2017年度 - キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)

クイック・チェック
割安感
学生数
クラス数、レベル
日本人割合
無料アクティビティ
ホームステイ
キャンベルの特徴
  • 落ち着いたアットホームな雰囲気
  • 多彩な国籍比率
  • ワーホリ特別コースがあります
  • ウェリントン中心部の学校
  • 3食付きのホームステイ
  • クレジットカード払いOK
キャンベルの学校データ

学校名
The Campbell Institute
(キャンベル・インスティチュート)

学校住所
Level 1, 104 Dixon Street, Te Aro, Wellington, New Zealand

電話番号
+64-4-803-3434

学生数 / 日本人割合
100〜120人程度 / 15〜20%

クラス人数
最大16人 / 平均12人

日本人カウンセラー
常駐

パソコン、ネット接続
PC9台以上 / 無料WiFiあり

取り扱い学生保険
ユニケア(Unicare)社

学費のクレジットカード払い
visa、Masterでのお支払いが可能です(事務手数料 2.05%)

特殊コース編入テストの受検
仮予約が可能です。
(現地到着後に本試験があり、それに合格した所で本決定となります)

キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)はニュージーランドで唯一、国立ヴィクトリア大学指定の入学準備コースを持っている英語学校です。
落ち着いた雰囲気の中、アットホームな環境で英語レベルを伸ばしたい方にお勧めです。

またワーキングホリデー留学であれば入学金が80ドルに減額、更にフルタイムの授業料が335ドル/週になる特別コースにも注目です。
この特別コースは「お申込期間によらないキャンペーン」ですので、特に1〜2ヶ月の短期留学に対する大きな強みとなっています。

  • お申込期間によらないワーホリ特別コースが人気です
  • 国立大学に認められている授業カリキュラムに定評があります
  • ホームステイが3食付きですので、生活費を抑えられます

それからもう一点、キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)のホームステイは3食付ですので、ホームステイ中の生活費を250ドル/月程度に抑えられます。
(ウェリントンでの通常の生活費は昼食代150ドルが加わり、400ドル/月程度となります)

その他、不定期開催ではありますが金曜午後に受講出来るバリスタコースなどもあり、地方都市で短期留学をお考えのワーキングホリデー留学生に根強い人気のある英語学校です。

  • ウェリントから始めるお手軽なワーキングホリデー留学

    やはり「ワーキングホリデー特別コース」と「3食付きのホームステイ」という2点に注目したい学校です。
    落ち着いた雰囲気のウェリントンからワーホリを開始して卒業後は北島1週旅行 ⇒ 南島に移動するプランを立てる方が多いです。

キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)のコース種類
一般コース(フルタイム / パートタイム)

初歩的な文法や生活上よく使う言いまわしを学習します。
初級レベルからビジネス英語などの上級レベルまで、全6レベルで構成されています。コースは日常会話、日常で良く使う言い回しや文法に重点を置き、発音の矯正等にも対応出来る内容となっています。
クラス選別はテスト結果に基づいて随時行われ、学生の英語力にあったクラスを受講出来ます。

  • 授業料 : 後述の自動計算機をご確認下さい
  • 教材費 : 60ドル
ビジネス / TOEICコース(パートタイム) 【8週】

中〜上級者向けコース、通常は一般コースフルタイムに参加しながら午前は通常の授業、午後にTOEIC対策を学びます。全8週間。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況についてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 60ドル(一般コースからの編入であれば無料です)

2017年度開講予定 :
01月18日、04月13日、06月11日、10月03日

IELTS試験準備コース(中級〜) 【2週〜】

中〜上級者向けコース、英語の国際検定試験であるIELTSでのハイスコアを目指します。
通常はIELTS中級(英検2級レベル)、上級(英検準1級レベル)、最上級(英検1級レベル)の3レベル編成となり、試験のコツやテクニック、注意点などを学びます。最低受講期間は2週間となっています。

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 60ドル(一般コースからの編入であれば無料です)
Cambridge CAE 試験準備コース(上級) 【12週】

英検1級レベルの上級者向けコース、英語の国際検定試験であるCambridge CAE 試験の合格を目指します。
コースはフルタイム(23時間/週)とパートタイム(18時間/週)の2つがあります。全12週。
(通常コースからの編入の場合は授業料の差額及び教材費の60ドル、試験代金をお支払い頂きます。
また参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況についてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : フルタイム 5100ドル、パートタイム 3840ドル
  • 教材費 : 60ドル
  • (試験代金 : 330ドル程度)

2017年度開講予定 :
02月01日、03月14日、09月05日

バリスタコース(中級〜) 【4週】

コーヒー・マシーンを使った本格的なコーヒーの淹れ方を学びます。
通常コースを4週間以上お申し込みで且つ中級レベル以上の英語力をお持ちの方が対象となり、金曜の午後3時間@4週間、全12時間となっています。
最小携行人数(4名)、最大携行人数がありますので、詳細は事前に弊社までお問い合わせ下さい。
(通常は2ヶ月に1回程度の開講となっています)

  • コース参加費用 : 495ドル
  • 2017年度キャンペーン : 50ドル引き
キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)の割引キャンペーン
ワーキングホリデー特別プラン
ワーキングホリデーの修学に関して、入学金及びケンブリッジ試験対策コース以外の授業料に大きな割引があります。
(入学金が80ドルに減額、フルタイム授業料が一律335ドル/週になります)
無料レッスン付帯キャンペーン

ワーキングホリデー以外の修学に関して、お申し込み就学期間によって以下の無料レッスンが付与されます。

  • フルタイム10〜19週のお申し込み : 1週の無料レッスン
  • フルタイム20〜29週のお申し込み : 2週の無料レッスン
  • フルタイム30〜39週のお申し込み : 3週の無料レッスン
  • フルタイム40〜49週のお申し込み : 4週の無料レッスン
バリスタコース、割引キャンペーン
2017年度は通常495ドルのバリスタコースの授業料に50ドルの特別割引があります。

参考例として12週のお申し込みであれば1週の無料レッスンが付きますので全体で13週の就学、お支払いは「405ドル@12週 = 4860ドル」となります。

2017年度 - キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)のコース費用

2017年度 留学費用計算
英語学校費用
入学金
テキスト代
60ドル
授業料 / フルタイム 23h
授業料 / 午前のみ 15h
授業料 / 午後のみ 8h
授業料 / ワーホリ特別
授業料 / その他
ホームステイ設定費用
215ドル
ホームステイ代金
NZ到着日の空港送迎
学校費用合計
ニュージーランド滞在中の生活費
ステイ中の生活費
フラット中の生活費
アルバイト予定
滞在中の生活費合計
学校費用、生活費の合計
留学費用総計
留学費用総計 (日本円換算)
  • 留学費用 (1ドル=95円)  
  • 留学費用 (1ドル=90円)  
  • 留学費用 (1ドル=85円)  
  • 留学費用 (1ドル=80円)  
  • 留学費用 (1ドル=75円)  
  • 留学費用 (1ドル=70円)  
キャンセル規定
4週間と6日間以下の就学
通学開始日から2営業日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払総額の50%の返金があります。
ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
5〜13週間未満の就学
通学開始日から5営業日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払総額の75%の返金があります。
ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
13週間以上の就学
通学開始日から10日営業日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払総額の75%の返金があります。
ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用及び既に使用した分の学費とホームステイ代金は返金されません。
ホームステイ代金
学校に書面にて返金要請をしたのち、要請日の1週間後から数えて最初の月曜日以降のホームステイ代金が返金されます。
注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実