ニュージーランドへの荷物の発送

出発前にご自身で郵送するパターン

これは出発の1〜2日前にご自身が発送して、ご自身が現地で荷受けする方法です。
具体的にはホームステイのご住所に、ご自身宛で郵送する流れになります。

出発前にご自身で郵送する、EMSを使ったパターン

郵送手続きはご近所の郵便局からが便利です。
特にEMSはご自宅まで集荷に来て貰えますので、郵便局まで重い荷物を運ぶ必要がありません。

郵送料は都内からニュージーランド国内まで4日程度で届くEMS便が10kgで14500円です。
またEMSには荷物追跡サービスがありますので、盗難・紛失の心配もありません。

ちなみに船便は到着まで結構な時間が掛かる割にはそれ程安くなく、また到着日時に大きな開きがありますので(同条件、到着は2〜3ヶ月後で6750円です)、基本としてはEMSで考える事になるかと思います。

ニュージーランド滞在中に、ご家族から郵送して貰うパターン

出発時に持ちきれない荷物や季節の衣服を段ボールに入れ、ご実家に保管しておきます。
その上でニュージーランド到着後に足りないものが出た際には日本のご家族に連絡をして調整をつけ、頃合をみて日本から郵送して貰います。
1年程度の長期滞在であっても海外発送を利用する事で、荷物管理は随分と楽になります。

  • 重さで値段が変わります

    都内からのEMS利用は10kgですと14500円、20kgですと25500円です。
    ちなみに季節の衣類と化粧品などの消耗品を別送する場合、平均重量は15kg程度になるかと思います。

    別送する荷物にも税関のチェックがあります

    別送品に関しましても、入国時と同じ税関ルールが適用されます。
    規定量以上の物品の郵送は破棄や課税対象となりますし、輸入禁止品の郵送は捜査対象となりますので、ご注意下さい。

注目の人気記事
初めての方へ初めての方へ

よく頂くご質問、弊社の特徴、無料サポート獲得方法までを5分でチェック!

出発前の役所手続出発前の役所手続き

知らないと損してしまう、住民税、年金、健康保険、住民票の重要ポイント

航空チケットの購入方法航空チケット購入方法

日本国内の最安値で航空券を購入する方法。初心者でもあっさり買えます(゜3)ノ

ワーホリビザの概要ワーホリビザの概要

毎月延べ5286人がチェックしている、英語が話せなくても簡単にビザを取る方法

安全な留学手続き安全な留学手続き

何故、誰もが騙されてしまうのか?留学エージェント選びで陥る3つの失敗

ニュージーランドの携帯電話NZの携帯、スマホ事情

5分で分かるニュージーランドのスマホ事情、電話料金と料金プラン

食品の持ち込み食品の持ち込み

食品の持ち込みで税関で止められる人、スルーされる人の決定的な違い

薬の持ち込み薬の持ち込み

税関と現地での入手まで見越した準備。持ち込める量、種類、注意点のまとめ

保険についてニュージーランドでの保険

話題のNZの学生保険、海外旅行保険、クレジットカード付帯保険を徹底比較!

銀行口座の開設現地で銀行口座を開設

ANZ銀行の口座開設テクニックを大公開!銀行での英会話例がとにかく便利!

英語の訛り、発音NZ英語は訛ってる?

聞き取れない? 訛ってる? 発音は? ネイティブから見た訛り英語の現実