英語学校のクラスレベル

説明羊
  • 学校決定前は「英語学校の規模と留学期間の関係」をご確認下さい
  • また長期留学は出発前にNZLCでオンラインテスト ⇒ 英語力の最終到達レベルを予想出来ます
  • 今のところこれは弊社だけのサービスですので、長期留学をお考えの方は是非
  • そして現地ご到着後、クラスのレベルに疑問を感じた際には積極的に動いていきましょう
  • ただし最初の1~2週は様子見が必要です

登校初日のクラス分けテスト

英語学校のクラスレベルと学校の総学生数

どの学校でも登校初日にクラス分けテストを実施します。
テストは30分程度の筆記試験と10分程度の会話テストが一般的で、大抵の学校は午前中にテストを受け、午後や翌日から授業参加となります。

また4~6週おきに定期テストがあり、その結果でクラスを再編します。

もしもクラスレベルに疑問を感じた際には学校のカウンセラーさん、もしくは弊社までご連絡下さい。すぐに学校の学生課に連絡をして状況を確認、問題の解決にあたります。

スタッフ羊

ちなみにコース参加直後の10人に声を掛けますと、8人までは「なんか、このクラスじゃないと思う」とおっしゃいます。
また授業が難し過ぎるという方もいらっしゃいますし、簡単過ぎるという方もいらっしゃいます。内訳は「難し過ぎる派」が6~7割で、「簡単過ぎる派」が3~4割です。

でもこれは急な環境変化で脳が緊張状態にあるのが原因らしく、とにかく最初の1週間は日本に居た時に比べて英語が頭に入って来なかったり、逆に入ってきたりしがちです。

仔猫さん

あー、そういう事もあるんだね。

スタッフ羊

そうなんです。
それで翌週になって落ち着いてきますと、本当にクラス変更を考えるべき割合は1人居るかな、どうかな、という状態になります。つまり全体の9割までは、最初のクラス分けテストで適切なクラスに入れています。

仔猫さん

なるほどね。

スタッフ羊

ただし逆に言えば、10人に1人はクラス移動を検討すべき方が出てしまいます。
ですからクラスレベルについて気になる事があった場合は躊躇せず、早目に講師に話をしてみて下さい。それでクラスを変更する、もしくは「何故このクラスレベルで、何故そう感じてしまっているのか」を講師の目から指摘 ⇒ 弱点を克服する為の課題や参考書の提案などをして貰えます。

仔猫さん

それで弱点をスッと指摘されるようであれば、講師の意見に従った方がいいのかな。

スタッフ羊

そうですね。きちんと学生と向き合っている講師からの指摘は大抵のケースで外れません。
しかし逆に弱点の指摘が曖昧だったり、対応策に具体性が見えない場合はカウンセラーさんや弊社スタッフにご相談下さい。講師に再考を促すなど、教務担当マネージャーに働きかけます。

授業を簡単に感じる理由

ちなみに我々日本人は他の国からの学生に比べて授業を簡単に感じるケースが多いのですが、これは日本での英語学習が「知識」に寄っていて、そこに「技術」が追いついていない事から来ています。

ですから例えば授業で講師から、
「主語が He とか She とか it の場合、動詞には三単現の s を付けてね」
と言われた際に、これを簡単だと思う方が多いのです。

・・・が、実際に学生が s を忘れて話しているので、講師は注意しています。ですからこれを「知っている」とするのではなく、意識的に動詞を使るように「思考の力点を変化させる」のが、留学中の英語学習の中核になります

つまるところニュージーランドの英語学校は、「学生にマニアックな言い回しを100個覚えさせつつ、三単現の s を無意識で処理出来ない状態のまま本国に帰す為の授業」はしていません。

ですからこの点にどれだけ早く気付けたかで、卒業時の英語力に大きな差が生まれます。

仔猫さん

なんか耳に痛い話だったよ。
自分でも時制とか可算名詞なんかの、「知識として知っているけれど、技術として使えていない」部分は分かってるんだ。でも、自分ではどうしようもないんだよね。

スタッフ羊

大丈夫ですよ。そこを意識して留学を始めれば、ちゃんと英語、伸びていきます。
とりあえず出発前にここに気付けたのはラッキーという事で、先に進んでいきましょう!

仔猫さん

本当に大丈夫かなぁ? 私にも英語、【使える】ようになるかなぁ?

スタッフ羊

大丈夫です。その為に世界中に学校があり、今この瞬間も大勢の学生が学んでいます。
とにかく留学中の英語の勉強、日本とは違う角度で面白いです。知識が少しずつコミュニケーション・ツールに変わっていく流れを楽しんでいきましょう!

専門コースへの編入テスト

英語学校の特殊コースへの編入テスト

ケンブリッジ・コースやTECSOLコース、また学校によってはIELTSコースで学ぶ際には編入テストがあります。

編入テストは通常、コース開始の2~3週間前に行われます。

しかしながら学校によってはオンラインを利用して日本国内からの受験が可能で、その場合はニュージーランド到着後すぐに専門コースに入れます。

この点は弊社スタッフまでお気軽にご相談下さい。

羊先生

NZLC オークランド校でもメールによる事前の英語力テストを行っているのですが、特に半年以上の留学であれば、最終的に到達する英語力の予想を出して貰えます
とりあえずニュージーランド最大規模&長い歴史を持つNZLCの教務課が出す予想ですから精度も高く、信頼度も高いです。またこれを最低目標にして、高いレベルを目指す方も多いです。勿論、このテストを受けた後で他の学校をご選択になっても問題はありません。

ただしこれはあくまで「NZLCで学んだ場合」という条件下での予想ですので、他の学校で同じレベルまで到達出来るかは分かりません。

そして現状、この枠組みをやっているエージェントは弊社だけです・・・というかこれは、弊社の代表がNZLCのマーケティング最高責任者さんに無理にお願いして始まった特別なサービスです。

以上よりNZLCで長期留学をお考えの場合は、お気軽に弊社までご相談下さい。
弊社スタッフが直接、マーケティング担当さんやマネージャー、そして最高責任者さんとも調整をつけて、ベストな留学プランをご提案致します。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More