ニュージーランドでのWiFi、インターネット接続

簡単に言うと・・・ ニュージーランドの無料WiFi(ホットスポット)は多くありませんが、学校や図書館では無料WiFiを提供しています。
またホームステイでWiFiを使えるケースは少なく、ニュージーランドでのインターネット接続は学校の無料WiFiとスマートフォンの電話回線を組み合わせた運用が一般的です。
ニュージーランドでWiFiを利用する
無料WiFi(ホットスポット) からのインターネット接続

日本ではコンビニや駅構内などにある無料の無線LAN(WiFi)スポットですが、ニュージーランドではほとんど普及していません。

それでも図書館や空港などには無料の公衆WiFiが設置されていますし、またレストランやカフェ、それからファストフード店でも無料、もしくは商品購入時にパスワードを貰ってインターネットに接続出来るパターンが増えてきています。

以上より基本として公衆WiFiは「使えたらラッキー」程度に考えておくと間違いないのですが、それでも探してみますと隠れスポットがある部分でもあります。

そして次に学校ですが、現在は基本、どの学校も無料のWiFi(無線LAN)を設置しています
ですから学校備え付けのパソコン、もしくは日本からお持ちになったスマートフォンやタブレットを使い、日本語のLineやメール、スカイプなどを自由に使えます。

そして最後にホームステイでのネット接続ですが、ニュージーランドのホームステイ先でWiFiを使えるケースは多くありません
またホームステイ先によっては10ドル/週程度の追加料金でWiFiを使える事がありますが、その場合でもLine、メール、ブログの閲覧などのみで、ビデオ通話やyoutube視聴などは禁止されているケースがほとんどです。

フラット(シェアルーム)は千差万別です

WiFiを入れているフラット、入れていないフラットがあります。
また使用料金が家賃に含まれているパターン、含まれていないパターン、使い放題なのか従量制なのかなどの条件もありますので、フラットを決める際にはきちんと確認する必要があります。

ちなみに一般的な家庭用ADSL接続、1ヶ月の使い放題プランで80~100ドル程度です。
ですから例えば3人でフラットをシェアする場合、モデム代金や初期費用、契約責任、また部屋に空きが出る可能性などを考慮して、一人当たり40~50ドル/月の上乗せが相場になります。

スマートフォンから3G、LTE回線で接続する

SIMロックを解除した日本のスマートフォン、もしくはニュージーランドで購入したスマートフォンであれば、日本と同じように電話回線を利用したデータ通信が可能です。

ただしニュージーランドにはパケ放題のようなサービスはなく、毎月のデータ通信量が低めに設定されていますので、Lineやメール、ブログの閲覧などがメインになります

目安として20ドル/月で1GB程度まで使えますので、Lineの文字トークや音声通話、メールチェック、ブログの閲覧程度で使うのであれば、特に不都合は無いかと思います。

例えばVodafone NZであれば、毎月19ドルのプランで1.25GBまでデータ通信を利用出来ます。

ポケットWiFiを利用したインターネット接続

携帯電話回線専用デバイス(携帯モデム)を40~100ドル程度で購入し、別口でデータ通信量を購入します。
データは5GBで80ドル、足りなくなったらその都度チャージします。

割と最後の手段です

ポケットWiFiを利用されるのは留学生、ワーキングホリデー・メイカー全体の0.5%くらいです。
基本としては「お仕事で高レベルのセキュリティを要求されている方」や、「ネットが無いと生きていけない! (゚З゚)」という事でないのなら(笑)、ポケットWiFiは選択肢から外れるかと思います。

ポケットWiFi、スティック型デバイス
ポケットWiFi、データ量の購入
インターネットカフェからのWiFi接続

英語学校と同じように、備え付けのパソコンで日本語の読み書きが可能です。
もちろんWiFiにも接続可能ですのでご自身のスマホやタブレットを使い、スカイプや動画の視聴も楽しめます。値段は3~5ドル/1時間が目安です。

インターネットカフェからのWiFi接続
賢く使い分けて、やりくりしましょう

以上より就学中は学校の無料WiFiをメインで使い、学校卒業後はWiFiがあるフラットに移るのが一般的かと思います。
その上でスマートフォンは【20ドル/月 - 1GB】といったプランに加入して、携帯電話回線を利用したデータ通信はLineやメールチェック程度に留めるイメージです。

航空チケットの購入方法