クレジットカードの作成

チェックポイント ニュージーランド国内で強いクレジットカードは VISA(ビザ)とMastercard(マスターカード)の2つですが、基本的には為替レートが有利なMastercardをお選び下さい。また紛失や盗難に備えて、カードは2枚以上ご用意下さい。
ちなみにクレジットカードをお持ちにならないのであれば、キャッシュパスポートを作ります。現地で使うご予定が無くても、万が一の際に役立ちます。
お勧めのクレジットカード
楽天カード画像
  • ポイントを貯め易い
  • 年会費永年無料
  • 楽天ポイント付与
  • ( Edyに交換可 )
カード作成の注意点 
イオンカード画像
  • 帰国後も利用価値高し
  • 年会費永年無料
  • ときめきポイント付与
  • ( WAONに交換可 )
カード作成の注意点 
キャッシュパスポート画像
  • 入会審査無し
  • 年会費初年度無料
  • 正副二枚のカード発行
  • 滞在中の安全性を確保
カード作成の注意点 
ニュージーランドで使えるクレジットカード
ニュージーランドで使えるクレジットカード

ニュージーランド国内で強いクレジットカードは VISAとMastercardです
この2つであればスーパーやコンビニ、ガソリンスタンドや公共施設、またカフェやレストランまで、大抵のお店で使えます。

逆にダイナース、AMEX、JCB は使えない所が多いので、日本のご実家などに置いておいても良いかと思います。

クレジットカードの選び方
ブランドはどこがベスト?

ニュージーランドへのご渡航であればVISAとMastercardの二択ですが、基準為替レートが有利なMastercardを作っておきます

「え?ブランドによって為替レートって変わるの? ( ゚З゚)」

変わるんです。
時期にもよりますが月平均を取りますと、Visaに比べてMastercardの方が1ドルあたり0.2~0.5円有利です。

わずか数十銭の違いですが学費と現地の生活費の全てに適用される為替レートですので、ワーホリであれば1万円単位の節約に繋がります。

年会費、ポイントについて

原則、年会費無料のカードを探します。
また使用する度にポイントが貯まるものもありますので、結論としては「年会費無料」の「使い易いポイント特典付きカード」で考えます。

キャッシング枠の最大化

海外滞在中はショッピングだけではなく、現地ATMでのキャッシングを多用します。
クレジットカードによっては上限が5万円程度になっている事がありますので、キャッシング枠は出来るだけ大きく取っておきます。目安としては最低で10万円、平均ならば30万円、出来れば50万円は欲しい所です。

作成のタイミング

航空チケットの購入で大きなポイントを獲得出来ますので、余裕を持って出発の4ヶ月前までには作っておきます

ちなみに離職後は審査に通りづらくなりますので、必ず離職前に作っておきます。
また申請からカード発行までは通常、1~3週間程度です。

お勧めカードの特徴と注意点
  • 楽天カード

    Search Result

    年会費は永年無料、ポイントを獲得しやすいクレジットカードです

    100円ごとに1ポイント付与、更にキャンペーンで倍率が加算されます。
    また貯まったポイントは楽天市場で使えますし、Edyにも交換可能です。更に時期にもよりますが、新規お申し込みで最大5000~8000円分のポイントが貰えます。

    また2017年11月01日以降は海外キャッシングは全て1回払い設定となり、過去にあったリボ払いに関するトラブルが無くなりましたので、とても便利です(楽天カード / 海外キャッシングお支払い方法変更のご案内)。

    ただし念の為にショッピング枠について、【楽天カード / リボ枠の変更】を参考にしながら、お支払が1回払いになっている旨をご確認下さい。

    ・・・と、この部分だけ面倒ではありますが(笑)、とてもお得なクレジットカードです。またニュージーランド国内で問題なく使えているのを確認済みです。

  • イオンカード

    Search Result

    年会費は永年無料、帰国後も利用価値の高いクレジットカードです

    200円ごとに1ポイント、イオンでの買物であれば2ポイントが加算されます。
    その他、イオン系列の割引やキャンペーンでも有利に使えますので、持っておいて損は無いカードです。

    また貯まったポイントはWaonに交換可能です。更に時期にもよりますが、新規お申し込みで最大5000~7000円分のポイントが貰えます。

    しかしイオンカードも海外キャッシングは全てリボ払い設定になり、解除が出来ません

    これも一括払いにする為には【イオンカード / リボ払いお支払い額増額サービス】を参考にしながら「リボ払いご利用分」を「全額返済」に変更する必要があります。

    基本としては「帰国後の利用価値が高く、まず邪魔にならないクレジットカード」です。これもニュージーランド国内で使える点、確認済みです。

  • キャッシュパスポート

    Search Result

    これはクレジットカードではありません
    長期の海外滞在に適した、チャージ式のキャッシュカードという認識で間違いありません。

    初年度は年会費無料、その後は150円/月掛かります。
    その他、入金額の1%や引き出し手数料、また為替レートもクレジットカードの4%増しとなっています。

    ・・・が、あらかじめスペアカードを貰えるのが大きなポイントです。

    とりあえず「万が一に備えたヘソクリの5万円」だけチャージするのならクレジットカードとの為替・手数料差は2~3千円、それで大きな安心を買えますので、時間があるのなら作っておきたいカードです。
    結論として万が一の際には大きな効力を発揮する、保険的な意味合いの強いカードです。

    基本的には日本からの資金持ち込みルートを増やす為のカードですので、メインの資金持ち込み手段にはなり得ません。
    (例外として「クレジットカードが無く、ご家族に海外送金を頼めない状況」であれば、メインになります)

    またショッピングには1.63%の手数料が掛かりますので、現地ではATMからの引き下ろしのみで利用します。

    そして一番大きな注意点は「チャージは必ず日本円でする」という部分です。
    ニュージーランド・ドルでのチャージも出来ますが、それですと為替レートが一気に悪くなります。

基本、楽天とイオンの2枚でOKです

海外利用で有利なのはVisaではなく、Mastercardです。
前述の通り為替レート差は割と大きく、中には1円くらい変わる日もあります。

そんなわけで現状でMastercardをお持ちでない場合は新しくカードを作っておきます。基本、楽天とイオンの2枚でOKです。
この2枚はニュージーランド到着後、それぞれお財布とスーツケースで分けて管理します。

またクレジットカードを作れない場合や安全性を重視される方は、キャッシュパスポートを作ります。現地ではやはり、正副二枚のカードを分けて管理します。

改めて、お勧めのクレジットカードです
楽天カード画像
  • ポイントを貯め易い
  • 年会費永年無料
  • 楽天ポイント付与
  • ( Edyに交換可 )
カード作成の注意点 
イオンカード画像
  • 帰国後も利用価値高し
  • 年会費永年無料
  • ときめきポイント付与
  • ( WAONに交換可 )
カード作成の注意点 
キャッシュパスポート画像
  • 入会審査無し
  • 年会費初年度無料
  • 正副二枚のカード発行
  • 滞在中の安全性を確保
カード作成の注意点 
ゆうちょ銀行からの送金