2018年12月21日
◆ 年末年始のお問い合わせについて

期間:2018年12月22日(土)~2019年01月06日(日)

この期間のお問い合わせへは返信に通常よりも時間が掛かります。
また学校の会計課によるご送金の確認や入学お申し込み等の学校手続きに関しましては年明けまで休止となります点、ご了承下さい。

2018年12月04日
◆ NZLC オークランド校、入校制限が掛かっています。

ニュージーランド最大の英語学校のNZLCオークランド校に入校制限が掛かり、現在は2019年03月04日(月)以降のご入学のみ、お受け出来る状況となっています。

以上より04月からのNZLCでの就学をお考えの方も、早急に弊社までご相談下さい。
この調子ですとお席の確保、今後も厳しい状況が続くものかと思われます。

2018-12-21

年末年始の休暇についてです。

ふと気がついたらもう、そんなインフォをしなければならない時期になっていました。一年ってホントにあっという間、こうやって気がついたら歳を取ってしまうんでしょうね・・・怖い怖い(;´Д`)

そして大抵の英語学校ではクリスマス・ホリデイに合わせて12月22日(土)から01月06日(日)までの2週間がお休みになります

「え。じゃ、サザンクロスは?('-'*)」

弊社ではこの時期もメール返信致しますが、通常よりも遅れてしまう可能性があります。
この点、ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さいませ。

■ 年末年始のお問い合わせについて
期間:2018年12月22日(土)~2019年01月06日(日)
この期間のお問い合わせへは返信に通常よりも時間が掛かります。
また学校の会計課によるご送金の確認や入学お申し込み等の学校手続きに関しましては年明けまで休止となります点、ご了承下さい。

ちなみに01月は中旬過ぎまで学校も移民局も手続きはほぼ進みませんので、02月のご出発をお考えの方は年内に学校の決定 ⇒ 年明けに学校手続きを開始する必要があります。
また同様に03月のご出発も、この年末年始で手続きを始める時期となっています。

とりあえず日本からのご送金やステイの確定には思わぬ時間が掛かる事もありますので、頑張って手続きを進めていきましょう。

休まず営業、頑張りますよー。

2018-12-20

耳をすませば。

いよいよ日差しが強くなってきたオークランド、日中は25℃まで上がるようになりました。外に出る時は日焼け止めクリーム必須、季節は初夏となっています。

・・・が、今年はまだ、セミの声が聴こえてきません。

例年であれば既に鳴いている筈なのですが、今年は完全に引き籠っています。なんだかこのままクリスマスを過ぎ、年も越えちゃいそうな感じです。
こうなるともう地球は温暖化しているのか、プチ氷河期なのか、良く分からない感じですよね。割とどっちでも無いのかもしれません。

ちなみに現在オークランドは23時、気温は17℃となっています。また明日の予想最高気温は23℃なんだそうです。
このまましばらく、やっぱりセミの声は聞こえないんじゃないかな、と思っていたりします。

蝉、まだ寝ています・・・

2018-12-17

いやもう、本当にすいません。日記の更新が追っついてないですね、申し訳ありません。

とりあえずここ最近は学校回りと情報集めとサイトのアップデートでてんてこ舞いです。獅子奮迅の勢いです。でも中々に終わりが見えません。師走って事なんでしょうね、精進します。

とりあえずこの週末はオークランドの国際線空港への乗り継ぎについてなんかを書いてみました。

出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、どうでしょうか。
来年は地方の小さな学校がホットになりそうな感じですので、ご参考になる方も多くなるかな、なんて思っています。

国内線乗り換え、楽しいですよ!

ちなみにニュージーランドの国内線は、双発のプロペラ機が基本になります。
画像にあるような小型ジェット機は主要路線のみで、通常は70人乗りくらいの小さな飛行機での移動になります。

またタラップって言うんでしょうか、飛行機に乗る時の階段的なアレもだいたい6~7段くらい、「工事現場の足場」といった風情だったりします。

「なにそれ、逆に気になるんだけど ('-'*)」

いいですよー、プロペラ機の移動って。
なんかこう、「乗客も協力しながら頑張って飛んでる感」が、たまらなく愛おしかったりします。です。

2018-12-11

ちょいちょい、学校のデータを新しくしています。

なんかここ最近、更新せずにすいませんでした。割と仕事が忙しく、出張やら会合やら何やらでバタバタとしていました。ちなみに明日も早朝から夜まで出張です。

そんな中、とりあえず学校データを2019年度版に差し替える作業をしています。現状、4-5校の差し替えは終わったのですが、残りあと10校くらいですね。

また更に来年から、サイトでご紹介する学校を3つくらい増やしたいなぁ、と思っています。これも時間を作って学校見学 ⇒ 文章を作ってページをアップしないと、ですね。なんとか今月・・・いや、来月までに終えられると良いのですが。頑張らないと。

あー、気が付けばもう今年も残り20日ですねぇ。1年、本当に早いです。去年のクリスマスなんて、つい昨日くらいにお祝いした気がするんですが、どっかに時間泥棒でもいるんでしょうか?出来たら盗んだ1割でいいんで、返して貰いたいんですが。。

・・・と、そんなこんなで今日もこれから外回りをしてきます。それで帰ってきたら出張の準備、完全に師走な日々を一つ一つクリアーしていきます。

2018-12-04

This is 向井秀徳.

先ほど仕事中に流していたBGMで、NUMBER GIRL の「透明少女」の RSR FES ver が流れてきました。適当に選んだ youtube のミックスリストに入っていたんですが、これが20年近く前の曲だとか嘘みたいです。とりあえず向井秀徳さんも田渕ひさ子さんも若くて元気そうでした。本当、素敵すぎ。

「ナンバーガール?誰それ、知らない('-'*)」

まぁ、そうですよね。
彼らはいわゆる天才系の集まりなのですが、そういうものだと思います。また、そうじゃないと駄目だとも思います。世代ごとに好みや中心って変わっていくものですし、10代や20代で彼らを知っている方が不思議です。とても良いバンドなんですが。

うん。

ちなみに20年前に比べて、英語学校業界も大きく様変わりしています。
2000年頃にあった学校の多くが潰れてしまいましたし、留学エージェントも出来ては消え、消えては出来てで今日に至ります。
とりあえず弊社も次の20年、弊社も皆さまにご愛顧頂けるように頑張っていかないと、ですね。

「えー。学校って割と潰れちゃうのか・・・('-'*)」

割と簡単に潰れちゃうんですよ。
なんかこう、ディレクターが大きな方向転換 ⇒ 失敗して学生数を落とす ⇒ 気づいたら小規模な学校になっている ⇒ 焦って必死にあがくものの、1年くらいで閉鎖、って感じです。

「なんか、そういうものなんですね('-'*)」

なんか、そういうものなんですよ。
とりあえず英語学校には「バランスの良い規模」というのがありまして、具体的には50~60名、100~120名、200名前後というのがそれになるのですが、そこを外すと上か下、いずれかに収束しようと自然に圧が掛かる感じです。例えば80名の学校は50名と100名、いずれかに動くイメージですね。

「なんでそういう事がおきるんだろう?('-'*)」

これはスタッフ・講師の数とクラス規模、そして家賃のバランスだと思います。
つまり学生が支払う授業料と経費を考えた際に、経営的にコスパに優れたポイントが現れる、的な話です。講師やセールスチームの良し悪しには関係なく、会計的な理論が支配する側面があるんですね。

「じゃ、小売業なんかと一緒だね('-'*)」

まぁ、そういう事です。
スーパーにはスーパーに適した価格帯と規模がありますし、コンビニにはコンビニに適した価格帯と規模がある的な。
そしてこの点を理解して経営している学校は結果として学生が得られる満足度も高く、長続きしている状況です。

・・・と、気が付いたらこれって、もしかするとバンドにも共通する話なのかもしれませんね。天才達が集まった NUMBER GIRL の早期解散を思うに、そんな事を考えてみた初夏の午後でした。うん。

学校経営はつらいよ
みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!