2018年度 - キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)

キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)はウェリントンにある英語学校で、オークランド以外でありながら100人を超える規模が大きな魅力です。
またヨーロッパ系の学生が比較的多く、国籍比率が安定している点もアドバンテージとなっています。

  • 国立ヴィクトリア大学にも認められている高い教育水準
  • ワーキングホリデー特別プランが人気です
  • 安定している国籍比率
  • 金曜午後の3時間@4週のバリスタコースが人気です(年5回の開講)
  • コンボ・コースという枠組みがあります
しっかりとした教育水準

キャンベル・インスティチュートは国立ヴィクトリア大学指定の入学準備コースを持っている、ウェリントンを代表する英語学校です。また同時に世界展開している ACG Education という総合教育グループの一員でもあり、これを通じた各種大学への進学ルートを持っています。
つまりキャンベルは大学や専門学校から認められた、教育水準の高い学校という事になります。

お手軽なワーキングホリデー特別プラン

オークランド以外の地域ではどうしても高めになってしまう授業料ですが、ワーキングホリデー特別プランはお手軽な設定になっています。

バランスのとれた国籍比率

2017年度の平均は日本20%、中国14%、ドイツ12%、タイ8%、韓国7%、台湾5%、フランス5%、スイス4%、ブラジル3%、チリ3%、コロンビア2%、サウジアラビア2%、ベトナム2%、スペイン2%、その他11%といった状況でした。
ちなみに10月から01月まではヨーロッパ系の学生が増える傾向にあり、日本人割合は通年で15~20%で安定した推移をしています。

バリスタコースが人気です

年5回の不定期開講ではありますが、金曜午後に3時間@4週、計12時間のバリスタコースを開講しています。
参加には中級以上の英語力が必要で(intermediate +)、キャンベルの学生のみが参加出来るコースです。授業では実際のコーヒーマシーンを使ってコーヒー作りの基礎を学びます。

コンボ・コース対象校です

「ウェリントンのキャンベル」、「オークランドのワールドワイド」、「クイーンズタウンのランゲージ・スクール・ニュージーランド」の3校による取り決めにより、この3校間を自由に転校出来ます。

  • コンボ・コース専用の入学金300ドルとホームステイ手配料金250ドルは1度しか掛かりません
  • いずれの学校にも最低2週間は通う必要があります
  • 4~11週の【通常】、12週以上の【スーパー】の2種類があり、条件が変わります
  • スーパーであれば最高で3回まで、学校間の移動費用を学校が負担します
  • コンボコースの授業料は360ドル/週で固定です

上記の通りワーホリであれば特別プランより割高になってしまうのですが、学生ビザや観光ビザでの就学で且つ、オークランドやクイーンズタウンでも学ばれたい場合は、選択肢に成り得ます。

移動は飛行機かバスになります

コンボコースの都市間の移動は飛行機、もしくはバスになります。
ですから例えばクイーンズタウンからオークランドまでの1500kmも、バス移動になる可能性があります。

予定変更には注意が必要です

コンボコースには専用のキャンセル規定があります。
具体的にホームステイの最初の4週間はキャンセル不可であり、また予定変更による都市間移動費の損失は全て学生負担となります。
その他、選択した学校に2週間以上通われない場合はその分の学費の徴収がありますし、急な予定変更には通常のキャンセル規定が適用された上で300ドルの予定変更手数料が掛かります。

キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)の基礎データ

学校名
キャンベル・インスティチュート
(The Campbell Institute)

学校住所
Level 4, West Wing, Wellington Railway Station, 2 Bunny Street, Wellington, New Zealand

電話番号
+64-4-803-3434

学生数 / 日本人割合
100~150人程度 / 15~20%

クラス人数
最大16人 / 平均11人

日本人カウンセラー
流暢な日本語を話せるスタッフが常勤

パソコン、ネット接続
PC9台以上 / 無料WiFiあり

取り扱い学生保険
ユニケア(Unicare)社
(証書の受け渡しは現地到着以降になります)

学費のクレジットカード払い
visa、Masterでのお支払いが可能です(事務手数料 2.05%)

特殊コース編入テストの受験
日本からオンラインテストを受験する事で、仮予約が可能です。
ただし現地到着後に本試験があり、それに合格した所で本決定となります。

お申し込みに際して

保険について
キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)には就学中の保険についての厳正な内部規定があり、ニュージーランドの学生保険と日本のAIG(旧AIU保険)の特定プラン以外の保険につきましては事前確認が必要となります。

もしもニュージーランドの学生保険以外をお考えの場合は規定の事前確認が必要となりますので、保険のご契約前に弊社までご相談下さい(事前確認のご依頼はご出発の3ヶ月前までにお願い致します)。

またキャンベルでは保険の証書の受け渡しが、ニュージーランド到着後になります
もしも日本ご出発前に保険の証書をお持ちになりたい場合は、ご自身で学生保険に加入する必要があります。
この点、弊社までお気軽にご相談下さい。

政府の特別徴収額ついて
現在、ニュージーランド政府は留学生の授業料とその関係費用に対して、特別徴収を設定しています(ニュージーランド教育省公式サイト : International student levy)。
この特別徴収は計算書に記載され、学生の負担となります。
(後述の計算機にて、概算を算出しています)

コンボ・コースについて
学校をお申し込みする前に、ご利用の旨を弊社スタッフまでお申し出下さい。
通常のお申し込み ⇒ 学費の送金後は、コンボ・コースへの変更は出来ません。

事前のオンライン・テストがあります
お申込み後に英語力確認の為のオンライン・テストがあります。
その上でニュージーランド到着後に面接試験 ⇒ 適正なクラスの決定となります。

2018年度 キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)のコース詳細
学校費用
  • コース関連費用
入学金 150ドル(2~7週)
300ドル(8週以上)
300ドル(コンボ・コース)
教材費 95ドル
  • 宿泊施設関係
ホームステイ設定費 300ドル
250ドル(コンボ・コース)
ホームステイ代金 280ドル/週
ホームステイの変更 100ドル/回
空港お迎え 110ドル(ウェリントン空港から)
一般コース フルタイム
金曜午後は無料の会話クラス、月曜から木曜の放課後は自習 or 10分程度の個別指導を受けられます。
  • レベル : 初級~上級
  • 入学日 : 毎週月曜
  • 一般英語
  • 09:30~15:30(金曜は午前のみ)
  • 授業料 【通常
2~13週間 420ドル/週
14~24週間 405ドル/週
25~40週間 390ドル/週
41週間以上 370ドル/週
パートタイム 330ドル/週(午前)
240ドル/週(午前)
  • 授業料 【ワーキングホリデー特別
フルタイム 350ドル/週
パートタイム 290ドル/週(午前)
225ドル/週(午前)
英語検定試験準備コース(中級~)
中~上級者向けコース。
午前中はIELTSやケンブリッジCAEなどの国際英語検定試験対策、午後は一般英語コースで学びます。
金曜午後は無料の会話クラス、月曜から木曜の放課後は自習 or 10分程度の個別指導を受けられます。
  • レベル : 中級~
  • 入学日 : 毎週月曜
  • IELTS、ケンブリッジ CAE対策
  • 09:30~15:30(金曜は午前のみ)
  • 編入試験 : あり
  • 授業料
一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
ビジネス英語コース(中級~) 【6週】
中~上級者向けコース。
午前中はIELTSや一般英語コースに参加し、午後にビジネス・スキルを学びます。
金曜午後は無料の会話クラス、月曜から木曜の放課後は自習 or 10分程度の個別指導を受けられます。
  • レベル : 中級~
  • 2018年度開講予定
    05月14日、08月06日、10月26日
  • 09:30~15:30(金曜は午前のみ)
  • 編入試験 : あり
  • 授業料
一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
バリスタ・コース 【4週】
コーヒー・マシーンを使った本格的なコーヒーの淹れ方、カフェ業務の基礎を学びます。
金曜の13:30~16:30までの3時間@4週間、合計で12時間のコースとなり、放課後に毎回1時間程度の自習時間も設けられています。
  • レベル : 中級~
  • 2018年度開講予定
    02月23日、05月04日、06月22日、08月17日、10月12日
  • コース期間 : 4週(12時間)
  • 13:30~16:30(金曜のみ)
  • 編入試験 : あり
  • 授業料
495ドル
授業料の具体例

例えば「ワーホリ特別に3ヶ月」のお申し込みであれば、入学金300ドル、テキスト代95ドル、授業料が350ドル@12週=4200ドル、合計は4595ドルです。

ここに例えば8週のホームステイ(280ドル@8週=2240ドル、設定費用300ドル)とウェリントン空港からのお迎え(110ドル)をつけますと7245ドル、更に政府徴収金が18.9ドルで合計は7263.9ドルとなります。
これを1NZドル=80円で計算しますと58.1万円になります。
(これが日本から学校に海外送金する、学校費用となります)

それ以外に現地での交通費やランチ代、通信費や交友費など、ステイ中の生活費が400@2ヶ月=800ドル掛かります。
また4週のフラット生活で1200ドルの出費となります。

以上より12週の就学、8週のホームステイ、4週のフラット生活ですと総計は9263.9ドル、1NZドル=80円で計算しますと74.1万円というお見積りになります。 (通信費、交通費、食費、お小遣いなど、全ての生活費込みです)

その他の特殊コース

キャンベル・インスティチュートには CELTA(The Cambridge Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages、4~5週)や Demi Au Pair(住み込みのオーペアをしながらのパートタイム就学、最低でも12週間)など、実務的な英語力や職歴を持つ方の為の特殊コースがあります。

具体的にCELTAであれば最低でもIELTS 7.5pt、Demi Au Pair であれば6.0pt程度の英語力と幼児教育業界での経験や警察証明、教育機関からの推薦状などが必要になります。

これらのコースにご興味がある場合、お気軽に弊社までご連絡下さい。

2018年度 NZLC オークランド校の割引キャンペーン
  • 長期割引
フルタイム10~19週のお申し込み
1週間の無料レッスンが付きます
フルタイム20~29週のお申し込み
2週間の無料レッスンが付きます
フルタイム30~39週のお申し込み
3週間の無料レッスンが付きます
フルタイム40週以上のお申し込み
4週間の無料レッスンが付きます

参考例として11週のお申し込みであれば1週の無料レッスンが付いて全体で12週のご就学、授業料は「420ドル@11週 = 4620ドル」となります。

キャンペーンの注意点

長期割引は一般コース、英語検定試験準備コース、ビジネス英語コースに適用となり、ワーキングホリデー特別コースは対象外となっています。

また長期割引きは一括でのお支払いが必要になりますので、例えば8週のお申し込み ⇒ 現地で8週の延長という場合は、長期割引の対象外となる点、ご注意下さい。

2018年度 キャンベル・インスティチュート(The Campbell Institute)留学費用計算
英語学校費用
入学金
テキスト代 95ドル
授業料 / フルタイム
授業料 / 午前のみ
授業料 / 午後のみ
ワーホリ特別
バリスタコース
ホームステイ設定費用 300ドル
ホームステイ代金
NZ到着日の空港送迎
英語学校費用合計
政府徴収金
学校費用総計
ニュージーランド滞在中の生活費
ステイ中の生活費
フラット中の生活費
アルバイトのご予定
滞在中の生活費
学校費用 + 滞在中の生活費
留学費用総計
留学費用総計 (日本円換算)
  • 留学費用 (1ドル=95円)  
  • 留学費用 (1ドル=90円)  
  • 留学費用 (1ドル=85円)  
  • 留学費用 (1ドル=80円)  
  • 留学費用 (1ドル=75円)  
  • 留学費用 (1ドル=70円)  
キャンセル規定
4週間と6日間以下の就学
通学開始日から2日以内に書面にて返金要請をしたのち、未使用分授業料の75%の返金があります。
ただし入学金、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
5~13週間未満(3ヶ月)の就学
通学開始日から5日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払授業料の75%の返金があります。
ただし入学金、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
13週間以上(3ヶ月)の就学
通学開始日から10日営業日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払授業料の75%の返金があります。
ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用及び既に使用した分の学費とホームステイ代金は返金されません。
ホームステイ代金
学校に書面にて返金要請をしたのち、要請日の2週間後から数えて最初の月曜日以降のホームステイ代金が返金されます。
お勧めの英語学校リスト
みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!
トップページ