英語学校のクラスレベルについて

英語学校のクラスレベルについて

英語学校のクラスレベルは学校規模と相関関係があり、入学前の英語力によっては「そもそも選んではいけない学校」もあります

ですからもしもまだ学校を決定していないのであれば、まずは以下のページをご参照ください。

そして適切な学校を選択 ⇒ 現地ご到着後、クラスのレベルに疑問を感じた際には担任と学校カウンセラーさんにお申し出いただくのが基本です。

ただし最初の1~2週は英語力が安定しないことが多いので、早急に結論を急ぐべきではありません。

登校初日のクラス分けテストについて

どの学校でも登校初日にクラス分けテストを実施します。
テストは30~60分程度の筆記試験と10分程度の会話テストが一般的ですが、最近はオンライン・テストを利用している学校も増えています。

また大抵の学校は午前中にテストを受け、授業参加は午後、もしくは翌日からとなっています。

その後は4~6週おきに定期テストがあり、その結果でクラスを再編しますので、タイミングによっては入学の翌週にクラスが変わるケースもあります。

クラスレベルが合っていないと感じる理由

もしもクラスレベルに疑問を感じた際には学校のカウンセラーさん、もしくは弊社までご連絡下さい。すぐに学生課に連絡をして状況を確認、問題の解決にあたります。

ただし入学直後の10人に声を掛けますと、8人までは「なんか、このクラスじゃないと思う」とおっしゃいます。

ちなみに授業が難し過ぎるという方もいらっしゃいますし、簡単過ぎるという方もいらっしゃいます。内訳は「難しすぎる派」が6~7割で、「簡単すぎる派」が3~4割です。

しかしこれは急な環境変化で脳が緊張状態にあるのが原因で、その結果最初の1週間は日本に居た時に比べて英語が頭に入って来なかったり、逆に入ってきたりすることが多いです。

あー、そういう事もあるんだね。

そうなんです。
それで翌週になって落ち着いてきますと、本当にクラス変更を考えるべき割合は1人居るかな、どうかな、という状態になります。つまり結論として全体の9割までは、最初のクラス分けテストで適切なクラスに入れています。

英語を知識として捉えているか、ツールとして捉えているかでも変わります

そもそも授業は「現状で出来ていないこと」を学んでいますので、「少し難しい」くらいが適切なレベルです。

それを踏まえつつ、例えば三単現の動詞に「s」を付けるレッスンは簡単な授業と言えるでしょうか?

これを「知識」として捉えた場合、とても簡単な授業です。
例えばルールの説明を聞いた後に2択のマークシート方式のテストをすれば、ミスをする方は相当に少ないだろうと思います。

しかし「使えるかどうか」に焦点を当てた場合、これはハイレベルな授業になります。実際に三単現の「s」を忘れずに話せるのは英検2級レベル・・・いや、準1級でも微妙に難しいだろうと思います。

同様に過去形や未来形についても会話でほぼ正着を選べるのは、英検準1級レベルになるのが現状です。

この点は英語に自信がある方であれば、ほぼ確実に心当たりがあるはずです。「ああ、しまった!」と気づいた時には発音し終わっている感じです。
逆に心当たりがない場合は、自分のミスに気づけていないだけかもしれません。

とりあえずニュージーランド到着直後は「知識」と「使える」を混同しがちで、その結果「授業が簡単すぎる」と感じてしまうことも多いのですが、「授業で先生は何を求めているのか?」に注目してみますと、クラスの印象が変わってくるかもしれません。

それでも、クラスレベルに違和感がある場合はご相談ください

しかしそれでも、10人に1人はクラス移動を検討すべき方が出てしまいます。

ですからクラスレベルについて気になる場合は躊躇せず、早目に担任に話をしてみて下さい。それでクラスを変更する、もしくは「何故このクラスレベルで、何故そう感じてしまっているのか」を講師の目から指摘 ⇒ 弱点を克服する為の課題や参考書の提案などをして貰えます。

それで弱点をスッと指摘されるようであれば、講師の意見に従った方がいいのかな。

その通りです。
講師がきちんと弱点を把握していて、「なぜそう感じているのか、どうしたら克服できるのか」と指摘する場合は、大抵のケースで外れていません。もう1週間、そのクラスで様子見するのをおすすめします。

しかし逆に弱点の指摘が曖昧だったり、対応策に具体性が見えない場合は、カウンセラーさんや弊社スタッフにご相談下さい。講師に再考を促すなど、教務担当マネージャーに働きかけます。

まとめ:英語学校のクラスレベルについて

上記の通り、英語学校の授業が簡単すぎる、もしくは難しすぎるのには理由があります。

具体的に難しすぎるのは「環境の変化で脳が疲れているから」と「そもそも授業は少し難しいレベルが適切だから」の2つがメイン理由で、簡単すぎるのは「英語を知識として捉えているから」というパターンが多いです。

以上を踏まえつつ、それでもクラスレベルに違和感をお感じの場合は学校カウンセラー、もしくは弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました