日本のご家族への定期連絡

日本のご家族への定期連絡

つい忘れてしまいがちな日本のご家族への連絡ですが、定期的な連絡をお心がけ下さい。それを忘れますと最悪、ニュージーランド全土に捜索願が出されてしまいます。

特にフルーツ・ピッキングをする場合やスノボーやトレッキングで山に篭る場合など、携帯電話が繋がりにくい地域に行く際には、必ず事前にご連絡ください

NZ滞在中は定期的に日本のご家族にご連絡ください

弊社でも1年に数度は日本におられるご家族から、
「うちの子のスマホに電話、Lineをしてるんだけど、2日前から全く繋がらない。今、どこで何しているのでしょう?」
といったお問い合わせを頂きます。

しかし弊社でもご利用者さまの居場所を全て把握しているわけではありませんし、そもそも守秘義務もありますしで、日本からのお問い合わせに対して何もお答えできません。

またそもそも日本から掛けて繋がらない携帯電話にはニュージーランドから掛けても繋がりませんし、ご家族からのメールに返信が無いのならば弊社からのメールにも返信はありませんので、弊社にも打てる手がありません。つまりご家族からのお問い合わせに対し、弊社ができることが無いのです。

そのまま連絡が取れないと、結局どうなるの?

どうにもなりません。
とりあえずご家族も必死ですから弊社も迂闊なことは言いませんしで、行き着く所まで行き着きます。通常、弊社から日本のご家族には、
「ご心配であれば、外務省領事局海外邦人安全課に相談するしかありません」
とお伝えします。弊社の立場で、それ以外に言えることがありません。

弊社に旅程や行先、現住所をお伝え頂く意味はありません

・・・ということで時々、弊社に行先をお知らせになる方がいらっしゃいますが、その時間がありましたら日本のご家族にメールをお出しください。弊社には守秘義務がありますので、たとえ緊急時に日本のご家族から「娘がどこに居るか教えて」と言われましても、何も言えません。

弊社に行先やNZ国内の現住所をお伝え頂いても、ただ保管するだけです。
個人情報保護法によりご家族からのお問い合わせにもお答えできませんので、正直、なんの意味もありません。

遠くの町の災害でも、日本のご家族にコンタクトをお取りください

日本のご家族はニュージーランドの地理や状況を把握していませんので、遠く離れた街の災害でも心配してしまいます。中にはオーストラリアで災害があっても、心配される方がいるくらいです。

ですから北島・南島に関係なく、ニュージーランドで災害が発生した際には日本のご家族にご連絡下さい。Lineを数文字送るだけで、ご家族はとても安心します。

まとめ:日本のご家族への定期連絡

日本のご家族は本人が思っているよりも、心配されます。
それで旅行前にLineを1行送らなかっただけで、タイミング次第ではニュージーランド警察を巻き込んだ騒ぎにまで発展してしまいます。

ですから携帯電話が繋がらない地域に行く際などには事前にその旨を伝えておくなど、十分にご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました