ニュージーランドの学生寮について

基本、フラット(シェアハウス)と同じです
ニュージーランドのフラット(シェアハウス)

英語学校の中には学生寮を持つ学校がありますが、通常は学校近辺の3LDK~5LDKのマンションを学校が借り上げ、各部屋に1人ずつが滞在するパターンになります。
つまり通常のフラット生活と同じ生活スタイルです。その建物に学生が集まっているわけではなく、上の階には一般のご家族が住み、隣の部屋には老夫婦が住んでいるような状況です。

「それは・・・なんかイメージと違うなぁ・・・(´Д` )」

そうなんです。大学となるとまた話は変わってくるのですが、ニュージーランドの英語学校にはハリーポッターやアメリカ映画的な学生寮はありません。

ただし唯一の例外として、オークランド郊外にあるAISという学校の学生寮はもう少し「イメージ」に近いです。

立地も学校の敷地内ですし、ラウンジもありますし、併設している軽食ショップも夕方まで開いています。また滞在費が安く、学生同士で和気藹々と過ごせますので、1年を通して人気があります。

AISの学生寮

・・・が、建物が古く、どちらかと言えば昭和の国民宿舎に近い感じです。アメリカ映画に出てくる学生寮をイメージしてしまうと、ちょっと厳しいかと思います。。
(こちらがAIS公式サイトからの画像です。学習机とシングルベッドというシンプルなつくりです)

またそれ以外ですとコロマンデルにあるCOLCが一軒家を学生寮にしていますし、ウェリントンのキャンベルが学生専用マンションと専属契約をしているなど多少の違いはあるのですが、それでもAIS以外の学生寮は基本、フラット生活パターンとなっています。

結論としましては・・・

学生寮は学校が通年で借り上げ・管理しますので賃貸料が割高ですし、紹介費用も掛かります。更に立地や部屋も選べませんので、お勧めするほどのメリットがありません。

それであれば最初の数週だけホームステイに入り、ご自身でフラットを探した方がベターだと思います。

YMCA、YWCAに長期滞在する

学生寮ではありませんが、YMCAやYWCAのシングルルームに長期滞在するのも一つの手です
オークランドであればシティの中心部にありますので徒歩で学校に通えますし、部屋も綺麗ですし、長期割引もあります。時期や滞在期間にもよりますが、シングルルームに210~350ドル/週程度で滞在出来ます。正直、こちらの方がずっと学生寮的だったりします(笑)

また、まずはこちらに1ヶ月程度滞在 ⇒ 学校近くのフラットに引っ越すというのも良いアイデアです。

ただしこちらは人気が高く、すぐに予約が埋まります。ご出発の3~4ヶ月前にチェックをして空室があるのなら、すぐに動く必要があります。
また実際の部屋の様子や空き室の検索は弊社サイト、「ホテルの予約」をご確認下さい。

フラット生活