2017年度 - クラウン インスティチュート オブ スタディーズ(Crown Institute of Studies)

クイック・チェック
割安感
学生数
クラス数、レベル
日本人割合
無料アクティビティ
ホームステイ
クラウンの特徴
  • 大学 / 専門コース併設校
  • 特に旅行学科が充実しています
  • 短期集中のXクラスが人気です
  • 入学金が無料です
  • クレジットカード払いOK
クラウンの学校データ

学校名
Crown Institute of Studies
(クラウン インスティチュート オブ スタディーズ)

学校住所
80 Anzac Avenue, City, Auckland, New Zealand

電話番号
+64-9-357-3191

学生数 / 日本人割合
80?120人程度 / 20?30%

クラス人数
最大18人 / 平均12人

日本人カウンセラー
常駐

パソコン、ネット接続
PC40台以上 / 無料WiFiあり

取り扱い学生保険
ユニケア(Unicare)社

学費のクレジットカード払い
visa、Masterでのお支払いが可能です(事務手数料はありません)

特殊コース編入テストの受検
日本からは受けられません

クラウン インスティチュート オブ スタディーズ(Crown Institute of Studies)は大学進学、専門コースへの進学をお考えの方にお勧めの英語学校です。
ビジネス系、ホスピタル系の専門学校を併設していますので、そのまま内部進学で専門コースに進学出来ます。

また初級?中級レベルの短期集中コース、「Xクラス」が大きな特徴です。
具体的には編入試験で同じ英語力の学生を選抜し、そこから6週は新規の学生を入れずに厳しく英語に取り組みます。
通常コースに比べて宿題の量が2?3倍となり、特にライティング・スキルを上げ易い環境になっています。

その他、一般英語の午後は選択制になっている点もポイントです。
通常の「一般英語」以外に「会話」、「アクティビティ(参加費用として80ドル程度の実費が必要です)」、「マルチメディア(LL教材を使った学習)」、「発音」、「ライティング・スキル」、「就職準備」などを開講しています。

  • 専門コース併設校、無理なく内部進学を目指せます
  • 初?中級に焦点を当てた6週の集中コースが人気です
  • 一般コースの午後は選択レッスン、弱点を克服しやすい環境です

クラウン インスティチュート オブ スタディーズ(Crown Institute of Studies)はエスカレーター式に上位コースを目指す学生が集まる学校です。
ツアー・コンダクターやフライトアテンダントとして就職を目指す方、旅行業務資格(IATA)の取得、ビジネスや会計業務、ホテル・サービスやバーテンダーなどの国家資格 / 正式な学士号 / 正式な準学士号を目指す方にお勧めです。

Xクラスの開講がキーになります

初級から一気に上位レベルを目指せる6週の短期集中コース(Xクラス)がとても有名な学校です。
ただし事前に開講の有無を把握出来ませんので基本としては午後の選択授業をメインにした留学プランを作り、英語力の合うXクラスが開講される際には積極的に参加する流れで考える必要があります。

旅行関係の専門コースに強い学校です

現状で中級上位以上の英語力をお持ちの方が旅行関係の専門コースを目指すパターンが多いです。
専門コースは3ヶ月の短期から1年半の長期までとバラエティに富んでいて、卒業後に現地企業に就職する方も少なくありません。

クラウン インスティチュート(Crown Institute of Studies)のコース種類
一般コース(フルタイム / パートタイム)

初歩的な文法や生活上よく使う言いまわしを学習します。
初級レベルからビジネス英語などの上級レベルまで、全7レベルで構成されています。
コースは午前中が一般、午後は選択制で「一般」、「会話」、「アクティビティ(参加費用として80ドル程度の実費が必要です)」、「マルチメディア(LL教材を使った学習)」、「発音」、「ライティング・スキル」、「就職準備」から選べます。
(参加希望の学生数によっては開講されない選択コースもあります)

  • 授業料 : 後述の自動計算機をご確認下さい
  • 教材費 : コース初日に50ドルの保証金を預け、卒業時にテキストブックと引き換えに返還されます。
Xクラス

初級?中級レベルを対象とした6週間のパッケージ・コースです。
編入試験で同じ英語力のクラスメートを選抜し、そこから6週は新しい学生は入れずに同じメンバーで集中的に英語に取り組みます。
全3レベル、クラス最大人数は12人となります。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 120ドル
2017年度開講予定 :
01月05日、02月15日、03月29日、05月09日、06月20日、08月01日、09月12日、10月25日
大学進学準備(EU)コース(中級?) 【12週】

大学や専門学校への進学を目指すコースです。
レベルはEU1(初級)、EU2(準中級)、EU3(中級)、EU4(中級上位)の4段階があります。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 240ドル
2017年度開講予定 :
01月05日、03月29日、06月20日、09月12日
Pre-Cambridgeコース(中級?) 【6週@2期】

Cambridgeコース編入の為の事前コースです。
6週の前期と後期に分かれ、通常は12週の修学でCambridgeコースに移行します。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 120ドル/1期

2017年度開講予定 : 前期
01月05日、03月29日、06月20日、09月12日

2017年度開講予定 : 後期
02月15日、05月09日、08月01日、10月25日

Cambridge試験準備コース(中級上位?) 【9 or 10 or 12週】

中?上級者向けコース、英語の国際検定試験であるCambridge試験の合格を目指します。
コース参加者の95%以上が合格するようにカリキュラムが組まれていますので、編入試験は厳しいものになっています。
FCE、CAE、CPEの3レベルが用意されています。通常は12週、年始開始コースのみCPEが9週、FCEとCAEが10週となっています。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースのフルタイムと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 + 試験代金 : 570ドル(9週) / 590ドル(10週) / 630ドル(12週)
2017年度開講予定 :
01月05日、03月14日、09月05日
IELTS準備コース(中級?)【6週】

中?上級者向けコース、英語の国際検定試験であるIELTSでのハイスコアを目指します。
レベルはIELTS初級(英検準2級レベル)、中級(英検2級レベル)、上級(英検準1級レベル)、最上級(英検1級レベル)の4レベル編成となり、試験のコツやテクニック、注意点などを学びます。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。

  • 授業料 : 一般コースと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 90ドル
  • (試験代金 : 別途必要です、385ドル程度)
2017年度開講予定 :
01月05日、02月15日、03月29日、05月09日、06月20日、08月01日、09月12日、10月25日
TOEIC準備コース(中級?)【6週】

中?上級者の為の6週・午後のコース、TOEICでの出題傾向に合わせたハイスコアを狙う為のテクニックを学びます。一般フルタイムの午後パートで参加可能です。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 一般コースと同じです(一般コースから無料で移行可能です)
  • 教材費 : 60ドル
  • (試験代金 : 別途必要です、300ドル程度)
2017年度開講予定 :
01月05日、02月15日、03月29日、05月09日、06月20日、08月01日、09月12日、10月25日
TESOLコース(中級?)【4週】

中?上級者向け、英語を母国語としない方の為の英語講師養成コースです。
英語教授法、模擬授業などを織り交ぜて英会話講師になる為のスキルを学び、Cambridge TKTの資格習得を目指します。
大抵はコース開始2週前に編入テストがありますので、それまでにオークランドに到着している必要があります。
(参加希望の学生数によっては開講されない場合があります。開講状況につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい)

  • 授業料 : 1980ドル
  • 教材費 + 試験代金 : 320ドル
2017年度開講予定 :
03月07日、06月13日、08月22日、11月07日
専門コース

インターンシップやボランティア・ワークを含む各種専門コースが充実しています。
ビジネス、ホスピタリティ、旅行業界の3学科があり、14週の初級コースから72週の準学士取得コースまで用意されています。
専門コースの詳細は2017年度 クラウン料金表から確認が可能です。疑問点はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

クラウン インスティチュート(Crown Institute of Studies)の割引キャンペーン
入学金無料
通常200ドルの入学金が無料です
その他の注意点
年末年始のホームステイ特別料金
2017年12月19日から2017年01月02日までのホームステイ代金は135ドル/週の追加料金が発生します。

2017年度 - クラウン インスティチュート オブ スタディーズ(Crown Institute of Studies)のコース費用

2017年度 留学費用計算
英語学校費用
入学金
0ドル
テキスト代
一般コースは実質無料です
授業料 / フルタイム
授業料 / 午前のみ
授業料 / その他
ホームステイ設定費用
200ドル
ホームステイ代金
年末年始のホームステイ
NZ到着日の空港送迎
学校費用合計
ニュージーランド滞在中の生活費
ステイ中の生活費
フラット中の生活費
アルバイト予定
滞在中の生活費合計
学校費用、生活費の合計
留学費用総計
留学費用総計 (日本円換算)
  • 留学費用 (1ドル=95円)  
  • 留学費用 (1ドル=90円)  
  • 留学費用 (1ドル=85円)  
  • 留学費用 (1ドル=80円)  
  • 留学費用 (1ドル=75円)  
  • 留学費用 (1ドル=70円)  
キャンセル規定
ニュージーランド到着前
書面にて返金要請をしたのち、お支払総額の90%の返金があります(ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用などの必要経費は返金されません)。
ニュージーランド到着後10日営業日以内
書面にて返金要請をしたのち、お支払総額の90%の返金があります(ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用などの必要経費は返金されません)。
ただしクラウンの学生ビザ保持者への返金は75%となります(ただし入学金、空港送迎費用、ホームステイ設定費用などの必要経費は返金されません)。
ホームステイ代金
学校に書面にて返金要請をしたのち、要請日の2週間後から数えて最初の月曜日以降のホームステイ代金が返金されます。