ニュージーランドで国際運転免許証を使う

国際運転免許証はニュージーランドでも使えます

国際運転免許証はジュネーヴ交通条約に基き、日本の運転免許証の効力を各国においても有効化する為の書類です。

・・・と難しく書きましたが、簡単に言えば国際運転免許証は【運転免許証の正式な翻訳書】です。協定国内であればオリジナルの運転免許証と国際運転免許証をセットで持つ事で、運転が可能となります。

国際運転免許証は【運転免許証の正式な翻訳書】です

そしてニュージーランドは協定国ですので国際運転免許証と有効な日本の運転免許証の2つががあれば、ニュージーランドの運転免許証を取得しなくても現地で運転可能です。
ニュージーランドで自動車に乗る可能性がある場合、日本で国際運転免許証を作っておくと良いでしょう。

ちなみに国際運転免許証の有効期間は1年間です。

ワーキングホリデーの場合は早く申請し過ぎてしまうとニュージーランドを出国する直前に運転出来なくなってしまいますので、出発の2-3日前に申請するくらいで丁度良いかと思います。

  • 日本国内でしか申請出来ません
  • あくまで【正式な翻訳書類】ですので、現地でも日本の運転免許証が必要です
  • 有効期限は1年間です
都道府県によって、申請手続きが変わります

国際運転免許証はお住まいの地域の警察署、運転免許試験場、もしくは運転免許証交付センターで申請します。申請費用は2500円前後で、大抵は即日発行です。
また通常、必要書類は以下の通りです。

  • 日本の運転免許証原本
  • パスポート原本
  • 写真1枚(5cm×4cm、6か月以内に撮影されたもの)
  • お持ちであればビザや航空チケットなど
  • もしもお持ちであれば、古い国際運転免許証
  • 手数料、2500円程度

ただし申請の詳細は各都道府県によって多少異なりますので、事前に各運転免許証交付センターまでお問い合わせ下さい。

自動車運転免許証抜粋証明について

もしも日本で国際運転免許証を作らなかった場合、大使館もしくは総領事館で発行する「自動車運転免許証抜粋証明」が国際運転免許証の代わりとして認められています。
国際運転免許証との大きな違いは「ニュージーランド国内でのみ有効」、「ニュージーランド到着日から1年有効」という点になります。

ちなみに発行手数料は30ドル前後、交付まで3営業日掛かります。

日本の運転免許証をニュージーランドのライセンスに書き換える

現地で翻訳書類や申請書を提出すれば、ニュージーランドの運転免許証に書き換えられます。

とりあえず日本の運転免許証の有効期限や発行日に関する条件があり、申請から発給まで時間が掛かり、更に費用も掛かりますので(ざっくり、1万円程度です)、半年以上の長期滞在でのみ考え得る選択肢になります。

「ニュージーランド滞在の記念として」、「煙草やアルコールを頻繁に買うのでIDとして」、「長くニュージーランドに滞在する予定なので」といった場合には、以下のページもご確認下さい。

国際学生証