就学期間と学校規模の関係

簡単に言うと・・・

小規模の学校には長期留学生が集まりづらく、「全4レベルなのに初級クラスが2つある」といったケースも多いです。
特に留学期間が3ヶ月以上の場合、総学生数80人以上の学校を選ぶのが目安になります。

英語学校のクラスレベルと学校の総学生数
英語学校のクラスレベルと学校の総学生数

ざっくりとですが、ニュージーランドの英語学校のクラスの平均学生数は10~12人程度です。
ですから総学生数が50人の学校であれば英語レベルは4~5レベル、100人の学校であれば8~10レベルとなります。

「でも、こっちのサイトでは50人のこの学校、9レベルまであるって書いてあるよ? ( ・ω・)」

確かにそういったインフォをしている学校やエージェントのサイトもありますが、これは「学生が集まるなら、9レベルまで開講出来るよ」というだけの事で、まるで意味の無いデータです。

改めて、50人の学校ならばクラス数は4~5です。

わりと身も蓋もない話ですが、英語学校もビジネスですので、50人規模なのに損益を無視して8クラスも9クラスも開ける事はありません

小規模な学校特有の問題点

前述の通り、例えば50人規模の学校のクラス数は4~5となるのですが、クラスレベルは以下のようになりがちです。

  • 英検4級レベル 1クラス
  • 英検3級レベル 2クラス
  • 英検2級レベル 1~2クラス
  • 英検1級レベル 0クラス

つまり上位レベルを開講出来ていない状況です。
これですと最初の1ヶ月は良いとしても、2ヶ月目、3ヶ月目の授業は物足りなくなってしまいます。

また小規模校は学生数が変わった際に、クラス統合する可能性も高くなります。

上記の例で言えば2つある3級レベルの1つを2級レベルと統合 ⇒ 新たな2級レベルを作るイメージです。

「あれ?それだと元から2級に居た人は、クラスレベルが下がるんじゃないの? ( ・ω・)」

その通りです。
ですから長期留学をご希望の方や現状で中級以上の英語力がある方は、80人以上の英語学校を選ぶ必要があります。
それであれば学校全体で7~8レベル ⇒ 恒常的に英検1級レベルのクラスを作れますので、1年程度の留学でも十分に英語力を伸ばしていけます。

勿論、全ての学校がそうではないのですが・・・

上記の理由から小規模の学校には長期留学生が集まりづらく、結果として短期留学生しか集まらない ⇒ 初級クラスが増える ⇒ 更に長期留学生が敬遠する ⇒ 短期留学生しか集まらない ⇒ 初級クラスが増える・・・というループが発生してしまいます。
一度このループが始まってしまうと、半年くらいは厳しい状況が続きがちです。

留学に必要な英語力