ニュージーランド航空の公式サイトから航空チケットを購入する方法

ニュージーランド航空の公式サイトから航空チケットを購入する方法

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する際の流れと注意点

まずは上記のリンクから公式サイトを開き、出発地と目的地、出発日などを記入します。
片道チケットの場合は下記のように「片道」を選びます。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する01

以下のように検索結果が表示されますので、値段や所要時間をチェックしていきます。
また出発予定日の前後に安いチケットが出ていないかも、忘れずに確認します。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する03

往復の場合は、こんな表示になります。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する04

チケットの値段部分を選択すると、以下ように表示が変わります。
地方発の場合はフライト数と乗り継ぎ空港、乗り継ぎ時間を確認します。乗り継ぎ空港は成田や関空ではなく、台湾やオーストラリアの空港になっていることもあります。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する05

乗り継ぎが悪い便があります!

地方空港発のチケットには、【地方空港 ⇒ 大阪(伊丹)】+【大阪(関西) ⇒ オークランド】といったチケットが混じっています。つまり日本国内の「到着空港」と「出発空港」が違っているのです。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する06

たとえば上記の航空券を買ってしまった場合、伊丹空港から関西空港まで自費で移動しなければなりません。また同様に羽田空港から成田空港に移動しなければならない便も検索に出てきます。

羽田空港から成田空港までの移動はバスや電車でざっくり4000円、2~3時間は掛かります。伊丹から関空までも1500円前後、1時間半~2時間程度掛かります。

ですからもしも上記のような乗り換えアラートが出た場合、別の乗り継ぎの良い他のチケットを探します。

ホントだ。よく見たら割と自費移動ルートが混じってるし、値段の高い安いにも関係ないみたいだね。

そうなんですよ。
しかも乗り換え時間が3時間しかないなど、ちょっと無理目なチケットもあったりします。

これならむしろNZ航空では成田 / 関空発のチケットだけを買って、成田 / 関空まではLCCで行った方が良さそうだね。

乗り継ぎの良い便が出てこない場合、それがベターです。乗り継ぎの良さは、やはり重要なポイントです。

以上を踏まえて自費移動の有無をチェックした上でページ上部の【詳細】をクリック ⇒ さらに詳しい内容を確認します。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する07

改めて、乗り継ぎがある場合は到着空港と出発空港を確認します。
また同じ空港で乗り継ぐ場合でも、乗り継ぎ時間がどれだけあるかを確認します。基本的には乗り継ぎ時間、最低でも2時間は欲しい所です

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する08

それ以降の手続きは、特に難しくありません。
【お客様情報入力】に氏名や連絡先を記入し、座席を選び、クレジットカードでお支払いを済ませます。

ただし一点、氏名は必ずパスポートと同じ表記で記入します

例えば同じサイトウでも「SAITO」、「SAITOU」、「SAITOH」などがありますので、ご注意下さい。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する09

航空券を購入後、登録したメールアドレスに【eチケット】が届きます。

ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する10

【1】の6文字が「予約番号(Booking Ref)」で、ニュージーランド航空はこの番号で予約を管理しています。スマホで写メを撮っておくなどで、メモを残しておきましょう

また念の為に【2】のお名前がパスポートと同じ表記である旨、最終確認します。

その後このeチケットを印刷すれば全ての手続きが完了、印刷したeチケットが正規の航空券です。ご購入手続き、お疲れさまでした!

チケット購入後の注意点

発券された航空チケットは、A4紙に印刷します

eチケットは2通印刷して1通はパスポートと一緒に保管、もう1通はご実家に残しておきます。
ちなみに印刷はコンビニ印刷が便利です。

出発日の空港での手続きについて

出発当日はニュージーランド航空のカウンターにて印刷したeチケットを提示 ⇒ その場で搭乗券が発行され、その搭乗券で飛行機に乗れます。

また国内線は出発時刻の1時間半前、国際線は2時間半前までに空港に到着しておけますとベストです。

空港に到着した後は案内係さんにニュージーランド航空のカウンターの位置を聞き、搭乗手続きを済ませます。

空港への荷物の先送りが便利です

空港への荷物の先送りが便利です

重い荷物を、2500~3000円で空港に先送りできます!

具体的には「出発の前々日などに、佐川急便などの宅配業者さんが自宅までスーツケースを引き取りにきます」 ⇒ 「出発日、成田空港や関西国際空港内にある宅配業者さんのデスクで、スーツケースを受け取り」 ⇒ 「空港の専用カートで数分のラクラク移動」 ⇒ 「ニュージーランド航空のデスクに預け入れ」という流れです。とても便利で、嬉しいサービスです。

特に「地方空港発でLCCをご利用の場合」は積極的な利用をおすすめします。それで荷物の追加料金もおさえられますし、当日はセカンドバッグのみで移動できます。その他、小柄な女性にもおすすめです。

まとめ:ニュージーランド航空の公式サイトでチケットを購入する際の流れと注意点

ニュージーランド航空の公式サイトでの購入ですので、やはり安心感があります。

発券ミスや登録漏れもありませんし、欠航や機材トラブルの際には旅行代理店を挟むことなく、NZ航空に直接コンタクトを取れるのも利点です。

ちなみにNZ航空はオンライン価格保証をしていて、日本地区公式サイトで販売される運賃の価格を保証しています。つまり旅行代理店で購入するよりも上記の流れで購入した方が安いのです
以上よりニュージーランド航空を利用する場合、上記の流れで公式サイトから購入するのがベストです。

その他、航空チケットの内容や機内食、サービス、購入手続きで分からないことがある場合は、以下の日本語サポートセンターにお問い合わせください。

以上、ニュージーランド航空の公式サイトで航空チケットを購入する方法のご紹介でした。このページを利用して、最安値でベストなチケットをご購入ください。

タイトルとURLをコピーしました