NEO MONEYカードの作り方と注意点

簡単に言うと・・・

NEO MONEYカードはクレジットカードに比べて4%の上乗せがありますが、「クレジットカードをお持ちでない場合」や「カードを1枚しかご用意出来ない場合」、もしくは「クレジットカードのキャッシング利用に不安がある場合」に有力な選択肢となります。

その他、日本のご家族からの資金移動の予備ルートとして作成しておくのも良いアイデアです。

NEO MONEYを作成する際の流れと注意点

NEO MONEYカードの申請には、【本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証・パスポートなど)】と、【マイナンバー確認書類(通知カード・個人番号カードなど)】の画像データが必要になります。
まずはお手元に上記の書類をご用意下さい。

その後、以下の公式サイトのオレンジ色の枠、「お申し込みはこちら」から必要事項を記入していきます。

NEO MONEY 作成方法 00

重要事項や利用規約を確認して、次に進みます。

NEO MONEY 作成方法 01

【ローマ字氏名】はパスポートと同じ表記で統一します。
サイトウであっても「SAITO」、「SAITOU」、「SAITOH」などがありますので、ご注意下さい。

【メールアドレス】は今後も使えるものを記入します。
特にスマホのメールアドレスは解約する事もありますので、gmail などのWEBメールアドレスが無難です。

【住所】は本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)の記載の通りで記入します(後程、本人確認書類はアップロードします)。
またパスポートの現住所はパスポートの一番最後のページにご自身で記入する欄があります。パスポート記載住所が現住所と違う場合、以前の住所を二重線で消した上で、欄内に新たな住所をご記入下さい。

【ローマ字氏名】は「名と姓の間にスペースを入れてください」となっていますので、名前が先で名字が後になります。

【NEO MONEYの暗証番号】は必ずメモを取っておきます
これを失くしてしまうと後々面倒になってしまいますので、しっかりと保管しておきます。

NEO MONEY 作成方法 02

ご記入内容を確認後、次に進みます。

NEO MONEY 作成方法 03

以下のページを参考にしながら、必要書類をアップロードします。

NEO MONEY 作成方法 04

登録完了後、書類に不備が無い場合は通常3営業日後にカードが発送されます(転送不要簡易書留)。

ご家族でも受け取れます

簡易書留は、同居されているご家族でも受け取れます。

また簡易書留を受け取れなかった場合は通知書が届きます。
その際は通知書を持って郵便局に連絡 ⇒ 本人確認書類を提示してカードを受け取ります。

カードが届いた後の手続き

カードがお手元に届いた後は、日本円でチャージ(入金)をします。
ご利用のイメージとしては、SuicaやICOCAなどのICカードと同じです。チャージした金額まで、海外のATMから現地通貨でいつでも自由に引き出せます。

ちなみにチャージ方法は銀行振り込み、インターネットバンキング、またセブン銀行ATMやセゾンATMからもチャージ可能です。

またNEO MONEYの会員専用サイトからご利用残高やチャージ履歴、ご利用明細なども確認出来ます。
こちらの会員専用サイトは海外のパソコンやスマホからもご利用頂けますので、ご安心下さい。

お勧めのクレジットカード
楽天カード画像
  • ポイントを貯め易い
  • 年会費永年無料
  • 楽天ポイント付与
  • ( Edyに交換可 )
カード作成の注意点 
イオンカード画像
  • 帰国後も利用価値高し
  • 年会費永年無料
  • ときめきポイント付与
  • ( WAONに交換可 )
カード作成の注意点 
NEO MONEY画像
  • 入会審査無し
  • 年会費無料
  • チャージ式で簡単管理
  • 滞在中の安全性を確保
カード作成の注意点 
みんなが見ている定番ページ
年20万円以上の節約!
情報強者はこうしてる!
役所関係、完全保存版!
「カードの作成」に戻る
ゆうちょ銀行からの送金