ちょいちょい更新、ヒトコト日記

2018-09-28

為替を確認してみます。

さて久しぶりに海外送金とクレジットカードのお支払い、比較しています。以下、ご確認下さい。

■ ゆうちょ銀行からの海外送金 / 5000ドルの送金の場合

為替レート更新日時 2018年09月28日 9:57

5025ドル (5000ドル+受取側手数料25ドル)

送金手数料 750円
中継銀行手数料 1000円

為替レート 77.14円

合計 389379円

もしも楽天銀行で口座をお持ちであれば、上記が合計になります。
また、ゆうちょ銀行を御利用になる場合、為替レートはほぼ同一で送金手数料が5000円になりますので、ここに3250円をプラスして合計は392629円です。
(ゆうちょ銀行は口座を開けなくても送金出来るので便利です)

■ クレジットカード(Mastercard)でのお支払い / 5000ドルの送金の場合

5125ドル (学校のカード利用手数料 2.5%)

Bank Fee * (Mastercardの通常のショッピング手数料)
1.63%

1 NZD = 76.934197 JPY

合計 394287.76円

そしてショッピングのご利用に1%のポイントが付く場合、その1%をひいて390345円という事になります。

・・・という事で本日お支払い手続きをされた場合、「学校のカード決済手数料が2.5%」であっても「1%のポイントがつくクレジットカード」であれば、クレジットカード決済の方が2284円のお得という結果になりました。

2018-09-27

12月、01月のご出発は準備を始める時期になっています。

なんだか最近はワーホリビザの審査が混んでいるようで、健康診断から発給まで2~3週間掛かっているケースが多いようです。ただ、それでも早い方ですと数日で下りていたりもします。

なんかもう、一体どうなっているんでしょうね?色々と謎です。

・・・が、ま、いずれにせよ本年度中のご出発でワーホリをお考えであれば、すぐに動かなければなりません。
更に学校やホームステイも年末年始は混雑しますので、早急に手配を進めていきましょう。

「ああ、クリスマス時期ってホームステイが混むんだっけ?('-'*)」

そうなんですよ。年末年始は1年で一番、ホームステイが混み合うんです。ですから早目早目に動いていかないと、条件の良いホームステイを取れません。
なんだか焦らせてしまうインフォになってしまうのでアレなのですが、それでも先に動いた方が良いお宅を確保し易いんです。

「えー。でも具体的に何から始めればいいか、分からないよ・・・('-'*)」

その場合は弊社までお気軽にご相談頂ければ。最初はこれ、次にこれ、という風に、一つ一つの手続きと注意点を詳しくご紹介致します。

「・・・え、営業だっ!('-'*)」

営業です!
今日も元気いっぱいでお仕事をしております!留学のサザンクロス、ワーホリのサザンクロスを、今後ともご贔屓下さい!( ・ω・)ノ

うん。

そんなこんなで11月のご出発をお考えの方は勿論、12月のご出発をお考えの方も頑張っていきましょう。

「・・・で、01月の出発も、そろそろ動かなきゃいけないの?流石にこれは、ちょっと遠くない?('-'*)」

いや、実は12月中に出発する事で、来年度の住民税が免除になる可能性がありますので、01月のご出発をお考えの方もプランを再確認する必要があるんです。

「あー、なんか年末年始は出発時期によって、住民税が変わるらしいよね('-'*)」

そうなんですよ。
割と10万円単位の節税になったりもしますので、01月のご出発をお考えの方はこの点もチェックしておかないと、です。
そして状況が許すのであれば、12月のご出発にしておくのがベターです。

と。

と、そんなこんなで今日はゴリッゴリの営業日記になりましたが、留学のサザンクロス、ワーホリのサザンクロスを、今後とも宜しくお願い致します!

2018-09-26

慣れたらラックで豪快に。

日本人は敬遠する方も多いのですが、ニュージーランドと言えばラム肉です。とりあえず世界的に見ても高級品が簡単に手に入る環境ですので、ここでラム肉を食べなかったら一生食べないままになるのかな、なんても思います。

「でも、種類も多いし、料理の仕方も良く分からないから手が出ないんだよね・・・('-'*)」

それならば最初はチョップと呼ばれるアバラの部分を試してみると良いかと思います。
塩胡椒とバターと香草を振ってオーブンに入れ、出来上がりにバルサミコをかけるだけでフレンチな食卓になります。臭みも無く、柔らかいのでお勧めです。

もしくは既にソースがかかっているチョップも売っていますので、それを買ってきても良いかもしれません。
ただしミントソースは癖が強いので、最初はハニー系のソースをお勧めします。こちらはオーブンに入れて適当に焼くだけですので、料理で失敗する事はまずありません。

そんなこんなでニュージーランド名産のラムチョップ、滞在中に一度はチャレンジしてみましょう!

2018-09-25

普通に、大きな学校がお勧めです。

弊社でよく頂くリクエストに、
「小さくて、アットホームな学校に通いたい」
というのがありますが、【小さな学校】と【アットホームな学校】は似ているようで別の要素だったりしますので、少し考えてみる必要があります。

・・・で、まぁ、結論から言いますと【小さな学校】というのはメリットが薄くデメリットの方が大きいので、ここは素直に【大きくてアットホームな学校】で考えるのがベターという事になります。

「・・・具体的に、小さな学校のデメリットって何があるの?('-'*)」

例えば50~60名規模の学校ですとクラス数は4~5程度、クラスレベルは通常、

 英検4級レベル 1クラス
 英検3級レベル 2クラス
 英検2級レベル 1~2クラス
 英検1級レベル 0クラス

こんな感じになってきます。
・・・が、これですとクラスレベルが少な過ぎて最初の1か月は良いとしても、2か月目、3か月目の授業は物足りなくなってしまいます。

また小規模の学校は学生数が減ってクラスが統合するケースも多いので、授業難易度の逆進が頻発します。
つまり折角クラスレベルが上がっても翌週に下のクラスと統合 ⇒ 再び下位レベルの授業になってしまうわけですね。

またそもそも小さな学校 = 人気度の低い学校という側面もありますので、この点も注意が必要かな、と思います。
(ただし例外として、【ニュージーランド国内に2~3校のキャンパスを持つ大きな教育機関の小規模キャンパス】というのがあります。この場合は小規模学校であっても、少し扱いが変ってきます)

・・・というのを踏まえつつ【アットホーム】な部分ですが、これは学校の規模にはあまり関係ありません。

正直この点は学校の方針や立地によって決まる部分ですので、大規模でもアットホームな学校は沢山あります。そんなこんなでアットホームな学校をお考えの場合、弊社スタッフまでお気軽にご相談頂ければ、と思います。です。

2018-09-24

可愛かったです。

先週末、オークランド中心部の学校廻りをしていたんですが、その途中で何かのアート・イベントだかパフォーミングだか、花で埋め尽くされた車が停まっているのを見かけました。

これ、何の説明も無く、普通の駐車スペースに停まっていたのが面白かったです。ニュージーランドらしい、ちょっと微笑んでしまう系の素敵な展示スタイルだと思いました。

そんなこんなでオークランドにもようやく春が到来、これから良い時期が始まります!

2018-09-20

結果は勿論、悪化です。

昨日、外回りをしている時にふと気がついたんですが、えらい勢いで瞼の上あたりの皮膚がガサついてしまいまして。

「・・・ああ、これ、ビタミンが足りてない時のアレだなー (´Д`)
とりあえずクリーム塗って保湿しつつ、錠剤を飲むかなんかしないと駄目なんだよなー」

なぜだかは分からないのですが私、年に一度くらい、身体のどこかが冬場の皮膚みたいにガッサガサになるんです。手とか足とか瞼とか背中とか。
いや、さっさと手入れしてビタミンを摂れば治るんで、あまり気にはしていないんですが。。

で、ま、とにかく応急処置的に保湿クリームだけは買っておこうと近くのスーパーに行ったのですが、なんかこう、入り口の所でファンタの山積み特売をやっていまして。

・・・いや、最初はファンタだって気づかなかったんです。だってこう、カキ氷のブルーハワイみたいな、真っ青で毒々しい色をしてましたし。

「うわぁ、身体に悪そうな飲み物だなぁ・・・なんだこれ? ( ´Д`)」

手に取ってみると、ファンタ・ブルーベリーって書いてあるんです。でもどう見てもブルーハワイといいますか、トイレの置くだけ洗剤色といいますか、毒々しいオーラを放っているんです。

「・・・え?あれ?ちょっと待って (´Д` )
これ、本物のファンタなの?ブルーベリー味とか聞いた事ないし、そもそも完っ全に、ブルーレットの色なんだけど・・・」

少し考えてみたんですが、流石にファンタをパクる会社ってないだろうと。それならやはり本物だろうと。味も結構、美味しいのかもな、と。私、子供の頃はファンタが大好きでしたし。

・・・あと確かブルーベリーって目にいいって聞いた事がありますし、ガサガサしてるのは瞼の上あたりですし、目に近いっちゃ近いですから、まぁ、これ飲んだらもしかしてガサガサも治ったりするのかなー、的な考えにもなりまして。

「・・・そうだよ!見た目で判断したら駄目だよ!
ブルーベリー、いいじゃない!
真っ青だっていいじゃない!
ガサガサ、治るかもしれないじゃない!
やってみなきゃ分からないじゃない!
僕は自由だっ!自由なんだっ!!!
うぉおおおおおおおおおお!」

その時の私は保湿クリームを買う事も忘れ、松岡修造さんばりのテンションでファンタ・ブルーベリーの可能性を信じ、涙を流さんばかりの勢いで1.5リットルのファンタ・ブルーベリーを握り締め、レジへと直行したのでした。

でも、それがいけなかった。

それでは皆さま、また明日です・・・。

2018-09-19

BOTAN が結構、美味しいです。

ニュージーランドで売っているお米、基本としてはオーストラリア米かアメリカ米になるんですが、その中でもBOTANという商品が結構美味しいです。
流石に日本のお米にはかないませんが、それでもファミレスのお米くらいには炊けます。

「えー。ファミレス程度かー(´Д`)」

いやいや、最近のファミレスのご飯って割と美味しいですしね。海外でそのレベルまで行けば上出来です。少なくとも不満を感じるまでには至りません。

うん。

で、ま、とにかくニュージーランドで買えるお米の種類は結構多いんですが、その中でもお勧めがBOTAN、それからWonder Roseです。

ちなみに長年の研究の結果、固めならBOTAN、柔らかめならWonder Roseという結論になっています。
それから水は多めで炊かないと冷凍 ⇒ 解凍した際に厳しい、というのも分かっています。
また炊き込みならWonder Roseという意見については、賛否両論あったりします。

とにかく工夫次第でニュージーランドのお米も美味しく炊けますので、こちらに滞在中はあれこれと研究をしてみましょう。うん。

2018-09-12

あっかーん!

今日、シティを歩いていたら、眼鏡を取った宮川大輔さんに激似のおじさん(西洋人)に遭遇しました。
こないだはDAOKOさん似の方を見かけましたし、なんなんでしょう? 私、心のどこかで日本の芸能人に憧れがあったりするんでしょうか? 我ながらかなりの謎です・・・。

・・・というか、それはさておきこの宮川大輔さん、どうも以前にも見掛けたような気もするんですよね・・・。

いやでも、前に見てたら絶対に覚えていると思うんです。なんかもう、「一度見たら忘れないだろ!」ってレベルで似てましたし。

結果としてこれ、もしかしたらデジャブなのかもしれません。宮川大輔さんに似た西洋人とか、そうそう忘れるわけがありませんしね・・・というか、デジャブな気がしてきた。デジャブに間違いない。たぶんそうに違いない。

・・・ただ、そうなると私ってこれ、大丈夫なんでしょうか?

デジャブって抑圧された欲求がどうこう、っていうのを聞いた事があるんですけど、宮川大輔さんに激似の西洋人のデジャブって、どういう事なんでしょう?なんか恐ろしい意味とかありそうで怖いんですが。。

いや、我ながら疲れているんだな、と思う今日この頃です。はい。。

2018-09-10

すっかり忙しくしています。

皆様、お元気でしょうか。
私は今日も気が付けば夜になっている感じです。なんかもう、ここ最近は朝からずっとバタバタとする日が続いています。これはもう、とてもとてもありがたい事です。本当、皆々様のおかげです。とりあえず来月も再来月も来年も10年後も、こうやって忙しくしていたいものです。頑張ります!!

・・・で、そう言えば先日、親しくさせて頂いている、とある会社の日本人社長さんとお話をさせて頂いて・・・と言いますかまぁ、実際にはおっさん二人で酒を飲みながらクダを巻いただけなんですけど、それでまぁ、いつの通り最終的には「税金、高いよね!」って話になったんですね。

「せっかくニュージーランドまで来て会社を作って、ひーひー言いながら軌道に乗せて、なんとか潰れずに生き残ったかと思ったら、稼ぎをごっそりと取られちゃう!ひどい!(´Д`)」

まぁ、日本でもどこでも同じです。税金からは逃げられません。

・・・でもやっぱりこう、税金が高いって言ってるうちが華なんですよね。税金の悩みなんて暇になる事に比べたら、丸っきり大した事じゃないですし。

うん。

いやー、頑張って行かないと。今日も明日も明後日も、コツコツと一生懸命に、ですね。うん。

2018-09-05

it や that が難しいです。

個人的には英語の難しさって、【A River runs through it】のような文章だと思っています。
River が川だというのは分かります、runs も流れるって意味ですし、through も何かの下といった意味です。ここまでは分かります。

「じゃ、it は?('-'*)」

辞書には【それ】なんて書いてありますので、全部を繋げますと【それの下を川は流れる】になります。

「じゃ、itはここでは、【橋】って意味じゃないの?('-'*)」

それがそういう事でもなく、ネイティブは【もっと漠然とした何か】として、この it を考えているようです。

「じゃ、空気とか、お日様とか、そんな感じ?('-'*)」

それよりもこう、なんと言いますか概念的なふわっとしたものを、it で表現しているようです。

例えば似たような日本語表現に【川は流れ、橋は残った】というのがありますが、これを聞いた時に我々が連想する【永い時間や、感情や、特別な事柄】といったものと同じように、ネイティブは it を使っているイメージです。

「つまり、イディオムは大切、って事?('-'*)」

まぁ、直接的に言えばとそういう事になるかもしれません。
しかし慣れてくるとイディオムを初めて聞いた時に、ネイティブと近い感覚で成句のイメージが出来るそうです。そしてそこまで英語力が上がってくると、また一つ英語の勉強が楽しくなってくるのかな、と思います。

とりあえず先は長いですけれど、楽しみながらコツコツと勉強を頑張っていきましょう。うん。

2018-09-04

住居費が大変な事になっています。

ニュージーランドは現在、住宅バブルです。
例えばオークランド市内の3LDKですと、築30年の物件であっても5000万円では買えません。それなりの家だと6500万円、ちょっと小奇麗な家ならば7000万円を超えてきます。下手すると東京都内より高いんじゃないかと思います。

それを受けて当然、賃貸の家賃も信じられないくらいに高騰しています。

ざっくりとですがオークランド郊外の3LDKが500ドル/週くらい、ちょっと便利な場所だと600ドル/週を越えてきます。つまり典型的なファミリーは毎月、17~18万円の家賃を払っています。

「いや、家賃だけでそれは流石に大げさでしょ?('A`)」

家賃だけでこれですので、通信回線、電気、水道込みで、20万円/月は掛かります。どんなに安い所であっても、3部屋で15万円/月というのはありません。

「じゃ、それでどうやって生活するの?('-'*)」

若いカップルは6LDKなんかの大きな家の一階部分、1DK~2DKくらいのスペースを300~400ドル/週で借りるパターンが多いです。
また独身者は300ドルくらいの1Kに住むか、もしくは200ドルくらいのフラットで暮らしています。
そして大学生なんかは150ドルくらいのボロボロのフラットに住んでいます(築30年の5LDKに7人なんかで、ワイワイと楽しくやっています)。

・・・という事で子供が居るファミリーで週に500ドルというの、特に高くはありません。年間ですと26000ドル、月に直せば17万円、通信・電気・水道代込みで20万円というのが基本になります。

「オークランド、バブルなんですね・・・(;´Д`) 」

ニュージーランド人はそう思っていないんですが、90年代を知る日本人からしますと、そう見えます。

「でもそれで、やっていけるんですか?(´Д` )」

現在、ニュージーランドは最低賃金が税込み16.5ドルですから、なんとかやっていけてる感じです。
週40時間労働 ⇒ 年間ですと約2000時間、最低賃金でも手当てが付いて年収は3.5万ドル ⇒ 手取りが3.0万ドル近辺 ⇒ 共働きでギリギリでどうにか、って所ですね。

それでもやっぱり、ここらでそろそろ限界だと思います。
バブル、弾けるにしても緩やかであればいいんですけどね、本当に・・・。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More