ニュージーランド滞在中の保険

必ず加入しなければなりません
保険には必ず加入します

まず第一に、ニュージーランドでは法により留学中の保険加入は必須と 規定されています。
それを受けて登校初日のオリエンテーションでは必ず保険証書を確認されますので、保険未加入の状態での就学は出来ません。

また一般論として、学校卒業後のニュージーランド滞在期間中も保険加入は必須です。急な病気や怪我に備え、必ず加入しておきましょう。

ユニケア(Unicare)など、ニュージーランドの学生保険

ニュージーランドの学生保険の概要

ニュージーランドでは政府機関と移民局による規定を基に、各保険会社が外国人旅行者向けの保険商品を販売しています。またどの保険会社も【学生プラン】と【一般プラン】の2つを用意しています。

通常は学校お申込み時に【学生プラン】に加入 ⇒ 学校を卒業する直前に現地で【一般プラン】に加入します。
ただし英語学校によっては、学生ビザ保持者以外は全て一般プランに加入としているケースもあります。

卒業前に一般プランに加入しましょう

ちなみに現在、弊社をご利用の留学生のほぼ全てがニュージーランドの保険を利用されています
本ページでは日本の保険に比べてどこにメリットがあり、何がデメリットになるのかをまとめましたので、ご確認下さい。

ニュージーランドの学生保険のメリットとデメリット
「政府規定による商品設計」という安心感があります

ニュージーランドの国立大学への国費留学生や交換留学生にも適用される、厳格な規定を元に設計されている保険商品です。
どこに幾らの補償をつけるかを自己責任で決める日本の保険と違い、「学校が提供する保険に入っていれば、最低でも政府の規定はクリアーしている」という安心感がありますので、保険について良く分からない方や留学初心者にもおすすめです。

掛け金がお手頃です

学生ビザ保持者は1年で500〜600ドル程度、ワーキングホリデーでも年間750-900ドル程度と、日本の海外旅行保険に比べて掛け金が半額以下となっています。

治療費の補償が無制限です

治療費に上限がありませんので、1000万円でも1億円でも問題なく補償されます
ニュージーランドで行われる手術、入院、通院、日本で認可されていない高額な薬の使用も、問題なくカバーされます。
(ただしSCTI社の【一般プラン】は20万ドルまでとなっていますので注意が必要です。【学生プラン】については、SCTI社も無制限です)

手術費や入院費用も無制限でカバーされます
救援者費用なども充実しています

万が一の際の日本のご家族の救援者費用や天候による旅程の変更、不測の事態で途中帰国する際の学費補償など、日本の海外旅行保険と比べても遜色の無い補償内容です。むしろ平均的な補償よりは、手厚いかもしれません。

免責(補償額の下限)があります

50〜100ドル/1治療の免責がある事が多く、この額までは全額自己負担となります。
例えば別々の病気で50ドル@10回の治療を受けた場合は全額負担となり、500ドルの治療を1回受けた場合は免責額(=50〜100ドル)のみのお支払いとなります。
同様に50万ドルの治療を受けた場合、70〜100ドルは自己負担となり、残りの49万9900ドル程度は保険会社の負担となります。

小額治療は治療費の仮り払いがあります

入院などの高額治療はキャッシュレスですが、低額治療や通院の場合、まずは病院に治療費をお支払い頂き、後々に保険金を請求するシステムとなっています。
目安としては200〜300ドルの治療であれば仮払い ⇒ 後に保険金請求となるケースが多いです。

少額の医療費は建て替え払いです
保険金の受け取りにはNZの銀行口座が必要です

保険金は基本、ニュージーランドの銀行口座への振込み、もしくはニュージーランド・ドル建て小切手の郵送となります。

ニュージーランドの学生保険の加入手続き、その他
お申し込み、お支払い方法

学校コース申し込みの際に一緒に【学生プラン】の部分をお申し込み ⇒ 学費と合わせてお支払い頂けます(学校が手数料などを上乗せする事はありません)。
また学生プランの延長や一般プランへの加入は、学校窓口で扱っています。現地到着後、学校のカウンセラーさんにお申し出下さい。

もしくは後述する保険会社の公式サイトから、クレジットカードを使った加入も可能です。

一般プランの加入タイミング

学校卒業後の【一般プラン】につきましては、コース修了の2週前を目安に、学校のカウンセラーさんにお申し出下さい。

掛け金の目安

ワーキングホリデーの12ヶ月間で700〜900ドル程度、1ヶ月の短期加入ですと100ドル程度となります。
補償の手厚さを考えますと、とてもお手軽な掛け金と言えます。

掛け金が安い、ニュージーランドの学生保険
英語学校と保険会社の種類

各英語学校で任意の保険会社と契約していますので、A校であれば○○社、B校であれば××社のように加入する保険会社が決まっています。
もしも「A校に入学したいが、××社の保険に入りたい」という場合は、ご自身で××社の保険にお申し込み頂く必要があります。

保険会社による違い

ニュージーランドの学生保険は政府機関が大元の規定を作っていますので、保険会社による補償に大きな違いはありません。

各保険会社の公式サイト、パンフレット
国立大学の大学生も利用している保険です
  • ニュージーランド政府機関が考える、十分な補償内容です

    各社の日本語版パンフレットで補償内容を確認出来ます。
    3社ともニュージーランド政府機関の規定をクリアしていますので、一定の安心感が担保されています。

    各保険商品に関するご質問について

    保険商品の性質上、弊社では各保険商品の補償内容やその範囲、また補償対象や規定の解釈に関する部分のご説明が出来ません。
    詳細につきましては保険会社、もしくは代理店に直接ご相談下さい。

日本の海外旅行保険

日本の海外旅行保険の概要
海外旅行保険の概要

日本の海外旅行保険は通常の海外旅行を想定した補償内容になっていますが、保険会社によってはワーキングホリデー・プランやフラット生活プランなど、長期滞在を想定したプランも用意しています。

掛け金が高い分、「日本語サポートデスクがある」、「キャッシュレスで治療が受けられる」などのサービスを期待出来ますが、一番大切な治療費の補償を無制限に設定しますと、1年の掛け金は20万円を超えてきます。
またホームステイプラン、フラットプランに分かれている事が多く、どのプランに加入すべきかの事前判断が難しいという問題があります。

日本の海外旅行保険のメリットとデメリット
キャッシュレスで治療出来ます

大きな都市での緊急を要さない治療はキャッシュレス対応の病院を選択出来ます。
また基本として治療費に免責(自己負担分)がありません。

日本語サポートデスクを利用出来ます

保険会社側で24時間 / 日本語対応の海外サポートデスクを用意しています。
また現地の日本語医療サポート(電話で症状を伝え、病院予約を代行して貰えるサービス)も無料で利用可能です。

日本語サポートデスクを利用出来ます
日本でゆっくりと清算出来ます

ニュージーランド滞在中にサポートセンターに連絡 ⇒ 必要な書類を揃え、日本帰国後の清算が可能です。

掛け金が高額です

治療費用を無制限にした場合、1ヶ月で2万円、3ヶ月で5〜6万円、6ヶ月で9〜12万円、1年で20万円が目安になります。
後述する比較サイトで概算をご確認下さい。

通常、治療費に上限額があります

例えば医療費の上限を1000万円までに設定した保険加入者が1500万円の治療をした場合、500万円は自己負担となってしまいます。
そしてそれを回避する為に2016年に法律の改定があり、「治療費は無制限でなければならない」という規定に変わりました(実際的な金額には言及していないものの、「手術や入院を十分にカバー出来る補償」と定めています。つまりは無制限という意味になります)。
それを受けて学校側も、治療費が無制限の保険以外を受け入れなくなっています。

日本の海外旅行保険の加入手続き、その他
旅行保険と留学保険の違い

原則として、3ヶ月未満の短期留学は一般の旅行保険と同一プランとなります。

次に3ヶ月以上の留学について、現地でアパートやフラットのシェアを考えている場合は賠償責任特約を考える必要があり(宿泊施設で火事を起こしてしまった場合などの補償です)、この賠償責任特約が付いているものを一般的に留学保険としています。

ただし3ヶ月未満の就学であってもフラット生活をお考えの場合、賠償責任特約をつけられるかどうかを確認する必要があります。

保険適用、保障の範囲を確認します
海外旅行保険の加入タイミング

航空チケットを購入した後から出発の1週前までを目安に加入します。

保険会社による違い

2017年度からは「日本からはAIU保険での加入」で統一し、その他の保険会社を認めない学校が増えています
これは2016年に「留学生の保険に関する規定」の見直しがあり、それを受けて国立オークランド大学が各国の保険商品を個別調査 ⇒ レポートを開示 ⇒ 日本では唯一AIUのみを受け入れると判断した事に起因しています。

これに倣い、幾つかの学校では日本の海外旅行保険を利用する場合、原則として「AIUの医療費無制限プラン」のみを受け入れるとしています。
以上よりAIU以外の保険会社、もしくはAIUであっても医療費に上限があるプランをご契約の場合、現地到着後に現地の学生保険の購入が必要となるケースがありますので、ご注意下さい。

お申し込み、お支払い方法

WEBでも加入が出来ますが万が一の際に日本のご家族がすぐに手続き出来るよう、ご実家のご近所、駅前やショッピングモールにある旅行代理店で加入するのがベストです。
まずは一度、お近くの旅行代理店でAIUのパンフレットを貰ってみましょう。

加入は駅前の旅行代理店で
海外旅行保険の料金比較サイトなど
価格.comなど、比較サイトをチェックします
  • やはり費用がネックになります

    ニュージーランドの学生保険と比べますと日本語のサポートがあり保険金申請も簡単なのですが、現在で採れる選択肢はほぼ、「AIUの医療費無制限プラン」のみとなっています。
    その場合、1年で20万円程度と高額になってしまいますので、やはりそこがネックになってしまっています。

その他の保険について

クレジットカード付帯の海外旅行保険
クレジットカード付帯の海外旅行保険

現在、ニュージーランド政府機関がクレジットカード付帯の海外旅行保険の利用を認めていませんので、弊社でもクレジットカード付帯保険のご利用はお受け致しかねます

また学校卒業後についても万が一の際、特に高額補償ケースではクレジット会社の担当弁護士が約款違反を細かくチェックしますので、保険金が出るかどうかが分かりません。

以上よりワーキングホリデーなどで学校を卒業した後の保険につきましても、クレジットカード付帯保険は選択肢になり得ません。

  • ラスボスが強烈です

    お金を払って加入する保険との違いは「保険適用の為のハードルがある」という部分です。これはゴールドカードでもプラチナカードでも同じです。
    そしてこれは「カードを持っていれば適用になる」、「航空券を買えば適用となる」のように1行で規定されているものではなく、とても細かい約款があります。
    そしていよいよとなると、【法律に詳しい大人】が出てきます。ラスボスです。流石に無理です。撤退です。

日本の国民健康保険
日本の国民健康保険

日本国内で保険診療と認められているものに限り「日本で治療した場合の標準額」の7割が支給されますが、これはニュージーランド政府機関の規定には達していません。
したがって日本の健康保険はニュージーランド留学中の保険として、認められていません。

日本の生命保険や傷害保険の海外特約

こちらも留学費用の補償や医療費の無制限保証などがありませんので、規定の保険としては認められません。

注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実