ニュージーランドでのWiFi、インターネット接続

説明羊
  • 無料WiFi(ホットスポット)は多くありません
  • それでも学校や図書館では無料WiFiを提供しています
  • ホームステイもWiFiがあったり無かったりです
  • 利用に10ドル/週程度の料金が掛かるステイ先も多いです
  • ポケットWiFiを使っている人は、100人に1人居ません

ニュージーランドでWiFiを利用する

無料WiFi(ホットスポット) からのインターネット接続

日本ではコンビニや駅構内などにある無料の無線LAN(WiFiスポット)ですが、ニュージーランドではほとんど普及していません。

それでも図書館や空港などには無料の公衆WiFiが設置されていますし、またレストランやカフェやファストフード店でも無料、もしくは商品購入時にパスワードを貰ってインターネットに接続出来る状況です。

以上より基本として公衆WiFiは「使えたらラッキー」程度に考えておくと間違いないのですが、それでも探してみますと隠れスポットがあったりもします。

そして次に学校ですが、基本、どの学校も無料のWiFi(無線LAN)を設置しています
ですから学校備え付けのパソコン、もしくは日本からお持ちになったスマートフォンやタブレットを使い、日本語のLineやメール、スカイプなどを自由に使えます。

そして最後にホームステイでのネット接続ですが、ニュージーランドのホームステイ先でWiFiを使えるケースは多くありません
またホームステイ先によっては10ドル/週程度の追加料金でWiFiを徴収する事がありますが、その場合でもLine、メール、ブログの閲覧などのみで、ビデオ通話やyoutube視聴などは禁止されるケースが多いです。

羊先生

フラット(シェアハウス)は千差万別です

WiFiを入れているフラット、入れていないフラットがあります。
また使用料金が家賃に含まれているパターン、含まれていないパターン、使い放題なのか従量制なのかなどの条件もありますので、フラットを決める際には事前に詳細を確認する必要があります。

ちなみに一般的な家庭用ADSL接続、1か月の使い放題プランが100ドル程度です。
ですから例えば3人でフラットをシェアする場合、モデム代金や初期費用、オーナーの契約責任、また部屋に空きが出る可能性などを考慮して、一人当たり40~50ドル/月の上乗せが順当な相場になります。

スマートフォンから3G、LTE回線で接続する

SIMロックを解除した日本のスマートフォン、もしくはニュージーランドで購入したスマートフォンであれば、日本と同じように電話回線を利用したデータ通信が可能です。

ただしニュージーランドにはパケ放題のようなサービスはなく、毎月のデータ通信量が低めに設定されていますので、Lineやメール、ブログの閲覧などがメインになります

とりあえずの目安として20ドル/月で1GB程度まで使えますので、Lineの文字トークや音声通話、メールチェック、ブログの閲覧程度で使うのであれば、特に不都合は無いかと思います。
ちなみにVodafone NZであれば、毎月16ドルのプランで1.25GBまでデータ通信を利用出来ます。

仔猫さん

・・・結局は、「あんまりネットを利用しない」って生活になるのかな?

スタッフ羊

まぁ、そうですね。
基本は学校で動画を観たりサイトを見たりで、スマホからは通学中にニュースを見たりLineをチェックする程度です。あとはホームステイにWiFiがあればラッキー、って感じですね。

仔猫さん

そこは学校にリクエスト出来るの?

スタッフ羊

とりあえず10ドル/週程度の徴収があるかもしれない点を受け入れつつ、無制限にWiFi利用出来る所を探して貰うようリクエストを出せます・・・が、それでも絶対に通るわけではありません。

喫煙状況やアレルギー、ペットの有無など他の条件との兼ね合いもありますが、「単体のリクエスト」としては6~7割は通るかな、といった所です。

ポケットWiFiを利用したインターネット接続

携帯電話回線専用デバイス(携帯モデム)とSIMを40~100ドル程度で購入し、別口でデータ通信量を購入します。
データは5GBで80ドル、足りなくなったらその都度チャージします。

羊先生

ポケットWiFiを利用されるのは留学生、ワーキングホリデー・メイカー全体の0.5%くらいです。
というのも、これを使うくらいならスマホのプリペイドプランで4GBを選択して40ドル/月 ⇒ そのスマホでテザリング ⇒ データが足りなくなったら追加で1GBを20ドルで買っていく方がベターだったりするからです。

ですから基本、ポケットWiFiは選択肢から外れます。

ポケットWiFi、スティック型デバイス
ポケットWiFi、データ量の購入
仔猫さん

じゃ、例えば毎月50GBくらい使いたい場合は、どうしたらいいの?

スタッフ羊

いやー、それならもう、使い放題OKのホームステイかフラットに行くしか無いですね。
とりあえずスマホやポケットWiFiでなんとかなるのは5GB/月くらいまで、それ以上は無制限でWiFiを使える環境を作るのが基本です。

仔猫さん

だよねぇ。

スタッフ羊

まぁ、まずは4週間のホームステイでWiFi無制限利用のリクエストを出してみて、当たりを引けたら現地到着後すぐにステイ期間を延長 ⇒ 引けなかったら200ドルくらい使ってスマホとポケットWiFiで15GBくらいを確保 ⇒ 5週目までにWiFiを無制限で利用出来るフラットに移るのが良さそうです。

インターネットカフェからのWiFi接続

英語学校と同じように、備え付けのパソコンで日本語の読み書きが可能です。
もちろんWiFiにも接続可能ですのでご自身のスマホやタブレットを使い、スカイプや動画の視聴も楽しめます。値段は3~5ドル/1時間が目安です。

羊先生

以上より就学中は学校の無料WiFiをメインで使い、学校卒業後はWiFiがあるフラットに移るのが一般的です。

その上でスマートフォンは【20ドル/月 - 1GB】といったプランに加入して、携帯電話回線を利用したデータ通信はLineやメールチェック程度に留めるイメージです。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More