フラット(シェアハウス)について

ニュージーランドでは一般的な生活スタイルです
ニュージーランドでのフラット(シェア)生活

フラット生活(シェアハウス)はマンションや一軒家を3~5人程度の複数で共有する、共同生活のスタイルです。キッチンやバス、トイレは共同で、各々の部屋がプライベート・スペースになります。

また通常、冷蔵庫や食器、掃除機や洗濯機、電話やWiFiやテレビやDVDプレイヤーなどは共用します。
例えば冷蔵庫であれば一番上の棚はAさん、その下の段はBさん、その次の棚はCさんのスペースというように、フラットごとのルールがあります。

ニュージーランドでは学生ビザやワーキングホリデーでの就学中、また学校卒業後の住居としてはフラットが一般的で、インターネットや学校の掲示板などでも常にフラットメイトの募集があります。
ただし「最低でも1ヶ月」というように期間を指定されているケースが多く、1~2週間といった短期間で探すのはとても難しいかと思います。

最初にスマホで撮影しておきます

フラットによっては掃除機や洗濯機、ドライヤーやベッドが無い(!)ケースもありますので、「何があって何が無いのか」、「どこまでが共用なのか」を入居前に確認します。

後々のトラブルを避ける為に、入居時に室内や共用部を撮影しておきましょう。

平均的なフラットの費用について

これは地域や部屋の広さ、WiFiのありなし等によってピンキリなのですが、オークランド市内であれば150~250ドル/週といった所です。

ちなみにオークランドはバス代が高いのでバスを使わないで済むシティ中心部は値段が高く、郊外に行くにつれて徐々に値段が下がる傾向があります(バスの定期は1ヶ月で140~200ドルです)。

電気、水道、電話、WiFiの代金は書面で確認します

フラット費用で最もトラブルになるのは電気、水道、電話、WiFi代金です
それぞれの費用が家賃に含まれるのかどうかを必ず確認し、原則としてはサイン入りの書面やEメールなどで記録に残します。

また同時に保証金(Bond)や滞在期間、支払い方法や退出時のルールについても記録に残しておきましょう。

ホームステイとフラット生活、生活費の違い

生活費の概算は個人差がありますので難しい所ですが、オークランドでフラット生活する際の平均支出は、家賃を含めて250~300ドル/週程度です。
これに対してホームステイ滞在中の支出が300~400ドル/週程度になりますので、フラット生活は毎月2~3万円程度の節約に繋がります。

また生活費はオークランドでも地方都市でもほぼ変わりません。
ファームの住み込みや賄い付きのお仕事をされるのであれば別ですが、原則としては地方都市であっても、大きな生活費減は期待出来ません。

ちなみに以下のスーパーマーケットのサイトでオークランドの食材や生活用品の値段をチェック出来ます。ニュージーランドの物価は日本と同じか、少し高いくらいとなっています(「BROWSE」から各カテゴリーをご確認下さい)。

以上よりフラット中の生活費は1000ドル/月前後で抑えられたら節約上手、平均としては1200~1300ドル程度としておくと間違いがありません。

ホテルの予約