楽天カードの作り方と注意点

楽天カードを作成する際の流れと注意点

まずは公式サイトをクリック ⇒ 手続きを開始します。
(楽天は頻繁にキャンペーンが変わりますので、下記とは違ったレイアウトが表示されるかと思います)

楽天IDをお持ちの方は、「楽天会員の方」を選択します。

楽天クレジットカード 作成方法 01

ブランドは必ず「Mastercard」を選びます

【お名前】はパスポートと同じ表記で統一します。
サイトウであっても「SAITO」、「SAITOU」、「SAITOH」などがありますので、ご注意下さい。

【メールアドレス】は今後も使えるものを記入します。
特にスマホのメールアドレスは解約する事もありますので、gmail などのWEBメールアドレスが無難です。

【ご住所】は運転免許証記載の通りで記入します。この点が間違っていますと、カードを受け取れません。
また運転免許証をお持ちでない場合、保険証などの公的書類に記載されている現住所をご記入下さい。

【カード入会後のご利用目的】は「お買い物」と「現金のお借り入れ」の両方を選択します。

【自動リボサービス】は「申し込まない」を選択、【ショッピングリボお支払いコース】は「30,000円」を選択しておきます(これはカード到着後にマイページから変更します)。
また【カードキャッシング枠】は原則として最大額を選択しておきます。

楽天クレジットカード 作成方法 02

【Edy機能付帯的】は「希望する」を選択します。

【紹介者ID】にIDを記入しますと、紹介者に楽天ポイントが付与されます。
ご家族やご友人に楽天カードをお持ちの方がいれば、IDを聞いて記入しておきましょう(空欄のままでも問題ありません)。

楽天クレジットカード 作成方法 03

続けて勤務先情報を記入していきます。

楽天クレジットカード 作成方法 04

【楽天会員パスワード】は今後も頻繁に使いますので、必ずメモをして大切に保管しておいて下さい。

楽天クレジットカード 作成方法 05

【お支払い口座情報】は「口座登録手続きに進む」で事前登録を済ませておきます。
お手元に銀行口座の情報が無い場合は入会後の手続きとなり、もうひと手間増えてしまいます。

楽天クレジットカード 作成方法 06

記入内容と同意内容を確認後、申請を完了します。

楽天クレジットカード 作成方法 07

登録完了後、楽天カードから受付完了のメールが届きます。
更にその後、審査が完了した所でカード発行完了のお知らせメールが届きます。

出発の4ヶ月前までに作っておきます

クレジットカードは先々に作っておいて、航空チケット購入時に利用します。
その他、スーツケースや洋服などの購入でも積極的にポイント獲得を目指しましょう。

カードが届いた後の手続き

審査完了後、1週間程度でカードが郵送されます。

宅配便でカードを受け取る際に運転免許証などの本人確認書類を提示 ⇒ 一緒に届く口座引落申請用紙に必要事項を記入、捺印して返送すれば、全ての手続きが完了します。
(楽天銀行を利用する場合など、口座引落申請用紙の記入が無いケースもあります)

また以下の【「リボお支払いコース」の設定方法】を参考にしながら、リボ枠を変更します。

このリボ額が小さい場合は毎月のお支払いがリボ払いになり、大きな利息が発生します
それを回避する為にショッピングはカード利用可能額と同額(100万円を越える場合は99.9万円に設定)、キャッシングもキャッシング利用可能額と同額(50万円など)に設定する事で、通常の一括払いと同じ運用になります。

お勧めのクレジットカード
楽天カード画像
  • ポイントを貯め易い
  • 年会費永年無料
  • 楽天ポイント付与
  • ( Edyに交換可 )
カード作成の注意点 
イオンカード画像
  • 帰国後も利用価値高し
  • 年会費永年無料
  • ときめきポイント付与
  • ( WAONに交換可 )
カード作成の注意点 
キャッシュパスポート画像
  • 入会審査無し
  • 年会費初年度無料
  • 正副二枚のカード発行
  • 滞在中の安全性を確保
カード作成の注意点 
「カードの作成」に戻る
ゆうちょ銀行からの送金