ちょいちょい更新、ヒトコト日記

2017-10-25

ちょっとしたメモを。

今日は2点、重要な変更がありました。既にサイト情報は直しましたが、メモとして日記に書いておきます。

楽天カード、便利になりました

今までは海外キャッシングのお支払いは全てリボ払いとなっていて、裏ワザ的に「リボ払い上限額」と「キャッシング利用枠」を同額にする事で無理やり1回払いにする必要があったのですが、2017年11月01日以降は海外キャッシングは全て1回払い設定となりました。

これで過去にあったリボ払いに関するトラブルが無くなりましたので、とても便利になります(楽天カード / 海外キャッシングお支払い方法変更のご案内)。

キャンベルのホームステイが平日2食になりました

こちらは割と残念なお知らせで、今までは平日も3食付きだったホームステイの契約内容が変わりました。
来年01月01日からは他校と同じく、平日昼間のランチが付きません。就学中はお弁当を作るか、外食をするかの二択になってしまいました。

そんなこんなで来年度に関する細かな変更をチョコチョコと更新している今日この頃、今日もこれから新しい学校のご紹介ページをコツコツと作っていきます。ひー。

2017-10-24

こっそりと2018年度の学校紹介を作っています。

取り急ぎユニークNZLCを作ってみましたが、どうでしょうか。どんな塩梅でしょうか。

とりあえず今までに比べて見易く・使い易くなっていると良いんですが、我ながらサイトのデザイン・センスが無くて泣けてきます。どうやったら素人臭さって消えるんでしょう?果てしなく難しいものですよ・・・ (´Д` )

・・・と、そんなこんなで最近も相変わらず、バタバタと忙しくしています。ありがたい事です。ありがとうございます。
こうやって文章に書くと胡散臭くなってしまうんですが、ご利用者さまと学校関係者さんに感謝です。いや本当に。

うん。

ちなみにオークランドはそろそろ暖かくなってきていて、日中はカーディガンでもOKな陽気になりました。
今後は年末の夏に向けて更に気温が上がっていき、01月には真夏になる見通しです・・・と言ってもクーラーが必要になる程では無いのですが。なんと言いますかこう、オークランドは雰囲気も陽気も、のんびりとしたものなのです。更に言えば、誰もが厳しく生きて居ないような気もします。良い意味でどこか、力を抜いていると言いますか、なんと言いますか・・・

・・・という日記を書いていたら、「のんびりとしたオークランドで深夜まで働いちゃ駄目だ!」という気になりましたので、今日はこれで寝ちゃいます。駄目人間、バンザイ。

とりあえず文章を読み返すとセンスの無さに涙がこぼれるだろうと思いますので、このまま勢いでアップロードしちゃいます。うん。

2017-10-18

日差しが強くなってきました。

そろそろ春から初夏に変わりつつあるオークランド、朝晩はまだ多少の冷え込みが残るものの、日中はパーカーだと少し暑いくらいな日が続いています。朝はパーカー、昼は長袖+カーディガンくらいが丁度良いかな、と。

「えー!そんな事ないですよ!昼もまだまだ寒いから、パーカーが必要ですよ!ヽ(`Д´)ノ」

そうなんです、これが難しい所なんです。
とりあえず暑さ寒さは個人的な感覚なので、【着るモノ】についてはコメントが難しく、また、実際の体験談や現地の声も信頼出来ないんですね。。

「そしたら一体、どうすれば・・・」

結局の所、これは気温で判断するしかありません。
今日のオークランドは最高が16度、最低が12度です。また今後の1週間予想を観ると、最高は18度で最低は14度となっています。

「えと・・・それって、どれくらい?5月、6月くらい?」

結局、それも分からないんですよね。。
北海道、東北、関東、関西、九州、四国、沖縄、現在のお住まいの地域の年間気温をチェック ⇒ それに当て嵌めて考えてみるしかありません。
それを踏まえつつ一応、現在のオークランドは今日の東京と同じくらいの陽気となっています。

と。

と、そんなこんなで服装一つ取ってもインフォが難しいものなのですが、それがエージェントの仕事の面白い部分でもあったりします。

2017-10-17

割とヘンな学校もあります。

英語学校というのは教育機関ですので基本的にはしっかりとしているものなのですが、中には微妙な学校もあります。

・・・いや、まぁ、【微妙】と言っても授業自体はニュージーランドの教育法に則り、NZQA(NZ資格庁)の規定・要件に沿った事しか出来ませんので、【微妙さ】が出てくるのは書類手続きや会計手続き部分になってくるのですが。

そんなこんなで学生視点からは特に問題のない学校であっても、【一企業】として接する際に、
「これは厳しいなぁ・・・(;'A`)」
となる学校、幾つか存在してしまうんですね。

具体的には。

具体的には【契約書を無視して勝手にルール変更をする】だとか、【契約どころか法律違反までしちゃう】だとか、そんな感じです。
実際に過去にあった例しとしましては、

「御社へのお支払いなのですが、今後は【次の学生を紹介して貰ったタイミング】でお支払いする事に決めました。
ですから今月分の売り掛けの支払いをして欲しかったら、次の学生を送って下さい」

だとか、

「昨日お知らせさせて頂いた通り、契約条件を変更させて頂きました。
つきましては先月分の契約につきましても、新しい契約条件にて処理させて頂きます」

だとか、そんな感じです。
なんかもう、冗談みたいな話ですよね・・・。

で、とりあえず法律違反を平然とする学校は学生にとっても潜在リスクになりますので、そういった学校は売れていようが評判が良かろうが、すぐに取り扱いを辞めちゃいます。

実際にそういった学校はその後1~2年で潰れちゃいます。ちなみに上記の2校は、半年持たずに潰れちゃいました。もう何年も前の話ではありますが。。

・・・というのを考えるとやっぱり、ちょっとでもヘンだと思ったらすぐに対応するのが最善手なんだよなー、と思います。

つまり留学業界も他の業種と同じで【ルール通り、普通に】というのがとても大事で、且つ、それを維持するのは難しい、という事なんだと思います。うん。

2017-10-16

さてそれでは、先週の換金レートのチェックです。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年10月13日 9:56

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 82.07円

合計 414,152円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は414902円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 82.037364 JPY

合計 418390.56円

で、たとえばカードのご利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて414207円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの学校費用ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が695円お得」という結果になりました。

2017-10-13

激しく忙しい1週間でした。

おかげさまで今週は月曜から忙しく、朝から深夜まで何かしらのお仕事をしている日々が続きました。大抵は朝からお昼までは学校関係者さんとアレコレと話を詰めて、午後からは外回り ⇒ 夜から深夜にかけてメールの返信といった感じです。
なんだか久しぶりに日本の会社でお仕事をしているような毎日でした(笑)

「どうしてそんなに忙しかったの?この時期は学生が多くなるの? ('-'*)」

そういう事も無いんですが今年は12月と01月にご出発される方の出足が早く、この時期に手配を済まされている感じです。やはり年末年始の混雑を見越して行動される方、年々増えています。航空チケットやホームステイの空きが埋まる前に、良い条件で手続きを進める感じですね。

そんなわけでここ最近でゲッソリとやつれたのかと言うとそうでもなく、疲れた ⇒ 甘いものを摂らねば ⇒ チョコでも食べるか ⇒ ・・・あれ?このチョコ、美味しくない? ⇒ もう一個だけ・・・ ⇒ あかん止まらん、でもあと一つだけ・・・ ⇒ よし、全部食べきったし新しい箱を開けるか!というコンボが炸裂してしまい、結果として割と太った感じです。いよいよ結果にコミットするアレを初めなければならないのかもしれません。

ええ・・・。

とりあえずデスクワークあるあるですが、忙しくなると太ったり体重が増えたり顔が丸くなったりしますよね。皆様もこれ、十分にお気をつけ下さいませ。

2017-10-07

11月、12月のご出発は急がないと、です。

気がつけばもう10月も1週間が終わってしまったわけですが、11月と12月のご出発をお考えの場合、学校手続きを進めなければならなくなっています
これは年末年始のホームステイが混み合う為で、ここからジワジワと入校制限が掛かる学校が出始めてくる時期となります。

ちなみに現状で近い内に入校制限がありそうなのはNZLCとユニークの2校です。

また前者のNZLCにつきましては11月末までのご出発に既に入校制限が掛かっていますので、ご入学は12月04日(月)以降となっています。
そして後者のユニークですが、ほぼ毎年、年末年始に入校制限が掛かっていますので、今年も制限が掛かるだろうと予想しています。

いずれにせよこの2校につきましては早急な手配が必要となりますし、またこれ以外の学校につきましても、先々に手配を進めるのに越した事はありません。
とりあえずビザの問題が片付いていて学校手続きを進められる場合、ここで時間を取る事はデメリットに繋がってしまいますので、早急に学校手配、ホームステイの手配をしていきましょう。

そんなこんなで今日は珍しく留学関係の日記でした。
ではでは皆様、良い週末をお過ごし下さい!

2017-10-06

乱高下の激しい通貨です。

ニュージーランド・ドルは日本円に対し、1週間もあれば2~3円は上下する値動きの激しい通貨です。
最近は落ち着いた相場になっていますが、それでも先月は09日から20日までに4円ちょっと上がりましたし、そこから今日までの2週間で2円以上落ちています。

またこの1年で見ますと、73円から83円までの幅で動いています。
それでも2012年末近辺は半年で23円も値上りましたので、そこまでの衝撃は無いのですが。。

「ちなみにその逆ってないの?
つまり、80万円掛かってた費用が70万円で済むようになった時期とか」

勿論、あります。
10年前、2008年08月に79円を越えていたニュージーランド・ドルですが、2009年01月には45円になりました。つまり80万円掛かっていた留学費用が、半年後には45万円になったわけです。
ちなみにこの時、市内銀行で現金から換金をしても50円を切っていました。なんかもう、色々と酷かったのを憶えています。

・・・という事で為替は早急に動くのが正解ではありませんし、待っていれば事態が好転するものでもありません。これはある種の博打です。先読み出来るものではありません。

そんなこんなで我々に出来るのはリスクのヘッジのみ、具体的には換金タイミングを増やす事で為替リスクを分散 ⇒ 総合為替レートを平均化するくらいです。
つまり丁半博打で100万円を一回に張るのではなく、1万円を100回張る事で「儲けも出ないけど、損も出ない」というのを目指す感じですね。

いずれにせよ留学業者である私的には、この調子で続落してくれるのを祈っています。このまま70円、60円と落ちてくれたら、お客さんがもっともっとニュージーランドを楽しめるんですけれど。うん。

2017-10-04

夏時間、始まっています。

気がつけば長い冬も春に変わり、サマータイムが始まっています。もうそんな時期なんですね。光陰矢のごとし、Time flies、Time has wings です。

うん。

そして今日は私、朝から晩まで西へ東へと大忙し、襲い掛かってくる仕事をちぎっては投げ、ちぎっては投げ、獅子奮迅の大活躍でした。

そして今は電池も切れ、もとから鈍い頭は更に動かず、良い感じにポンコツ具合が極まりました。もうダメ限界、助けてママン。ママンが駄目なら助けてパパン。

とか。

とか、死ぬ程どーでも良い事を書いてる場合じゃないです。夏時間がスタートしたって話です。
具体的にはこれから半年間は日本との時差が4時間になり、【日本が朝の9時を迎える時に、ニュージーランドは13時で午後がスタート】という感じです。結構、大きく離れます。この点、ご確認おき頂ければ。

と。

と、そんなこんなで私の脳も限界ですので、今日は閉店ガラガラです。ではでは皆さま、また明日です。

2017-10-02

さてそれでは、先週の換金レートのチェックです。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2017年09月01日 9:57

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 83.39円

合計 420,785円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、送金手数料は2500円ですので、ここに750円をプラスして合計は421535円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5100ドル (学校のカード利用手数料 2.0%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 82.727963 JPY

合計 421912.61円

で、たとえばカードのご利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて417694円という事になります。

・・・という事で今週は「5000ドルの学校費用ならば、学校が2%の手数料を徴収しても、1%のポイントが付くクレジットカードでのお支払いの方が3091円お得」という結果になりました。

そして今日は幾つか留学関係の情報を。

まず第一にオークランドの英語学校、ユニークのお申し込みに直筆の署名が必要になりました。

具体的には弊社お申し込み ⇒ 弊社でユニークの規定のフォームに必要事項を記入 ⇒ フォームがメールでお手元に届きます ⇒ 印刷 ⇒ ご署名 ⇒ スキャンもしくは写メを弊社までメール、という流れになります。

今までに比べて一手間増えてしまいますのでご迷惑をお掛け致しますが、学校側の規定変更ですのでご了承下さいませ。

それからオークランドのAspire2と、Edenzが好調です。

この2校、この半年でとても良い感じで変わってきました。
両校とも学生数が250名を越え、日本人割合は10%程度、学費もお手軽ですので、中々にお勧めです。先週、両校の校内を見学した上で担当者さんとミーティングをしてきましたが、授業、学生サポート、裏方の書類とシステム関係、全てに好感を持ちました。

この2校はこれから必ず流行る学校ですので、弊社でも来年の推しになるかな、と思っています。ご紹介ページ、これから頑張って作っていきます。

それからネルソン・イングリッシュ・センター、これも今後の一押しです。

校舎が綺麗になり、ホームステイも徒歩圏内のホストが増え、気さくな校長先生がやる気満々で、アクティビティと授業レベルがここ数か月で一気に跳ね上がっています。

のんびりとした雰囲気の中でしっかりと英語を学び、またネルソン近郊の観光地で旅行も楽しむという王道パターン、これから確実に人気になります。
エイベルタスマンで野生のアザラシに出会い、美しい星空を堪能するニュージーランドらしい留学、弊社でも推して行こうかと思っています。

と、そんなこんなで2018年度の方針がようやく決まって10月のスタート、後半も頑張っていきます!です!

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More