ニュージーランドへの資金の持ち込み

説明羊
  • 現金はセキュリティに絶対にNGです
  • セキュリティ面、為替レート、ともにベストはクレジットカードです
  • 結果、一番良いのは「クレジットカードを2枚用意する」です
  • それ以外の方法はセキュリティ面、もしくは為替面で劣ります

クレカ2枚持ちが最強です

現金の持ち込みは紛失時の被害が最大ですので、まずNGです。
その上で手数料や為替レートを考慮しますと、ニュージーランドへの資金持ち込み方法は「クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能を利用する」、「その他のカードを使う」、もしくは「ご家族に海外送金して貰う」などになります。

そして結論として、ニュージーランドには【クレジットカードを複数枚】と【日本円の現金を2万円程度】お持ちになるのがベストです
またクレジットカードをお持ちでない場合は「海外送金」と「NEO MONEY カード」で対応します。

・・・と、これで結論なのですが、その詳細を一つずつご紹介していきます。ざっとご確認おき下さい。

現金の持ち込みは危険です

現金の持ち込みは絶対にNGです

まず第一に日本円、もしくはドルの現金持ち込みは絶対にNGです。
空港や飛行機内には旅行者を専門にしている窃盗団がいますし、紛失の可能性もありますので、「失くしたら終わり」の現金は選択肢から外れます。

また現金はカードに比べ、為替レートが相当に不利です。
以上より現金の持ち込みは「ハイリスク・ローリターン」で、良い所が一つもない状況です

羊先生

成田空港などでニュージーランド・ドルの現金に換金出来ますが、為替レートは同日同時刻のニュージーランドの市中銀行に比べて5~8%程度割高です。

ニュージーランド・ドルは現地空港のATMですぐに引き下ろせますので、「当座の現金として2~3万円」というのも用意する必要がありません。

資金の持ち込み方法ごとの比較

現金以外の資金の持ち込み方法としては、以下の4つが選択肢になります。

  • クレジット・カード(ショッピング機能の利用)
  • クレジット・カード(キャッシング機能の利用)
  • 日本のご家族から、海外送金をして貰う
  • 現金を換金する

ただしこれらをググってみても皆が違う事を言っていますので、結局は何が正しいのかが分からないだろうと思います。
ですから以下、まずは情報ソースです。ある意味、これで結論です。

仔猫さん

いや、まぁ、確かにこれで全部調べられるけど。
それで結局、どれが一番安いの?

スタッフ羊

あくまで参考ですが、2019年05月某日に50万円を両替した場合、「クレカのショッピングは6823ドル」、「クレカのキャッシングは6809ドル」、「楽天から海外送金は6755ドル」、「NZの銀行は6542ドル」、「日本の銀行は6209ドル」でした。

仔猫さん

OK、それが聞きたかった!

スタッフ羊

ちなみにMastercardの基礎レートが1NZD = 72.014275JPY、ショッピング利用のBank Feeが1.63%、またキャッシングの利息は年利18%を30日で日割り ⇒ 50万円ですから7395円、そして海外ATM利用手数料を5万円が10回で2160円としています。
そして楽天銀行の為替レートは73.8円、ASB銀行は76.4258円、三菱UFJ銀行は80.5円でした。

仔猫さん

あ、うん。そこはよく分からないけど、そういう風になってるんだね。
とりあえずカードがお得だっていうのは、よく分かったよ。

スタッフ羊

また上記を踏まえつつ、更に楽天カードのショッピングには1%のポイントが付きますので、クレカのショッピングは最強です。

仔猫さん

あっ!そうだポイント!そこ忘れてた!
そしたら結果、クレカのショッピングって実質6891ドルとかになるって事?すごくない?!

スタッフ羊

そうなんですよ。
ですからスーパーやレストランなどでは少額であっても積極的に日本のクレジットカードでお支払い&現金も現地の銀行ATMでキャッシングで作るのが正解です。

換金方法 2019年05月某日に50万円を換金した際のNZドル
楽天カードのショッピング 6891ドル(6823ドル + ポイント68ドル)
楽天カードのキャッシング 6809ドル
楽天銀行の海外送金 6755ドル
ASB銀行で現金を換金 6542ドル
三菱UFJ銀行で現金を換金 6209ドル

各種両替方法の注意点

上記の通り、結論としては「為替レートはクレカ最強 & 紛失しても困らないように2枚持っておく」なのですが、それでも念の為によく頂くご質問や注意点を書きましたので、ざっと目を通してみて下さい。

クレジットカードの利用

クレジットカードの利用

スーパーやレストランなど、使えるシーンでは積極的に日本のクレジットカードを利用 ⇒ 現金も現地銀行のATMでキャッシングするのが為替レート的なベストです。

また利用上限は50万円、キャッシング枠が20万円以上あるのなら、それでOKです。
それをメインカードにしてお財布で管理、もう一枚はスーツケースで管理します。盗難・紛失対策ですね。

ちなみに海外キャッシングの手数料はATM利用回数で計算されますので、キャッシングは1度に1000ドル程度を目安にして、出来る限りATM利用回数を減らします。

羊先生

カードの利用上限とキャッシング枠は、サポートセンターに相談すると増える事が多いです。
これからニュージーランドに行く旨を伝え、「利用枠は合計で50万円、キャッシング枠は20万円」くらい作れますと完ぺきです。

また学生カードで枠が増えなかった場合などは他のクレジットカード会社で新規カードを作る、もしくは後述のNEO MONEY カードを作って対応します。

海外送金

海外送金

銀行からの海外送金は特別な法に守られていますので、これよりも安全で確実な資金持ち込み方法がありません。
また為替レートもそこまで悪くありませんので、もしもクレジットカードをお持ちでない場合は海外送金をメインで考えます。

ただし海外送金は日本で手続きをしてから入金まで1週間程度掛かりますので、「緊急時に即対応」が難しい方法でもあります。

また現在、どの銀行でも窓口からの海外送金は細かな内容を訊かれるケースが多いです

それで随分と手間と時間を取られますので、基本的には事前にマイナンバーの登録 ⇒ オンラインで送金出来るように設定しておくのがベターです。

銀行 手数料 コメント
ゆうちょ銀行 2000円 口座開設必須、オンラインでそこそこ簡単送金。更に最悪、窓口からも送金可能。
新生銀行 2000円 スマホからの事前登録のみ、口座開設はしなくてOK。オンラインで簡単送金。
楽天銀行 1750円 口座開設必須、スマホで開設可能、オンラインで簡単送金。
羊先生

銀行からの送金は選択肢があり過ぎて難しい所ではありますが、それでも条件的には新生銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行のオンライン送金が順当な所かと思います。
ただし現在ご利用の銀行で海外送金が出来るのならば、それがベストです。まずは一度、ご利用中の銀行にご相談になると良いかと思います。

ちなみに現在、海外送金にはマイナンバーカードの提示・登録が必要です

これとマイナンバーカードの取得、口座開設、海外送金のオンライン設定、全てを順当に進めても5~6週は掛かりますので、先々に手続きを進めておきましょう。

チャージ式のトラベルカード

チャージ式のトラベルカード

日本でチャージした金額を現地のATMで引き出せるトラベルカードも、選択肢の一つです。具体的にはNEO MONEY カードなどになります。

こちらはクレジットカードと違ってカード発行審査が無く、未成年の方でもカードを作れます。またお申込みから発行まで1週間掛程度というのも大きな魅力です。

また現地ではVISAカードと同じようにATMでのキャッシングが出来、更にチャージした分しか下ろせませんので、リスクを最小限に抑えられます。

ただし為替レートは4%増しですので、「頼りになるおさえ」という位置づけになるかと思います。

弊社ではお勧めしない、資金の持ち込み/管理方法

現金の持ち込み

盗難 / 紛失で即詰んでしまいますので、NGです。
それでも2~3万円はヘソクリでお持ちになるのをお勧めします。いざとなれば市中銀行で簡単に両替出来ますし、ニュージーランドから帰国した際に日本の空港からご自宅までの移動費として使えます。

円送金サービス

一部の旅行代理店や留学エージェントで断っても断ってもゴリッゴリにお勧めして貰える両替方法で、国際金融業者や為替ブローカーを介して両替する方法です。ちなみに業者やブローカーはニュージーランド籍ですらないケースがほとんどですので、万が一の際は中国なりロシアなり東南アジアなりでの裁判になりそうです。

円送金サービスは厳しいですよ

いずれにせよこの円送金、実際に為替レートはクレジットカード利用時より有利なケースもありますが、それでもご利用にあたっては大本となる金融業者を把握し、その会社が信頼に足るかどうかを見極め、更にその取次店である留学エージェントを信用した上で、大金を預けなければなりません。

しかしながら通常、どこかの国の名前を聞いた事も無い金融業者の内情など誰にも分かりません
またリーマンショック時の混乱や破産していったブローカー群に鑑みますと、そもそも安全なブローカーや金融業者など無いのかもしれません。

いずれにせよ円送金は高難易度の両替手段です。
金融ブローカーの倒産リスクは勿論、悪徳仲介業者による持ち逃げや瞞着、取次店である旅行代理店や留学エージェントの倒産リスクや背任行為の可能性も考慮しなければなりません・・・いや、まぁ、考慮したところで出来る事など何も無さそうですが。

そんなわけでこの方法の安全なご利用には高度な金融知識と深い国際法の造詣が必要であり、またそれらをお持ちでない場合は勝負師の勘やら運なんかが、万が一の際の明暗を分ける事になりそうです。

国際キャッシュカード

まず第一に、国際キャッシュカードは手数料無料と宣伝されている事も多いですが、実際にはクレジットカードの基本為替レートに3%程度の上乗せがあります。つまり「手数料は為替レートに含まれている」というのが正確な所です。約款や説明、よく読んでみて下さい。

国際キャッシュカードは日本に置いておきましょう

またそもそも国際キャッシュカードは暗証番号とカードがあれば預金の全額に直接アクセス出来ますので、盗難やスキミング被害にあった際には、日本の銀行の預金額を全て下ろされてしまう危険性があります

つまる所、カード窃盗団から見れば国際キャッシュカードは全財産を持ち歩いているのと同じです。盗まれた際の被害はMAXレベル、最悪、日本帰国後の生活資金まで根こそぎ盗られてしまいます。

・・・という事で国際キャッシュカードにはこれといったメリットが見当たりません・・・というより個人的にはむしろ海外には持ち出さない方が良いかと思うのですが、どうでしょう?

仔猫さん

でも不正利用被害にあっても、補償があるから大丈夫じゃない?

スタッフ羊

確かに利用者側に過失が無ければ、補償をする銀行が多いと思います。この点は何が過失で、何が過失ではないのか、約款をよくご確認下さい。

また国際キャッシュカードはクレカと違い、被害 = 口座からお金が消えているのが大きな問題です。更にトラブル発生 ⇒ 補償まで2~3か月掛かるのが普通ですので、最悪、一時帰国となるケースも出てきます。

仔猫さん

なるほどね。

スタッフ羊

いずれにせよ為替面も運用面もクレカがベターですし、積極的に国際キャッシュカードを使う理由がありません。またクレカを作れない場合は【チャージ式】のNEO MONEY カードを作っておく方が安全です。

出発前にANZ銀行の口座を開設する

出発前に9000円でANZ銀行の口座を開設出来ますが、最低申し込み金額は100万円です。ちょっと手が出ませんよね・・・。

ちなみに現地支店では無料で口座を作れますし、最低申し込み金額も特にありません。
またニュージーランドの銀行は16:30まで営業していますので、授業を休まずに手続き出来ます。

とりあえず弊社でも現地での口座開設方法をインフォしていますし、学校のカウンセラーさんからのヘルプもありますので、口座はニュージーランド到着後に開設する流れでお考え下さい。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More