ちょいちょい更新、ヒトコト日記

留学情報やニュージーランド生活を徒然に
ヒトコトを書いてる人。くま。

ちょっとした事を書く、ブログ的なアレです。

学校情報や日々のアレコレを仕事を忘れて 肩の力を抜いて書いていますので、コーヒーでも飲みながら適当に流し読みして頂ければ。

そんなこんなで、良い意味で適当に頑張ります (゜3)ノ

2017-11-23

日本食材店に行ってきました。

オークランドはようやく夏が始まり、ちょっと外を歩いただけで汗を掻くような毎日になりました。
Tシャツにバギー・パンツ、サングラスと日焼け止めクリーム。そんな時期の食べるものと言えばやはり「冷麦」、ニュージーランドに居たとしても、やっぱりツルツルとやりたい所です。

そんなわけで先日、近所の日本食材店へ行ってきました。
麺類のコーナーにはラーメンや日本蕎麦、うどんやヤキソバなどが所狭しと並んでいます。そしてその片隅には憧れの存在、冷麦様が。もちろん即買い。麺ツユも即買い。薬味のワサビも当然即買いです。

そんなこんなで今日は朝からツルツルとやっています。これからの季節、今からとても楽しみです。

夏はやはり、冷や麦です!

2017-11-20

最近、ニュージーランド・ドルが安くなりました。

気が付けば80円を切るレート、クレジットカードでは79円ちょうどくらいになっています。先月までは82円をうろうろしていましたので、3円程度の円高です。
この調子で75円・・・いや、70円くらいまで行ってくれると良いのですが、それは流石に高望み過ぎでしょうか(´Д` )

と、そんなこんなで先週末のレートで5000ドルの請求額を支払う場合の計算です。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年11月17日 9:58

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 79.47円

合計 401,087円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は401837円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 79.012236 JPY

合計 402,962.41円

で、たとえばカードのご利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて398933円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの学校費用ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が2904円お得」という結果になりました。

2017-11-13

さてそれでは、先週の換金レートのチェックです。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年11月10日 9:57

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 80.83円

合計 407921円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は408671円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 80.293481 JPY

合計 409496.75円

で、たとえばカードのご利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて405402円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの学校費用ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が3269円お得」という結果になりました。

2017-11-06

オークランドのバスの定期代金、値上りです。

今まではゾーンA、B、Cで区分けして、同一ゾーン内は140ドル/月だった定期代金ですが、つい先日、ゾーン制を廃止 ⇒ 210ドル/月でオールゾーンに乗れる定期に統一となりました。

「・・・って事は、同一ゾーンの定期を買ってた人にしてみたら、一気に70ドルの値上がりになるの? (´Д` )」

そうなんですよ。
ただし同一ゾーンでの移動も2ステージであれば毎回の運賃お支払いでも140ドル/月程度ですので、そこまで大きな変更はありません。

それを考えますと大きな値上げとなったのは、3ステージの地域のバス定期のみとなります。ちなみに4ステージ以上は元から複数ゾーンでしたので、10ドルの値上げという事になります。

「はぁ・・・世知辛い (・ω・)」

オークランドのバス定期、値上げです

なんかもう、とにかく値上げ、値上げですよね。
ただし最低賃金は今年の04月から15.75ドル ⇒ 来年は更なる値上げがあるという話ですので、こんなものなのかもしれません。

とりあえず新政権は2021年までに20.00ドルまで上げる方針ですので、今後もしばらくはインフレ路線は続くんじゃないかな、と思います。

と。

と、そんなこんなで今週もスタート、のんびりと頑張っていきましょう!

2017-11-03

スパークリング・ワインもお勧めです。

気が付けばもう11月、そろそろ夏が始まりますので、スーパーのお酒コーナーに足を伸ばす機会が増えました。
ワイン棚には赤、白、ロゼ、アロマ、またそれ以外にもスパークリング・ワインが並んでいます。たぶん全部で300種類くらい、1年を通じてニュージーランド各地のワインを手軽に楽しめるようになっています。流石、ワイン王国ニュージーランドです。

それで味音痴の私は牛肉でも魚でもなんでも大抵白ワインを選ぶのですが、時々軽めのアルコールが欲しくなる事もあり、そんな時はスパークリング・ワインを買うようにしています。

ちなみにニュージーランドのスパークリング・ワインは炭酸がキツめでスッキリとしているものが多く、甘さも控え目で夏にぴったりな銘柄が多いです。
ですからフェタチーズ、オリーブ、クラッカー、カラス貝、フルーツなんかに合わせますと、幸せ度数がアップします。値段は1本10ドルくらい、コスパも中々に良いんじゃないかな、と。

そんなわけで今日もキリっとしたスパークリング・ワインを飲みながら夕食をとる予定です。ビールやワインもいいんですけど、たまにはこういうのも良いかな、と。

皆さまもニュージーランドにお越しの際には是非ともスパークリング・ワイン、お試し下さい!

2017-11-01

昨日の午後、ダイニングでお茶を飲んでいたらガンガンとドアを叩く音が。

「なんだろ。郵便屋さんかな?」と思いつつドアを開けると、予想に反して近所のチビっ子がオバケのコスプレをして、「Trick or treat!」の大合唱です。気が付けばハロウィンだったんですね。最近、仕事が忙しかったのでスッカリ忘れてました。

ハロウィン、春の風物詩です

それで慌ててキッチンに行ってチョコやらクッキーやらを持ってくると、可愛いオバケ達は
「あ!それはワタシのお菓子よ!アンタはコッチのクッキーを取りなさいよ!」
だとか、
「えー。さっきもオレ、クッキーだったじゃん!ずるいよ、お姉ちゃん!」
なんて言いながら、盛大にお菓子の取り合いを始めました。
なんかこう、毎年の事ながら微笑ましい感じです。日本の夏祭り的な風情があります。こうやって文化は連綿と受け継がれていくんでしょうね。

そんなこんなで、ものの20秒でお菓子を取り終わると「じゃね、バイバーイ!」と言って去って行ったオバケ達、それを見送った私はテーブルのカップを取って、いつもの日常に戻りました。今年もこれで、春が始まります。

トップページ