バッグ、スーツケースの選び方

バッグ、スーツケースの選び方

荷物に関する、飛行機の搭乗ルールを確認します

バッグを購入する際に気をつけなければならないのが各航空会社のルールです。どの航空会社でも荷物に関する決まりがありますので、それに合致したバッグを選ぶ必要があります。

そしてまず第一の大きなバッグは飛行機の預け入れ荷物、基本的にはスーツケースかバックパックで考えます。
ちなみにこれは大抵の航空会社で「縦・横・高さの3辺の合計が158cm以下」と規定されています。

そして第二のバッグは機内に持ち込める、縦・横・高さの3辺の合計が115cm以下の機内持ち込みバッグです。大きさのイメージとしては、大学生が持っているデイパック程度です。

航空会社によって微妙な違いがありますので、この点はしっかりとご確認ください。

飛行機でのご渡航は基本、上記の2つのバッグを準備する事になります。

飛行機に積める荷物の重さ

そしてそれぞれの重量制限は【第一のバッグ = 航空会社のカウンターで預ける荷物】が20~30kg程度、【第二のバッグ = 機内に持ち込む手荷物】が7~10kg程度となっています。

つまりスーツケース(or バックパック)が1つ、機内持ち込みバッグが1つ、合計で30~40kg程度の荷物を積み込める事になります。
ただしこの規定は航空会社やチケットのグレードによって変わりますので、詳細は航空会社の公式サイトをご確認下さい。

参考として、例えばニュージーランド航空の預け入れ荷物は23kgまで、1個です(エコノミー・チケットの場合)。
そしてこれがタイ航空ですと20kgを1個、カンタスですと合計30kgで個数制限無しとなっています。

ニュージーランド留学、ワーホリのバッグの選び方

バッグの選び方

まずは大きなバッグについて、スーツケースとバックパックで迷う所ですが、基本的にはスーツケースがベターです。

なんだかんだでパッと開けて全てを取り出せるのは便利ですし、ホームステイ先やフラットでは衣装箱としても使えます
またケースには鍵が付いていますので、貴重品の管理にも一定の安心感があります。

ただし2~3か月のニュージーランド国内旅行に出る場合、バックパックも選択肢に入ります。
やはり「背負える」というのは大きなポイント、道路の状態を選ばずに歩ける点と両手が空くのは便利です。

ニュージーランド国内を旅行中、YHAやバックパッカーズの相部屋を利用する場合はバックに鍵をかけ、更にバック自体にチェーン・ロックを付けてベッドの足に繋ぐのが一般的です。

ちなみにチェーン・ロックは重いので、ニュージーランド国内で購入するのがベターです。The Warehouseなどの量販店で、自転車用のロックが20ドル程度で売っています。

スーツケースの選び方

飛行機の預け入れ荷物は飛行機会社の規定に合わせ、できるだけ大きなバッグを選びます。
また大抵の規定は縦・横・高さの3辺の合計が158cm以下となっていますので、これをクリアーしていれば基本、問題ありません。

購入時の表記サイズはMLサイズ(メーカーによってはLサイズ、LMサイズ)、70~90リットルで探します。スーツケース自体の重さは、4~6kg程度です。

それからスーツケースにはファスナータイプとフレームタイプがありますが、セキュリティ面を考えますとフレームタイプがベターです。フレームタイプであればナイフを使った盗難被害を防げます。

ちなみにスーツケースは4~6kgですので、運べる荷物は20kg弱です。
もしも荷物が多くなってしまった場合、日本のご家族から荷物を送ってもらいましょう。

それからキャスターが付いているスーツケースならば、小柄な女性でもラクに移動できます。
ただし成田なり関空までの移動は大変ですので、スーツケースだけ空港に先送りしておくと良いかと思います。

バックパックの選び方

50リットルのバックパックに荷物を詰めますとざっくり、15kg程度になります。
そしてここにセカンドバックを合わせますと全体で20kg程度 ⇒ その状態で何キロも歩くわけではありませんが、それでもその辺りが「小柄な女性が担いで歩ける」の目安になります。

以上より女性は60リットル程度のバックパックがメインになります。
移動時は背中にバックパック、前にセカンドバックを背負って、全体で20~25kgまで持ち運べます。

そして男性は80リットル程度のバックパックを購入して、余裕を持たせるのが基本です。
80リットルあればセカンドバックをバックパックに入れて一つにできますし、全体で30㎏オーバーの荷物も作れます。

セカンドバッグの選び方

そして最後に機内持ち込み用のセカンドバッグ、これは通学にも使いますので、使い易さ重視で選びます。
とりあえず空港での手続きを考えますと両手が空くもの、結論として10~20リットル程度のリュックタイプがお勧めです。

大体このくらいの大きさです。

またその他、布製のトートバッグが1枚あると便利です。
週末にビーチに出る、ちょっとした買い物に、図書館に本を返す際など、使えるシーンが沢山あります。

まとめ:NZ留学、ワーホリ用のバッグとスーツケースの選び方

基本的にはスーツケース + リュックで考えます。
飛行機に積める大きさを事前に航空会社の公式サイトで確認 ⇒ だいたいは23㎏と10kgなどとなっていますので、それを目安にAmazonあたりで買っておけば問題ありません。

またNZ国内を旅行する際にはチェーンロックが必要になりますが、これは現地で購入すればOKです。

その他、ビーチや山に出た際にトートバッグが1枚あると便利です。

タイトルとURLをコピーしました