銀行サービスの利用

ANZ銀行をご利用の際の注意点

ANZ銀行での預金方法

一部の特殊ATMを除き、基本としてニュージーランドのATMは「預け入れ」が出来ませんので、預金は全て銀行窓口からとなります。お近くの支店窓口に現金とキャッシュカード、口座番号、パスポートをお持ち下さい。

また例えばゴー・アカウントに入金する場合は手数料が3ドル掛かりますが、預金先口座にオンライン・アカウントを指定すれば、手数料は掛かりません
ですから入金する際には必ずオンライン・アカウントを指定しましょう。

ATM利用の注意点

現在、ANZ銀行のATMはほとんどが日本語に対応しています
最初の画面で日本語を選択すれば特に難しい事はありません。

ちなみにANZ銀行のゴー・アカウント口座を開設している場合、24時間365日、手数料は無料です。
ただしANZ銀行以外のATMをご利用の場合は50セント/回程度の手数料が掛かりますので、注意が必要です。

それから預金額や年齢、ビザステータスなどにより、ATMの一日の利用限度額が設定されています。
通常は800~2000ドル/日に設定されているのですが、もしも不都合がある場合は窓口にて変更可能です。
また限度額を超える金額の引きおろしは、窓口での対応となります。

それから英語版のATMにつきましては、以下のクレジットカードのキャッシング利用方法をご参考下さい。カード種類で「Saving」を選ぶだけで、基本手順は全て同じです。

また念の為に以下、手順を記載しておきます。

  • カードを挿入します
  • 暗証番号(PIN)を入力します
  • 現金の引き出し(Withdraw)を選択します
  • Saving Account を選択します
  • (もしも駄目だった場合は Cheque Account を選択します)
  • 金額選択画面では Other amount を選択します
  • 金額を入力します
  • 金額を確認して OK with Receipt を選択します
  • カードを受け取ります
  • 現金を受け取ります
  • 明細書を受け取ります
羊先生

通常は Saving Account(普通口座)で口座開設されるのですが、時々 Cheque Account(当座預金口座)で口座開設されるケースがあります。
もしも Saving Account でエラーが出る場合は Cheque Account でお試し下さい。

引き下ろし金額を設定する

ニュージーランドでのATM利用の注意点

上記の流れで金額を入力する際に、画面には「20ドル」、「40ドル」、「100ドル」、「200ドル」、「300ドル」といった金額が表示されます。

そこで例えば300ドルを選択すれば300ドルの引き下ろしとなるのですが、実はそこでOther amount を選択 ⇒ お手元のテンキー(数字入力ボタン)で好きな金額を入力出来ます。

ちなみに一回の引き下ろし限度ですが、【紙幣40枚】としているATMが多く、またATMによって取り扱い紙幣は【20ドル札のみ】、もしくは【20ドル札と50ドル札】となっていますので、後者のATMを選べば2000ドルが最大引き下ろし限度額となります。

仔猫さん

これ、ちょっとショック。
今まで300ドルがMAXだと思って、300ドルを何度もおろしてたよ・・・クレカの海外ATM利用手数料、損しちゃった・・・。

スタッフ羊

これ、画面の表示が分かりづらいですよね。初見ではまず分からないだろうと思います。

仔猫さん

ねー。
ところで50ドル札を扱っているATMって見分けられるの?いつも大体、20ドル札が出てくるんだけど。

スタッフ羊

取り扱い紙幣はATMの待機画面に表示されます。
また基本的には銀行支店に備え付けのATMであれば、50ドル札を扱っているケースが多いです。

EFTPOS(エフトポス)の使い方

EFTPOS(エフトポス)の使い方

EFTPOS(エフトポス)とは、カードのデビット機能の事です
ニュージーランドでは銀行のキャッシュカードを EFTPOS カードと呼称するくらい、このデビット機能が一般的です。

こちらもANZ銀行のゴー・アカウント口座を開設している場合、利用手数料は一切掛かりません。
また利用方法はクレジットカードと同じ流れで、とても簡単です。

  • お支払い端末にカードを通します
  • Saving Account(SAV)を選択します
  • (もしも駄目だった場合は Cheque Account(CHQ)を選択します)
  • 端末画面のお支払い金額を確認します
  • 暗証番号(PIN)を入力して Enter ポタンを押します
  • お支払完了、レシートを受け取ります

ちなみにクレジットカードの場合はお支払い口座の選択で CRD を選択 ⇒ それ以外は上記と同じ流れです。

またICチップ内臓カードをご利用の場合、EFTPOS(エフトポス)端末にカードを挿した状態で「REMOVE CARD」という表示が出るまで待ちます。
「REMOVE CARD」の表示が出た後にカードを引き抜き、「ACCEPTED」と表示されればお支払い完了です。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More