日本人割合

日本人割合に関するリクエスト

日本人同士でいると怠けてしまいそうなので、日本人割合が低い学校を希望します

こういったご希望に対して日本人割合の低い学校をご紹介するのは簡単なのですが、実際には判断が難しい所です。

例えばある英語学校は日本人割合が5%を切っていますが、その学校でも8人クラスに2、3人の日本人が入るケースがあり、そのクラスの日本人割合は30%を超えてしまいます。

そして日本人割合が20%程度という平均的な学校、例えばユニークやドミニオン、クイーンズなどでは、クラスの半分が日本人という状況も起こり得ます。

「えっ!そんな状況は絶対に無理だし、どうすれば・・・。
私、どうしても日本人が居ないクラスで学びたいんですけど・・・」

その場合、本当に日本人が居ない学校に行くしかありません。つまり学校全体で日本人が1人、2人の学校です。

しかし【日本人割合5%以下の学校】というのは、【自分以外の日本人がほぼ居ない学校】という事でもあります。

もしもこの状況を求めているのであれば問題ないのですが、本当にそれで良いのでしょうか?

実際のクラス風景

ここで一度、クラスの風景を想像してみます。

日本人が全く居ない学校ですから、クラスメートは韓国人が3人、タイ人が2人、スイス人が1人、サウジアラビアが1人、中国人が1人、そしてあなたといった状況になります。

そして放課後の学校ロビーには韓国人が30人、中国人が20人、他のアジア系が10人、中東系が20人、ヨーロッパ系が10人、南米が5人、日本人はあなたともう1人、といった比率になります。

  • 日本 2%
  • 韓国 30%
  • 中国 20%
  • その他のアジア 10%
  • 中東 20%
  • ヨーロッパ 10%
  • 南米 5%
  • その他(タヒチなど) 3%

数字だけで見ますと【とてもバランスの良い学校】に映りますが、この状況はもう1人の日本人とあなたがくっつき易い状態でもあります

「・・・あ、あなた日本人ですか?良かったー (´□`*)
ワタシは日本人同士で居ると怠けちゃいそうだったから、この学校を選んだんです。でも最近、流石に日本語が恋ししくて・・・(;´Д`)
こっちで友達も出来なかったので、あなたが来てくれて本当に良かったです。これから仲良くやっていきましょう!」

例えあなたが日本人を避けたいと思っていても、相手はそうでは無いかもしれません。
そして日本人が少ない学校というのは、良くも悪くも逃げ場がありません

日本人割合の少ない学校の実態

そもそも日本人が少ない学校というのは、人気の無い学校です
これだけ情報化の進んだ現在、良い学校にはすぐに日本人が集まります。「情報が出ていないだけの優良校」はまずありません。そんな学校があるならば、誰よりも早く弊社が扱います(笑)

そして不人気校は基本、授業が面白くありません。

日本人の不得意分野をカバーするカリキュラムを組むなり、質の高い講師陣が揃っているのなら、放っておいても学生は集まります。それが出来ていないからこそ、日本人割合が低いわけです。

それを承知で日本人割合の低い学校を選ぶ理由を考えてみますと、

「日本人が居たら日本語を話してしまうと思ったから」
「日本人がいると英語が伸びないと経験者に言われたから」
「逃げ場を断たないと、たぶん勉強しないから」

こういった理由になるかと思います。
勿論、それらのお考えが悪いわけではありません。間違っているわけでもありません・・・が、少し他力本願に過ぎるかもしれません。

【日本人同士で仲良くなったから勉強しない】
【日本語が話せる環境だから英語は話さない】
【逃げ場があるのなら勉強しない】

環境によって勉強するというのは、環境によっては勉強しないという事でもあります。不安に思うお気持ちは分かりますが、やはり少し後ろ向きになっているかもしれません。

実際、前向きに英語に取り組む学生は日本人割合ではなく、コース内容や試験対策カリキュラムの有無で学校を選ぶ傾向が高いです。
具体的には大規模でIELTSコースやケンブリッジ・コースを持つ学校、もしくは上位に大学コースを持つ学校を選ぶパターンです。

今までの経験上、周りの雰囲気に流されやすい方はむしろ、そういった学校を選んだ場合にこそ、良い結果を残しています。日本人どうこうよりも、ヤル気のある学生に囲まれる方が良いのかもしれません

それでも日本人が居ない学校が良い場合は、どうしたら?

改めて、良い学校には学生が集まります。

「それでも日本人を避けたい私は、一体どうしたら・・・」

その場合、ある程度日本人が居る学校で、日本人と話さないで勉強するのが現実的です

具体的には日本人割合が20%程度の大きな学校を選び、出来る限り日本人とは話さない感じです。それだけ日本人が居る学校であれば、逆に日本人を避けられます

そしてそれを選択する場合、次に考えるべきはあなた自身の資質です。

他の国の友達と一緒に勉強するのが良いのか、それとも一人で黙々と勉強するのが良いのか。

前者であれば英語圏以外の国への興味(例えばタイに興味があるのなら、タイ人グループに入り易くなります)、後者であれば予備校で勉強するような心構えが必要になります。

つまり日本人を避けるのならば、

【他の国からの留学生の輪に飛び込む】
【日本人どころか他の国からの留学生も避けていく】

このいずれかのパターンで考えるのが現実的、という事になります。

とにかく日本人割合については
「こっちは割合が10%だから」

「ここは日本人が1人しかいないから」
という風に決めてしまうと思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。
この点、十分に注意していきましょう。

注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実