」

いや、それは誰にも分からないんです・・・というか、それが分かったら一晩でお金持ちになれたりします。

「ああ、たまに聞くFXとか、そういう事ね?('-'*)」

その通りです。
為替も株やビットコインなんかと同じで、先読みが出来れば大儲け出来ます。実際、1日分の値動きを完ぺきに予測出来るのならば、一生分の生活費くらいは余裕で稼げます。

「じゃぁ、今後どうなるのかは分からないって事か・・・('-'*)」

ただし経験上、週末に大きく動いた後の週明けは大きく動く事が多いです。とりあえず円高になってくれれば、留学生にとって有利になるんですけれど。。

「なんか、円高とか円安とか、難しいですよね('-'*)」

例えば国内で1ドルのコインを買うのに、今日は73円くらい掛かります。
そしてこれが3円の円高に振れますと1ドルが70円になり、1ドルのコインを70円で買える事になります。また逆に3円の円安になりますと1ドルは76円 ⇒ 1ドルのコインは76円になってしまいます。

「じゃ、これから円高になって、1ドルの値段が安くなると有利って事ね?('-'*)

そういう事です。
ちなみに2015年頃は90円台で2012年頃は60円台でしたので、過去5年のスパンでみますと現在はほぼ中間くらいとなっています。

それでは皆様、良い週末を!

為替は分からんです

2018-10-11

保険、おさらいです。

とりあえず保険について、現在は日本の海外旅行保険ではなく、【ニュージーランドの学生保険】+【ニュージーランドの一般保険】をご利用になる方がほとんどです。
この理由は単純で、「ニュージーランドの保険の方が掛金が安く、補償もむしろ優れているから」という事になります。

まずは学生プラン、これは通学中に加入する保険になります。
上記ではご自身での手続き方法をご紹介していますが、学校お申し込み時に、学校に加入手続きの代行を依頼出来ます

とりあえず医療費が無制限補償ですし、救援者の渡航費用や宿泊費なども充実していますので、かなり手厚い補償となっています。

そして次に学校を卒業した後の保険が上記になります。例えばワーホリ留学をされる場合は現地到着後、学校のパソコンから加入するのが一般的です。
(留学をされないワーホリ・メイカーであれば、日本ご出発前のご加入になります)

こちらの一般プランも医療費は無制限補償、また救援者の渡航費用や宿泊費などもカバー対象となっています。
また学生プランと合わせても掛金は1年で5~6万円、とてもお手軽ですし便利ですので、こちらをご選択になる方がほとんどです。

と。

と、そんなこんなでニュージーランド滞在中の保険、詳細は以下をご確認下さい。

こちらを読んでおきますと、大体のイメージが掴めるんじゃないかな、と思います。

保険について

2018-10-09

体験談はあくまで、体験談です。

とりあえず出発前は留学雑誌やブログで留学体験談をチェックする事もあるかと思いますが、そういった体験談は話半分で考えておくのがベストです。

それと言うのもそういった体験談は【事実】ではあっても【アナタ自身の留学】では無い為です。とりあえず参考にはなりますが、結局はそこまでの話なんです。

ちょっと例え話をしてみます。

例えば近所の中学生から
「高校の部活って何がベストですか?」
と聞かれたとして、アナタはなんと答えるでしょう?

「バスケ部が一番楽しい!ベストだよ!」
「野球部はいい加減だけど楽しい」
「サッカー部は激しく疲れるし先輩が厳しい」
「帰宅部が一番良いし、高校生活を楽しめる」
「手芸部は不良の集まりだよ」
「軽音楽部は男しか居ない。女っけのない哀しい部活」

例えばこれらの情報が全て正しかった場合でも、それらを体験する人によってその感想は全く変わってしまいます。

「バスケ部はオタクの集まりで怖い」
「野球部は物足りない。怠けモノばかりでガッカリした」
「サッカー部は大会に出る実力がある、やりがいのある部活」
「帰宅部だとニート一直線、折角の高校生活が勿体無い」
「手芸部はバカやってて毎日笑いがたえなかった」
「軽音楽部は硬派だから、学園祭で超モテる」

上記の通り、完全に同じ状況であっても、体験談は真逆の意見になり得ます。

「じゃぁ、いったい何を信じればいいんだろう?('-'*)」

いや、ブログにしろエージェントの話しにしろ、信じる必要はありません。
色々と見聞きした上で状況を整理 ⇒ 判断するのが、大切になってくるかと思います。

とりあえず中々に難しい部分ではありますが、こういった流れも楽しみながら、のんびりと考えていきましょう。

2018-10-03

ビールが美味しい季節です。

今日も無事にだいたいの仕事が終わりまして、今はシャワーを浴びて汗を洗い流し、ビールを飲んでいる所です。

飲んでいるのは Steinlager(スタインラガー)のPURE、小瓶12本で24ドルです。私的にはちょっと良い時の為のビールです。ちなみに普通のは12本で20ドルを余裕で切る感じです。

いや、本当に旨いっ!

とりあえずおつまみはピスタチオです。これは幾らだったか・・・100g幾らの量り売りで、気が向いた時に適当に買っています。塩気が効いていて、ついついビールを飲んじゃいますよね、これ。

うん。

そんなこんなで今日はもう頭が回りませんので、あと1本呑んじゃいます。
そういう日があってもいいじゃない。
だめにんげんだもの。
あしたまた、がんばります!

ビール!ビール!ビール!

2018-10-02

白い恋人が鉄板です。

とりあえずよく頂くご質問で、
「ホームステイへのお土産ってどうしたらいいんでしょう?('-'*)」
っていうのがあるんですが、基本的には「買っても買わなくても良い」し、「買うのなら【空港で買う白い恋人】が正解」になります。

とりあえず成田でも関空でも空港に到着 ⇒ 航空会社のデスクで荷物を預け入れ ⇒ 搭乗券を貰って出国ゲートに ⇒ パスポートに出国スタンプを押して貰った後 ⇒ 飛行機の搭乗口まで歩く中にコンビニやお土産物屋さんが沢山あります。

そこで500~1000円くらいの「白い恋人」を買っておけば、ほぼ鉄板で間違いありません。
日本のクッキーとチョコのレベルは高いので、クッキーとチョコに慣れ親しんだニュージーランド人にはほぼ確実に喜ばれます。私は過去に失敗した事がありません。

「うーん、でももうちょっと日本っぽい何かにしたいんだけど・・・('-'*)」

これはお煎餅や和菓子、また日本っぽい置物や人形なんかになると思うのですが、これって外国人にとっては上級者向けですので、ニュージーランド人にもピンとこないケースが多いです。
「それでもそうしたい!日本の良さを伝えたい!」という事であれば、まぁ、気持ちの問題ですし別に良いのですが、まぁ、うん。個人的には相手に喜んで貰える事が大切かなぁ、なんても思います。

うん。

ちなみに2000円などの大きなセットは、やり過ぎだと思います。
本当、500円から1000円のものでOK、搭乗前にサッと買うくらいが丁度良いかと思います。

みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!