2018年度 - ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)

ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)は南島の北端近く、ネルソン中心部にある英語学校です。

そしてその特徴は地域の自然系アクティビティを楽しめる環境にある点、フルタイム5週以上のお申し込みに230ドル相当の観光アクティビティ・バウチャー(お得なクーポン集)が付いてくる点、更にオークランド( or クライストチャーチ)からネルソンまでの航空チケットもプレゼントされる点などになっています。

またそれ以外の特徴としてとても楽しく、アットホームな雰囲気という点、また例年09月末から03月下旬までは学生数が100名を越え、且つ、ヨーロッパ系の学生が半数になる点なども挙げられます。

  • 南島北端の街、ネルソンの学校です
  • 校長も講師もスタッフも気さくで明るく、とてもアットホームな雰囲気です
  • 自然系の有料アクティビティを楽しみながら英語を学べます
  • 地方都市にありながら、例年09月下旬から03月下旬までは学生数が100名を越えます
  • またこの時期は半数までがヨーロッパ系の学生になりますので、上位レベルのクラスが充実します
  • 5週以上のお申し込みにNZ国内航空券及び、お得なアクティビティ・クーポンが付いてきます
自然系アクティビティに強い地域です

ネルソンは南島北端の街、日帰りで行ける距離にネルソン・レイクス国立公園、エイベル・タスマン国立公園、ゴールデンベイなどの有名な観光スポットがあります。
その中でも特にエイベル・タスマンは野生のアシカ、オットセイ、イルカ、ペンギンなどと出会える自然公園という事で、日本でも人気が出始めています。

平日はしっかりと勉強をして、週末は230ドルの観光アクティビティ・バウチャーを使ってニュージーランドの大自然を楽しむというのが、ネルソン・イングリッシュ・センター流です。

校長以下スタッフが明るく、とてもアットホームな雰囲気です

ネルソンは日照時間が長い事で知られている街で、ニュージーランド国内では Sunny Nelson と呼ばれています。
そのせいなのか校長の James がとにかく明るく、とても気さくでアットホームな雰囲気の学校になっています。

ちなみに上記は学校の公式インスタグラムで、15secondenglish と題された、ちょっとした英語の勉強動画集のページです。
動画では例えば Take off の3つの意味(急に有名になる、服などを脱ぐ、離陸する)を、馬鹿馬鹿しく 楽しく・分かり易く・15秒程度で紹介しています。
百聞は一見に如かず、こちらにネルソン・イングリッシュ・センターらしさがよく出ています(笑)

自身の長所と短所を正確に把握したキャンペーン

ネルソン・イングリッシュ・センターの長所は【自然系の観光スポットが多い】点、そして短所は【国際空港まで遠い】という点です。

それを踏まえて学校は前述の通り、フルタイム5週以上( or パートタイム8週以上でも可です)のお申し込みに230ドル相当の観光アクティビティ・バウチャーをつけ、更にオークランド( or クライストチャーチ)からネルソンまでの航空チケットをもれなくプレゼントしています。さすが James、出来る男です!

通常のアクティビティにも定評があります

ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)のアクティビティは週末の自然系だけではありません。放課後もほぼ毎日、何かしらのアクティビティを開催しています

具体的にはボードゲーム大会、卓球、映画鑑賞、ビーチバレー、ウクレレ教室、バーベキューなどとなっており、更に3ヶ月に1回程度、不定期で学校近くのパブでパーティーを開くなどで学生同士の交流を深めています。

年末年始が特におすすめです

通常は総学生数50~70名程度で日本人割合は20%程度なのですが、例年09月末頃にスイスから40~50名程度の留学生が訪れ、「総学生数100名程度、日本人割合10%程度、ヨーロッパ系50%程度」といった状況になります。

基本的にオークランド以外で100名を超える学校は珍しく、また英語力の高いヨーロッパ系の学生が半数になるのもレアですので、「この時期に上位である英検2級レベルに上がっているよう、07月から長期の留学をする」や、「その時期に日本人以外の友だちを沢山作り、会話力を一気に伸ばす」といったプランを立てるのも良いアイデアです。

ちなみにニュージーランドは10月から02月までが春夏ですので、観光するにも良い時期となっています。

04月~08月 学生数平均 51名
日本 22%
韓国 24%
台湾 14%
独系スイス 12%
サウジアラビア 8%
ドイツ 6%
タイ 4%
フランス 4%
中国 2%
その他 4%(ブラジル、イタリア等)
09月~翌03月 学生数平均 128名
日本 9%
独系スイス 40%
韓国 9%
仏系スイス 8%
サウジアラビア 6%
台湾 5%
タイ 5%
フランス 4%
ドイツ 4%
その他 10%(スペイン、ブラジル、中国等)
ホームステイもお勧めです

校風、アクティビティの充実、素晴らしいクーポンだけでなく、ホームステイのレベルも高いです
具体的に全体の6~7割程度までは徒歩圏内のホームステイですし、残りのバス通学もドア・トゥ・ドアで20~30分程度です。

・・・という事で弊社の2018年後半の一推し校です
また2019年には日本でも話題になるだろう学校です。個人的には本格的にブレイクする前の今が一番良い時期かな、と思っています。

ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)の基礎データ

学校名
ネルソン・イングリッシュ・センター
(Nelson English Centre)

学校住所
41 Selwyn Place, Nelson, New Zealand

電話番号
+64-3-548-2255

学生数 / 日本人割合
50~120人程度 / 10~20%

クラス人数
最大14人 / 平均10人

日本人カウンセラー
フルタイムで常勤

パソコン、ネット接続
PC6台 / 無料WiFiあり

取り扱い学生保険
ユニケア(Unicare)社

学費のクレジットカード払い
出来ません

特殊コース編入テストの受験
可能です。
オンラインテストで席の予約が可能ですので、ご出発の3ヶ月前を目安に弊社までお問い合わせ下さい。

学生数が大きく変動します

ニュージーランドの冬場は総学生数50~70名、日本人割合15~20%程度ですが、年末年始を挟む夏場はヨーロッパ系の学生が50名程度増える傾向があります。

それにより09月下旬から03月下旬にかけては、ヨーロッパ系の学生が半数を占める珍しい学校となっています。
(ただしこれはあくまで【傾向】であり、事前に状況を確約するものではない旨、ご了解下さい)

お申し込みに際して

保険について
ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)には就学中の保険についての厳正な内部規定があり、ニュージーランドの学生保険と日本のAIG(旧AIU保険)の特定プラン以外の保険につきましては事前確認が必要となります。

もしもニュージーランドの学生保険以外をお考えの場合は規定の事前確認が必要となりますので、保険のご契約前に弊社までご相談下さい(事前確認のご依頼はご出発の3ヶ月前までにお願い致します)。

14週と26週の長期キャンペーン
3ヶ月のご就学ならば、後述します14週のキャンペーンがお勧めです
また同様に6ヶ月であれば、26週の長期キャンペーンがお得です。

ちなみにこちらのキャンペーンにも、観光アクティビティ・バウチャーとニュージーランド国内線チケットが付与されます。

バウチャーについて
フルタイム5週以上( or パートタイム8週以上でも可です)のお申し込みに対し、230ドル相当の観光アクティビティ・バウチャーが付与されます。
バウチャーはニュージーランド到着後、自然系アクティビティや観光ツアーの参加費用などとして利用出来ます。

更にオークランド国際空港( or クライストチャーチ国際空港)からネルソン空港までの航空チケットをもれなくプレゼントしています。
具体的には学校お申し込み後、学校がeチケットを購入 ⇒ 弊社経由のメールにてお送りしています。

2018年度 ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)のコース詳細
学校費用
  • コース関連費用
入学金 220ドル
教材費 無料
  • 宿泊施設関係
ホームステイ設定費 220ドル
ホームステイ代金 270ドル/週
(日割り1泊は38.5ドル)
ホームステイ代金
クリスマス期間
70ドル/日
(2018年12月24日~2019年01月02日までの9泊)
空港お迎え 35ドル(ネルソン空港から)
一般コース フルタイム
  • レベル : 初級~上級
  • 入学日 : 毎週月曜
  • 一般英語 / IELTS
  • 09:00~15:15(金曜は午前のみ)
  • 授業料
1~12週間 440ドル/週
13週間以上 430ドル/週
  • 長期パック料金
14週間パック 5320ドル (入学金込み)
26週間パック 9620ドル (入学金込み)
Cambridge試験準備コース 【10 or 12週】
中~上級者向けコース、英語の国際検定試験であるCambridge試験の合格を目指します。
通常は12週、年始開始コースのみ10週となっています。
  • レベル : 中級~上級+
  • 試験代金 : 授業料に含まれます
  • 編入試験 : あり、日本からの予約が可能です。締め切りは通常、コース開始の3~4週前です
  • 2018年度開講予定
    01月08日(FCE/CAE、10週)、04月02日(FCE/CAE)、09月10日(FCE/CAE)
  • 授業料
10週 5060ドル
12週 5990ドル
一般コース パートタイム
  • レベル : 初級~上級
  • 入学日 : 毎週月曜
  • 一般英語
  • 09:00~12:15(月~金曜 午前 - 15時間/週)
  • 授業料
1~12週間 320ドル/週
13週間以上 310ドル/週
コースに関する注意点

やはり学生数が安定していないというのが気になる点です。
学生が少ない時期は50名程度になりますので、こちらの就学期間と学校規模にもある通り、04月から09月までの3ヶ月を越える長期留学には注意が必要です

ただし逆にヨーロッパ系の学生が増える10月から03月までは長期留学に向いています。
例えば09月から6ヶ月の留学であれば、英語力が伸びた所で充実した上位クラスに入っていけますので、理想的な留学プランとなります。
(もしくは07月からの長期留学で後半が11月に入るケースなどは、やはり理想的なプランとなります)

また年末年始のホームステイが、特別料金になっている点にもご注意下さい。

クリスマス休暇中、具体的には2018年12月24日~2019年01月02日までの9泊のホームステイ代金が70ドル/日となっています。

クリスマス期間は1週間で70ドル@7日=490ドル、通常のステイ代金が270ドルですので、220ドル/週の追加となります。
またMAXの9泊のご滞在であれば、283ドルの追加となります。

その他、14週と26週に長期割引のパック料金が設定されています
このパック料金には入学金も含まれていますので、大変お得です。

3ヶ月の就学をお考えの場合は14週、6ヶ月ならば26週のパックのご利用をご検討下さい。

2018年度 ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre)の割引キャンペーン
  • 長期割引
14週間パック 5320ドル (入学金込み)
26週間パック 9620ドル (入学金込み)

上記の長期割引には入学金も含まれます。
またこのキャンペーンにも、観光アクティビティ・バウチャーとニュージーランド国内線チケットが付与されます。

  • アクティビティ・クーポン、NZ国内線航空チケットの付与

フルタイム5週以上( or パートタイム8週以上でも可です)のお申し込みに対し、230ドル相当の観光アクティビティ・バウチャーが付与されます。
バウチャーはニュージーランド到着後、自然系アクティビティや観光ツアーの参加費用などとして利用出来ます。

またオークランド国際空港( or クライストチャーチ国際空港)からネルソン空港までの航空チケットをもれなくプレゼントしています。 具体的には学校お申し込み後、学校がeチケットを購入 ⇒ 弊社経由のメールにてお送りしています。

授業料の具体例

例えば3ヶ月のお申し込みであれば14週のパック料金を利用して入学金込み、5320ドルです。

ここに例えば8週のホームステイ(270ドル@8週=2160ドル、設定費用220ドル)と空港お迎え(35ドル)をつけますと7735ドル、これを1NZドル=80円で計算しますと61.9万円になります。
(これが日本から学校に海外送金する、学校費用となります)

それ以外に現地での交通費やランチ代、通信費や交友費など、ステイ中の生活費が300@2ヶ月=600ドル掛かります。
また6週のフラット生活で1800ドルの出費となります。

以上より14週の就学、8週のホームステイ、6週のフラット生活ですと総計は10135ドル、1NZドル=80円で計算しますと81.1万円というお見積りになります。
(通信費、交通費、食費、お小遣いなど、全ての生活費込みです)

2018年度 ネルソン・イングリッシュ・センター(Nelson English Centre) 留学費用計算
英語学校費用
入学金
テキスト代 0ドル
授業料 / フルタイム
授業料 / パック料金
授業料 / ケンブリッジ
授業料 / 午前のみ
ホームステイ設定費用 220ドル
ホームステイ代金
年末年始のホームステイ
NZ到着日の空港送迎
英語学校費用合計
ニュージーランド滞在中の生活費
ステイ中の生活費
フラット中の生活費
アルバイトのご予定
滞在中の生活費
学校費用 + 滞在中の生活費
留学費用総計
留学費用総計 (日本円換算)
  • 留学費用 (1ドル=95円)  
  • 留学費用 (1ドル=90円)  
  • 留学費用 (1ドル=85円)  
  • 留学費用 (1ドル=80円)  
  • 留学費用 (1ドル=75円)  
  • 留学費用 (1ドル=70円)  
キャンセル規定
4週間と6日間以下の就学
通学開始日から2日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払授業料の50%の返金があります。
ただし入学金、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
5~14週間未満(3ヶ月)の就学
通学開始日から5日以内に書面にて返金要請をしたのち、お支払授業料の75%の返金があります。
ただし入学金、ホームステイ設定費用及び既に使用した分のホームステイ代金は返金されません。
14週間以上(3ヶ月)の就学
通学開始日から10日営業日以内に書面にて返金要請をした場合は、お支払授業料の75%の返金があります。
ただし入学金、ホームステイ設定費用及び既に使用した分の学費とホームステイ代金は返金されません。
ホームステイ代金
学校に書面にて返金要請をしたのち、要請日の1週間後から数えて最初の月曜日以降のホームステイ代金が返金されます。
お勧めの英語学校リスト
みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!
トップページ