バッグ、スーツケースの選び方

飛行機の搭乗ルールを確認します

バッグ、スーツケースの選び方

バッグを購入する際に気をつけなければならないのが各航空会社のルールです。どの航空会社でも荷物に関する決まりがありますので、それに合致したバッグを選ぶ必要があります。

そしてまず第一の大きなバッグは飛行機の預け入れ荷物、基本的にはスーツケースかバックパックで考えます
ちなみにこれは大抵の航空会社で「縦・横・高さの3辺の合計が158cm以下」と規定されています。

そして第二のバッグは機内に持ち込める、縦・横・高さの3辺の合計が115cm以下のバッグです。大きさのイメージとしては、大学生が持っているデイパック程度です。

飛行機でのご渡航は基本、上記の2つのバッグを準備する事になります。

そしてそれぞれの重量制限は【第一のバッグ = 航空会社のカウンターで預ける荷物】が20~30kg程度、【第二のバッグ = 機内に持ち込む手荷物】が7~10kg程度となっています。

つまりスーツケース(or バックパック)が1つ、機内持ち込みバッグが1つ、合計で30~40kg程度の荷物を積み込める事になります。
ただしこの規定は航空会社やチケットのグレードによって変わりますので、詳細は航空会社の公式サイトをご確認下さい。

羊先生

参考として、例えばニュージーランド航空の預け入れ荷物は23kgまで、1個です(エコノミー・チケットの場合)。
そしてこれがタイ航空ですと20kgを1個、カンタスですと合計30kgで個数制限無しとなっています。

バッグの選び方

基本としてはスーツケースがベターです

まずは大きなバッグについて、スーツケースとバックパックで迷う所ですが、基本的にはスーツケースがベターです

なんだかんだでパッと開けて全てを取り出せるのは便利ですし、ホームステイ先やフラットでは衣装箱としても使えます。
またケースには鍵が付いていますので、貴重品の管理にも一定の安心感があります。

ただし2~3か月のニュージーランド国内旅行に出る場合、バックパックも選択肢に入ります。
やはり「背負える」というのは大きなポイント、道路の状態を選ばずに歩ける点と両手が空くのは便利です。

羊先生

ニュージーランド国内を旅行中、YHAやバックパッカーズの相部屋を利用する場合はバックに鍵をかけ、更にバック自体にチェーン・ロックを付けてベッドの足に繋ぐのが一般的です。

ちなみにチェーン・ロックは重いので、ニュージーランド国内で購入しても良いかと思います。
The Warehouseなどの量販店で、自転車用のロックが20ドル程度で売っています。

スーツケースの選び方

飛行機の預け入れ荷物は飛行機会社の規定に合わせ、出来るだけ大きなバッグを選びます。
また大抵の規定は縦・横・高さの3辺の合計が158cm以下となっていますので、これをクリアーしていれば基本、問題ありません。

また購入時の表記サイズはMLサイズ(メーカーによってはLサイズ、LMサイズという表記になります)、70~90リットルで探します。重さは4~6kg程度です。

それからスーツケースにはファスナータイプとフレームタイプがありますが、セキュリティ面を考えますとフレームタイプがベターです。フレームタイプであればナイフやドライバーなどによる盗難被害を防げます。

  • 外寸:72.5×49.5×33.5
  • 重量:6.2kg
  • 容量:77L
  • 外寸:75.5×51×28
  • 重量:5.6kg
  • 容量:83L
  • 外寸:75×50.5×31
  • 重量:5.8kg
  • 容量:90L
仔猫さん

ニュージーランド航空の預け入れ荷物は23㎏だから、6kgのスーツケースを買うと入る私物は17㎏がMAXって事だね。

スタッフ羊

その通りです。なんだかんだで、あまり多くは運べません。
ですから荷物が多くなった場合は無理をせず、現地到着後にご家族に荷物を送って貰うのがベターです。

仔猫さん

まぁ、23㎏だって相当な重さだしね。
とりあえず現地の空港はお迎えスタッフが来ているからいいとして、日本の空港まで行けるかが不安だよ。

スタッフ羊

キャスターが付いていれば基本、小柄な女性でも大きなスーツケースで問題ありません
また成田なり関空までは事前に荷物を送れます。2500~3000円くらい掛かりますが、かなり便利なサービスですよ。

バックパックの選び方

50リットルのバックパックに荷物を詰めますとざっくり、15kg程度になります。
そしてここにセカンドバックを合わせますと全体で20kg程度 ⇒ その状態で何キロも歩くわけではありませんが、それでもその辺りが「小柄な女性が担いで歩ける」の目安になります。

以上より女性は50~60リットル程度のバックパックがメインになります
移動時は背中にバックパック、前にセカンドバックを背負って、全体で20~25kgまで持ち運べます。

そして男性は80リットル程度のバックパックを購入して、余裕を持たせるのが基本です。
80リットルあればセカンドバックをメインバッグに入れて一つに出来ますし、全体で30㎏オーバーの荷物も作れます。またベルトを締めれば、15㎏程度の小さなパックも作れます。

  • 外寸:61×37×21
  • 重量:1.0kg
  • 容量:60L
  • 外寸:70×30×22
  • 重量:2.2kg
  • 容量:80L
  • 外寸:80×38×25
  • 重量:1.9kg
  • 容量:80L

セカンドバッグの選び方

そして最後に機内持ち込み用のセカンドバッグ、これは通学にも使いますので、使い易さ重視で選びます。
とりあえず空港での手続きを考えますと両手が空くもの、結論として10~20リットル程度のリュックタイプがお勧めです。

  • 外寸:27×40×17
  • 重量:650g
  • 容量:18L
  • 外寸:32×40×15
  • 重量:318g
  • 容量:18L
  • 外寸:30×47×14
  • 重量:650g
  • 容量:20L

通学用はこの大きさで十分ですが、その他に布製のトートバッグが1枚あると便利です。
週末にビーチに出る、ちょっとした買い物に、図書館に本を返す際など、使えるシーンが沢山あります。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More