ニュージーランドへの資金の持ち込み方法

結論から先に書きますと・・・

手数料と為替レート、そして万が一の際のリスクまで考慮しますと、ニュージーランドへの資金持ち込みは以下が結論となります。

お持ち込み金額 : 50万円以下の場合

日本円現金 - 2万円

クレジットカード - 0〜48万円

お持ち込み金額 : 50万円以上の場合

日本円現金 - 2万円

クレジットカード - 43万円〜

キャッシュパスポート - 5万円

  • 日本円の2万円はヘソクリです。
    基本としては日本に帰国する際の、空港から自宅までの電車賃として使います。
  • クレジットカード】の金額はクレジットカードの引き落とし口座(現在お使いの日本の銀行の口座です)に入れておきます。
  • 目安としてお持ち込み資金が50万円を超える場合は資金の盗難・紛失リスクに備え、キャッシュパスポートを作ります。

一つ一つの理由は後述致しますが、結論としては「クレジットカードを最大限利用する」、「万が一に備えてキャッシュパスポートを作る」となります。この二つが揃っていれば有利な為替レートで換金が出来、また貴重品の盗難・紛失リスクにも対応しています。

ビザの種類、渡航期間、お持ち込み資金額に関係なく、こちらがニュージーランドへの資金持ち込みの結論となります。

  • クレジットカードをお持ちでない場合

    キャッシュパスポートに10〜20万円をチャージして、残りはゆうちょ銀行からの海外送金を利用します。
    ニュージーランド到着後に現地の銀行口座を開設 ⇒ 日本のご家族からの海外送金が届くまでは、キャッシュパスポートでやりくりします。

    更に日本のご家族のご助力を期待出来ない場合

    海外送金には日本のご家族の協力が必要です。
    もしもクレジットカードをお持ちでなく、ご家族のご助力も期待出来ない場合は、現金2万円を残して全ての渡航資金をキャッシュパスポートにチャージします。

為替レートと、換金後に手に出来るNZドルの目安

Masterカードの基本換算レートが1ドル=91.36円の際の換金額の目安

クレカ(ショッピング)

1077.01ドル

クレカ(キャッシング)

1068.44ドル

キャッシュパスポート

1036.50ドル

ゆうちょ銀行から送金

1026.52ドル
参考として、同条件で現地のANZ銀行にて日本円現金10万円を換金した場合は1027.22ドルとなります。

クレカ(ショッピング)

5385.03ドル

クレカ(キャッシング)

5342.20ドル

キャッシュパスポート

5182.51ドル

ゆうちょ銀行から送金

5303.68ドル
参考として、同条件で現地のANZ銀行にて日本円現金50万円を換金した場合は5136.11ドルとなります。

クレカ(ショッピング)

10770.06ドル

クレカ(キャッシング)

10684.41ドル

キャッシュパスポート

10365.01ドル

ゆうちょ銀行から送金

10650.13ドル
参考として、同条件で現地のANZ銀行にて日本円現金100万円を換金した場合は10272.21ドルとなります。
為替レート、利息、手数料の計算式

MasterCard の基本換算レートが91.36円の場合、為替レートは1.63%の事務処理手数料が乗って92.85円になります。

現地レストランやスーパーマーケット、宿泊施設等での利用に利息はつかず、カード利用手数料も原則としてはありません。
換金額に関わらず、結果としてこれが一番有利な換金・資金の持ち込み方法となります。

計算式
10万円で(100000 / 92.85= 1077.01ドル)の買い物が出来ます。

MasterCard の基本換算レートが91.36円の場合、為替レートはそのまま91.36円になります。
(ショッピング利用ページに、「海外キャッシュサービスについては、海外利用に係る上記コストは含みません。」と記載されています)

ただしATM利用日から引き落とし日まで、年利18%程度の利息が付きます(ATM利用のタイミングにより最短で19日、最長で56日)。

返済までの最短と最長の平均を考えますと30日、下記のシミュレーションから1万円を30日借りて一括で払う場合の利息は148円ですから、

便宜上、基本換算レートに2%を上乗せして93.19円と考えておけば間違いありません。

また大抵のクレジットカードにはATM手数料があり、1万円以下なら108円、1万円を超える場合は216円のATM手数料が掛かります。
通常は5万円程度ずつの引き出しになりますので、10万円の引き出しには2回分で432円のATM手数料が掛かります。

ニュージーランドへの資金の持ち込みを「現地の現金に換える」と限定した場合、これが一番有利になります。

計算式
10万円で(100000-ATM利用手数料216円@2回 / 93.19= 1068.44ドル)の現金を受け取れます。

MasterCard の基本換算レートが91.36円の場合、為替レートは4%の事務処理手数料が乗って95.01円になります。

その他、入金チャージする際に1%の入金手数料が掛かります。

下記サイトの「為替レート:MasterCardの当日標準決済レートまたは政府指定のレートに4%を乗じたレート」、「入金手数料:入金金額の1%」という記載が、その該当箇所になります。

またそれ以外に2.75NZドルのATM手数料が掛かります(2.75@95.01=261円)。
通常は5万円程度ずつの引き出しになりますので、10万円の引き出しには2回分、522円のATM手数料が掛かります。

詳しくは後述致しますがキャッシュパスポートは現金より為替レートが有利で且つ、クレジットカードよりも安全性の高い資金の持ち込み方法となります。

計算式
10万円で(100000-入金手数料1000円-ATM利用手数料261円@2回 / 95.01= 1036.50ドル)の現金を受け取れます。

MasterCard の基本換算レートが91.36円の場合、ゆうちょ銀行の窓口で換金する際の為替レートは93.52円程度となります。
(ゆうちょ銀行は為替レートを公開していませんので、過去の実例から為替レート比を取っています)

そこに海外送金手数料が2500円、更に現地銀行が徴収する受け取り側手数料が10-25ドル掛かります(受け取り銀行によって手数料が変わります。ANZ銀行が10ドル、それ以外は25ドルです)。

以上より便宜上、送金手数料の合計を4000円として計算します。

計算式
10万円で(100000-銀行手数料4000円 / 93.52= 1026.52ドル)の現金を受け取れます。
  • 書籍やサイトごとに、お勧め内容が違っています

    これは単純に情報が古かったり、対象国が違う為に起こってしまっているものと思われます。
    弊社では2016年度のニュージーランドへのご渡航を想定して、各金融機関の情報ソース付きで利息や為替レート、手数料を考慮したご案内をさせて頂いています。

以上を踏まえつつ、次のページではカードの紛失や再発行などのリスク面を考えます。

注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実