安全な留学手続き

説明羊
  • 大筋としては、留学エージェントを利用する事で留学手続きや現地滞在の安全性が高まります
  • しかし同時に「エージェント選びこそが一番のリスク」という側面もあります
  • エージェント選びは「留学費用の持ち逃げや学校の倒産リスクへの対応」が最重要ポイントです
  • それをクリアーした会社の中から、騙しやゴリ押しの可能性が少ない会社を選びます
  • ちなみに弊社はリスク対応も完璧で、騙し・ゴリ押しの可能性もゼロです。すごいです(← 営業)

安全な手続きとエージェントの関係

そもそもエージェントを使うのってどうなの?

「ちょっと待って。そもそもなんで留学するのにエージェントなんて使うの? ビザ申請だって学校手続きだって自分で出来るし、簡単だよ」

これ、留学経験者の談としてよく目にするかと思います。

「僕は留学手続き、誰にも頼らず自分でやったよ」
「学校の申し込み書類くらい自分で読めるし、それこそが生きた勉強になるんじゃないかな」
現地で無料の学校見学も出来るんだし、向こうに行ってから考えればいいんじゃない?」

もちろんこれらは全て正しい意見です。またこの方々は実際にそう主張されるだけの体験をしてこられたのだと思います。
そして皆さん、純粋な親切心からアドバイスされているのだろうな、とも思います。本質的に優しい人達なのでしょう。

しかしエージェント視点からしますと、運が良かったんだろうな、という印象に変わります。

例えば申し込んだ授業コースや空港お迎えに設定ミスが無く、飛行機もきちんと到着し、到着直後の入院や怪我もなく、盗難にも遭わなかったんだろうな、と。ビザ申請や入国審査も、理不尽に揉める事などなかったのでしょう。

正直、記入した書類通りに予約が組み上がり、予定した通りに事が進むのなら、留学はとても簡単です。

実際にもしもトラブルが起きないのなら、出発準備は弊社サイトの基礎情報を読むだけで十分です。
つまるところ安全な留学手続きに必要なのは個々の体験談ではなく、それらデータの蓄積です。留学中は基本、トラブルが起こります。だからこそ【1000人単位のケースや経験を蓄積している留学エージェント】には価値がありますし、利用する意味も出てきます。

スタッフ羊

誤解を恐れずに書いてしまえば、エージェント業は保険業的な要素が強いのです。つまりエージェントが仕事をしないで済むのなら、その留学は基本的に成功しています。

仔猫さん

まぁ、それは分かる・・・というか、そもそも留学手続きが簡単なら、エージェントっていう職業が成立しないしね

スタッフ羊

まぁ、そうなんですよ。もしも留学手続きが簡単なら、英語学校は留学エージェントにキックバックなんかしないです。

仔猫さん

身も蓋も無い切り口と説得力(笑)

スタッフ羊

とりあえず英語学校の授業料にはエージェントへのキックバック分が含まれていますので、無料ならばエージェントを使わない理由はありません。
ただ、そのエージェント選びこそが最大のリスクになっている状況です。難しい所ですよね。

エージェント選びで確認すべきポイント

それでは先に結論ですが、以下の3点を守るだけで9割方、悪徳業者による被害を避けられます

有料の現地サポートが無い会社を選ぶ

有料サポートは巧妙な隠し料金になっている可能性があります。
有料の現地サポートが無いエージェントを選ぶ事で、現地でサポートを依頼した際に「ここから先は有料サービスです」と言われてしまうリスクを回避出来ます。この点は後述しますが「有料サポートがありつつ無料サポートも選べる会社」も要注意です

独自サービス(円送金や保険など)を扱っていない会社がベター
独自の両替や送金サービス、保険商品を扱わない

最近の主流は ⇒ 「無料サポート」という言葉で集客 ⇒ 航空チケット、両替、保険など独自サービスを取り扱い ⇒ 見えない所で上乗せするパターンです。

ですから「独自のオプション・サービス」があるかどうかは、エージェント選びで一番大切なポイントになります。自分で言うのもなんですが、エージェントの誠実さは独自のオプション・サービスの数を見ればすぐに分かります。

いずれにせよ独自サービスの数だけゴリ押しがありますので、ベストは一切のオプションが無いエージェントになります。留学は学校、航空チケット、保険、両替方法、また出発時期から荷造りまで、全て自由に選べるのが理想です。

「学校費用を学校に直接支払える」は必須です

これで避けられるのは、英語学校や留学エージェントの倒産や持ち逃げのトラブルです。
隠し料金や上乗せもひどいですが、持ち逃げや倒産トラブルに比べれば大した事はありません。持ち逃げや倒産があれば最悪、日本を出られません。

以上よりこれがエージェント選びで最重要ポイントです。他は無理でも、せめてここだけは100%でクリアーしておきましょう。

仔猫さん

え?それだけで学校の倒産リスクまで防げるの?

スタッフ羊

それだけじゃなく、エージェントの持ち逃げと倒産リスクも防げます。
何故ならニュージーランドの学校経営には特別な法律と枠組みがあって、留学生の学校費用は信託会社などが管理 ⇒ 学校は学生が卒業するまで段階的にしか費用を受け取れないんです。つまり学生が卒業するまで、学校は学費の全てに触れられない仕組みになっているんです。

仔猫さん

あー、それはすごい。それなら学校が潰れても、私のお金は守られそうだね。

スタッフ羊

そうなんです。ですからまともなエージェントは1社の例外もなく、この枠組みを利用して学生の留学費用を守っています。1社の例外もなく、です。

また逆に、どんなに誠実に見えたとしても自社の銀行口座に学費を送金させるようなエージェントは、ロジックとして「この枠組みを知らないくらいに無知」か、「知ってるけれど、顧客の留学資金の安全性より重要な事があると考えている」かのいずれかです。前者もキツイですが、後者も最悪です。

仔猫さん

じゃ、まずはそこから見ればいいんだね。

スタッフ羊

まぁ、そういう事になります。他の何より、ここが重要です。

仔猫さん

ちなみに、振込先をエージェントの銀行口座と学校の口座で選べる場合はどうなの?学校に送金すればセーフ?

スタッフ羊

逆にそこ、学生側に選ばせる意味ってあります?
またそこを乗り越えたとして、その先でそんな会社を信用出来ます?

とりあえず留学エージェントにせよ何にせよ詰めの甘さは命取りですし、何ごとも一事が万事です。基本がまともに出来てない会社は推して知るべし、って感じです。

ニュージーランド政府の枠組み

ニュージーランドの法律に沿って手続きを進めるのならば、たとえ英語学校が潰れようとも、留学エージェントが倒産しようとも、留学費用は完全に保全されます。また英語学校も留学エージェントも物理的に持ち逃げが出来ません。

以下、この枠組みのポイントをまとめましたので、ご確認下さい。

ニュージーランド政府の枠組み
  • 政府機関のNZQA(ニュージーランド資格庁)が、英語学校の経営及び財務状況を定期的に個別審査します
  • そして審査内容に【留学生の学費・生活費の管理】という項目があり、通学中の学生の留学費用が認可された第三機関に管理委託されているかどうかの確認があります
  • 具体的には公認会計事務所やパブリック・トラスト(Public Trust)などの政府に認可された信託会社が留学生の資金をストックし、学費やホームステイ代金を就学が進む毎に小出しで学校に渡している旨を確認します
  • そしてこの第三機関は英語学校に対する送金以外、ストック中の資金を動かせないよう規定されています
  • また第三機関は学生の同意書や退学証明書がなければ、たとえ学校長の要請であっても未使用分の資金を引き下ろせません
  • 以上の条件をクリアした学校にのみ、NZQAは英語学校に経営の認可を出しています
  • そして認可が下りた学校はNZQAの公式サイトに登録され、学校データが一般公開されています

流石に教育省主導で法令化しただけあって、良く出来ています。
そしてこのシステムを利用しているのならば、万が一英語学校が倒産しても全く問題ありません。未使用分の留学費用は第三機関により、いつでも安全に管理されています。

羊先生

改めまして、留学エージェントの中には留学費用の支払い先を英語学校とエージェントの2つから選べるケースもありますが、それでは不十分です。

これだけのシステムがあるというのに意図的にしろ、そうでないにしろ、顧客の資金損失リスクを軽視している時点で、その他のリスクまで気を配っているとは思えません

弊社が言うのもなんですが、留学業界は海千山千です。
一筋縄ではいかない「オトナ達」がウロウロしています。
そしてトラブルで被害を受けてしまうのは、いつだって学生側です。

どの業界でもそうだと思いますが、留学業界も詰めの甘さが命取りです。
「このページを読んでいたのに結局は被害にあってしまった」という事がないよう、十分にご注意下さい。

年々巧妙になる隠し料金

ものはついでですので隠し料金がどうやって作られているのか、ちょっと書いておきます。
・・・が、勿論これは特定の業者の話ではなく・・・まぁ大人の事情もありますし、とりあえずニュージーランド以外の国のお話&あくまで参考という事でご理解下さい。ニュージーランドにはこういった留学エージェント、いないものと信じています。

とにかく独自サービスをゴリ押すパターン
独自サービスをゴリ押すパターン

まず「両替」、「送金」、「航空チケット」、「海外旅行保険」、「エージェント主催のツアー旅行」は昔からの定番です。
ですから基本、この5つがあったらゴリ押し営業と隠し料金に注意です。

そしてここ数年は「エージェントが管理するホームステイ」、「エージェントによる空港送迎」も定番になりつつあります。ちなみに両方とも学校を通じて、安全に手配出来ます。

そしてこれらは値段の上乗せもさる事ながら、隠れリスクが怖い部分です。

例えば両替・送金関係は持ち逃げ被害も多いですし、独自ホームステイは政府の教育法に準拠していない可能性があります。また空港送迎は2種免許を持っていないドライバーがやっているかもしれません。

(ちなみに銀行から海外送金や学校が管理するホームステイや空港送迎は、法律でガッチガチに縛られていますので安全です)

それから最近のトレンドは「スマホの手続きやSIMカードの購入代行」、「ポケットWiFi手配サービス」あたりです。
これらも情報さえ知っていれば現地到着後に簡単に最安値で購入出来るのですが、エージェントから1年縛りの高額契約済のSIMカードを渡されて・・・というパターンが増えつつあります。また更にその派生の「現地のスマホをプレゼント!」なんかも要注意です。

現地でのサポート内容が曖昧になっているパターン

これは「無料サポート」や「カウンセリング無料」など、具体的な目的語の無い煽りが前面に出ているのが特徴です。

しかし約款をよく読むとこれらの「無料」は学校手続きや現地での幾つかのサポートに限定されていて(例えば契約済SIMカードの購入と銀行口座開設と両替のみ、もしくは最初の1か月のみなど)、緊急サポートや生活相談に関しては巧妙にスルーされていたりします。

更に現地到着後は相談の電話やメールをする度に数千円掛かるという、なにやらものすごい契約になっている会社もあったり無かったりです。

有料サポートがあるパターン
有料サポートがあるパターン

これはトラブルになるまで隠し料金を見抜けないパターンです。

具体的には「有料サポートを扱っていますが、別に使わなくても良いですよ」というスタンスで、「それなら無料サポートだけ受ければいいか」と思って契約してしまう方が多いのです。

・・・が、考えてみればこれはおかしな話しで、この状況で有料サポートを選ぶ人なんて居ません。この条件であれば有料サポートが必要かどうかは、現地で判断する方がベターですしね。

「言われてみればそうかもね。でも、じゃ、なんで有料サポートがあるの? ('-'*)」

もちろん全てがそうだとは言いませんが、現地でトラブルが発生した際に有料プランへの加入を強要してくるケースがあります

例えばパスポートを紛失 ⇒ 担当者に相談した際に、
「それは通常の生活サポートではなく緊急サポートの範囲ですね。助けが必要ならば今すぐ有料サポートに加入して下さい」
と言われてしまい、緊急事態なのでお金を払わざるを得ず・・・

・・・と、ここまで来ると尊敬の念すら覚えます。よく思いつくものですよね、すごいです。

羊先生

この派生で「10週以上のお申し込みならば、300ドルの有料サポートを無料!」といったパターンも出始めています。

・・・が、常識的に考えて本当に無料でサポートをする気があるのなら、そんな不自然で込み入った料金体系にする理由がありません。それなら「10週までは300ドル、それ以上は無料」とするのが普通です。

それをせずに「ベースはあくまで有料サポート」という立場を取る会社ですから、無料サービス獲得条件は細かくチェックしなければなりません。でないと万が一の際に「それは通常の生活サポートではなく・・・」とやられかねません。

結論として留学にしろなんにしろ、隠し事や嘘が無いのならば、料金体系は自然とシンプルになるものです。ですから不自然な有料プランや料金がある場合、「何故そうなっているのか?」を事前確認するのが鉄則です。

それできちんとした会社ならば納得のいく回答があるはずですし、もしも自社の料金設定すらまともに説明出来ないようならば、その程度の会社です。相手にする必要はありません。

ニュージーランド政府の枠組み、そもそもの契機は・・・

ニュージーランド政府が学校の資金管理に関する枠組みを作ったのは2009年、他でもない日本の最大手級留学エージェントが倒産した為です。

もともと当時から留学エージェントの持ち逃げや英語学校の倒産被害は頻繁にあり、業界内では問題視されていたのですが、ニュージーランド政府が本腰を入れて対応する事になったのは2008年09月末、全世界展開をしていた日本の最大手級の留学エージェント、「ゲートウェイ21」社の倒産があった為でした。

その被害はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、そして勿論ニュージーランドにも及び、ニュージーランド国内ではホームステイを追い出される学生や留学の中断を余儀なくされた学生が続出し、年が明けた2009年にはニュージーランド教育省、移民局、そして政府をも巻き込んだ社会問題にまで発展しました。

ニュージーランド政府の枠組み、そもそもの契機は

その結果ニュージーランド政府は学費やステイ代金を国費で肩代わりまでして日本人留学生を守り、更に前述の法律を作って状況に対応しました。
私は日本人としてこの点、今でもニュージーランド政府とニュージーランド人に深く感謝しています。

しかしそれでもなお、現在も「留学資金を預かった留学エージェントが夜逃げをする」といった被害は続いています。
その理由はとても簡単で、英語学校を特別法で縛れる教育省も一般企業である留学エージェントのキャッシュフローまでは縛れない為です。

エージェントの弊社が書くのもなんですが、留学エージェント選びはとてもとても難しいものです。

ですから現状で出来る事として最低限、留学生を守る為に政府が決めた取り組みを軽視する留学エージェントは選択肢から排除する必要があります。
そいった留学エージェントを選んで2008年と同じ被害に遭ったとしても、今度は誰も助けてくれません。

羊先生

この問題で注目すべきは、「ゲートウェイ21」が日本で沢山の広告を出し、何十年もの歴史があり、誰もが「たぶん大丈夫だろう」と思っていた、日本国内最大手のエージェントだった点です。
つまり一見安全そうに見える事柄も実際の安全性とは関係なかったという事実が、事態をより複雑にしています。

以上より弊社は「学校費用を学校に直接支払える」というのが、最低限で且つ最重要ポイントだと考えます。

ニュージーランド資格庁(NZQA)の登録データ参照方法

それでは最後に、留学先の学校がニュージーランド政府に認可されている学校かどうかを確認する方法のご説明です。

まずはNZQA(ニュージーランド資格庁)のサイトを開き、学校検索ページの【Search word *】から学校名を検索します。
例えば弊社取り扱い学校の【Unique New Zealand】を検索して【View details ≫ 】をクリックしますと、以下のページが開きます。

NZQA認定校であれば下記のように正式な学校名、住所、電話番号、ウェブサイトなどが表示されます。

次にNZQA登録ページの【Website】欄から学校の公式ホームページにジャンプします。

開いたサイトはNZQAの裏付けがありますので、偽サイトや詐欺サイトの可能性がありません。
そしてこの学校であれば、FAQの【How can I pay my fees?】欄から正確な銀行口座詳細なども得られます。つまりこの口座に送金するのであれば、留学資金は法により守られます。

羊先生

最後にもう一点、学校費用の「支払い人名義」が学生本人やご親族となっているのであれば問題ありませんが、学費を留学エージェントに支払った場合、学校にとっての支払い名義人は留学エージェントになりますので、返金の際に「誰に返金するのか?」でトラブルになり得ます
(それでも結局、返金先は支払い名義人になるのが一般的です)

この点からも「留学エージェント独自の返金規定がある」、「学費をエージェントにも支払える」といったケースには注意が必要です。

もう一度、結論です

以上より改めて、留学エージェントを選ぶ際の確認ポイントは以下になります。

  • 有料の現地サポートが無い
  • 独自の両替や送金サービス、保険商品を扱っていない
  • 学費を学校に直接支払う会計システムのみを採用している

この3点を真にクリアーしている留学エージェントであれば、留学手続きを安全に進められます。
留学エージェントを比較する際にはこの3点、必ずご確認下さい。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

ニュージーランド留学情報

ニュージーランド留学情報

Read More
ワーホリビザ申請

ワーホリビザ申請

Read More
学生ビザ申請

学生ビザ申請

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More