荷物のチェックリストと荷造り

荷物のチェックリストと荷造り

ニュージーランド留学とワーキングホリデーに必要な持ち物チェックリストです。
忘れ物がないよう、以下のリストを参考にご準備ください。

重要書類のチェックリスト

パスポート
パスポートは有効期限を必ず確認します
基本的にどのビザであっても、ニュージーランドの空港到着時に「ニュージーランド滞在予定期間+3か月以上」の有効期限が必要です。
ビザ、NZeTA
ビザはA4紙に2通プリントアウトして、1通は実家に保管しておきます。またビザなしでご出発される場合は、NZeTA を同様にご準備ください。
航空チケット
全てプリントアウトして、パスポートと一緒に大切に保管します。
学校関係書類
計算書、領収書、ホームステイ詳細を印刷してお持ちください。
また空港送迎の予約確認書があれば、これも印刷しておきます。
保険の証書(契約控え)
弊社から書類が届いている場合、プリントアウトしてパスポートと一緒に大切に保管します(NZLCやキャンベル、CCELなどでは、保険の証書は現地到着後のお渡しとなります。計算書に保険代金のご請求がある旨をご確認下さい)。
また日本の海外旅行保険をご利用の場合は、手続きで受け取った書類を全てお持ちください。
クレジットカード
基本的には2枚以上、お持ちください。
現地到着後、1枚はお財布で管理して、もう1枚は予備としてパスポートと一緒に管理するのが一般的です。
また海外ATMを利用したキャッシング機能が有効になっている点、また利用限度枠の確認、それからカードによっては海外キャッシング機能にブロックが掛けられていますので、出発前にカスタマーセンターに確認しておけますと完璧です。
滞在資金証明に関する書類
ビザや滞在期間により、現地での生活費の所持証明金額が変わります(ワーホリであれば4200ドル相当など)。
銀行が発行する英文残高証明書や、オンラインバンキングの画面をプリントアウトして、パスポートと一緒に大切に保管します。
日本の運転免許証
お持ちであればご用意下さい。
現地の大使館や総領事館で翻訳書を作成すれば、ニュージーランド国内での運転が可能です。
マイナンバー(個人カード)のコピー
銀行口座の開設やIRDカードを申請する際に必要になります。
6か月を超える留学やワーキングホリデーであれば、必ずご用意ください。

滞在資金証明に関する書類は、必ずご用意ください

例えばワーキングホリデーであれば申請時に「現地での生活費として4200ドル相当の資金を所持している」旨を宣誓し、「入国時に所持金の確認がある可能性」についても同意していますので、なんらかの方法で所持資金を証明できるよう準備する必要があります。

この点、忘れないようご準備ください。

これを用意している、していないで、入国審査官が受ける印象はまるで変わります。
ベストは「日本の銀行が発行する英文残高証明書を用意する」ですが、日本語の書類やオンラインバンキングのスクショであっても、ニュージーランドの入国管理法を理解し、遵守しているというのは大切な判断ポイントになります。

生活用品のチェックリスト

生活用品のチェックリスト

スマートフォン
SIMロックを外していないスマートフォンでもアドレス帳やWiFi専用機として使えますが、基本、SIMフリーの端末をご用意ください
ちなみにパソコンやスマートフォン、カメラ等にポルノ動画や猥褻画像、または反社会的な動画等が入っている場合、入国拒否処分が下される可能性があります。
電子辞書
紙の辞書でも問題ありません。使い慣れたものをお持ち下さい。
パソコン、カメラ
お持ちであれば。あると便利です。
(調剤を受けている方は)英文の処方箋
病院から出されてる常備薬がある場合、担当医にお願いして英文の処方箋を書いて貰います。現地で薬を紛失した場合や診察の際に役に立ちます。
最小限の常備薬
キズ薬と風邪薬を1箱ずつなど。特に抗生物質の塗り薬は重宝します。
コンタクトレンズ
ケア用品はニュージーランドでも購入できます。
またレンズ自体もオンラインで買えますので、念のためにレンズのデータをスマホで写メって保存しておきましょう。
化粧品
現地で購入できますので、ほとんどの方がニュージーランド製の基礎化粧品・化粧品を使っていますが、肌に合う・合わないがある方はご準備ください。
100ml以上の液体物は機内に持ち込めませんので、コンタクトレンズの保存液や化粧水、洗顔フォーム、クリーム類、リキッド系マスカラ、ジェル状のリップグロスなどは、全てスーツケース(預け入れ荷物 / 受託荷物)でお持ちください。
また引火性ガスのスプレーは受託荷物でも持ち込めませんので、ご注意ください。
歯ブラシなどの生活用品
歯ブラシや髭剃りなど、1週間分くらいの生活用品を用意します。
シャンプーやリンス、その他のあれこれも現地で購入できますので、最低限で十分です。
洗濯ネット
女性は必須です。ついでに室内干し用の小さな物干しもあると完璧です。
サングラス
現地でも売っていますが、西洋向けと日本向けで大きさや基本デザインを変えているメーカーもあります。
それを踏まえて、基本的には日本で購入されると良いかと思います。
折りたたみ傘
ニュージーランドでも売っていますが、デザインが・・・。かわいいもの、使いやすいものがあると便利です。
貴重品袋、小さな南京錠
ニュージーランド国内旅行をお考えの場合はご準備ください。
ちなみに南京錠は鍵式ではなく、ダイヤル式がベターです。またバックパックをベッドの足に繋ぐチェーンロックは、ニュージーランド到着後に購入出来ます。

洋服関係の荷物チェックリスト

洋服関係の荷物チェックリスト

Tシャツ、下着、靴下 5~6枚
Tシャツ、下着、靴下は最低で3組、理想は7~8組ご用意ください。また日本の靴下は品質が良く、重さも軽いので、できたら少し多目にお持ちください。
また女性はババシャツ or ヒートテック必須です。秋、冬、春に重宝します。
トップス 3~4枚
ロングスリーブのニット系、長袖シャツ / ブラウス系、ポロシャツなど、春シーズン向けのものがおすすめです。
ボトムス 1~3枚
ジーンズは最低1本、ご用意下さい。やはりあると便利です。
ちなみに出発日は重い衣類をできる限り着ることで荷物の重量を減らせますので、ジーンズでの移動がベストです。
部屋着 上下1組
そこそこのものを現地でも買えますので、これを外して他の服を増やすのも一つの手です。
帽子
ニュージーランドで売っている帽子はキャップとビーニーばかりです。キャスケットはまず売っていませんので、お好きな方は日本からお持ち下さい。
水着
とくに女性の水着はサイズが無いことも多いので、日本からお持ちください。
ジャケット or コート 1着
特に秋、冬、春ならば重い衣類を着て飛行機に乗ることで、スーツケースの重量を減らせます。
カーディガン or パーカー or フリース 2着
通学中のアウターとしてお持ちください。
夏場ならば重いパーカー類を着て飛行機に乗りましょう。機内は割と寒いです。
雨、風を通さないウィンドブレーカー系 1着
レインコート代わりに、軽いウィンドブレーカー系のアウターがあると便利です。
靴、ビーチサンダル
予備の靴は荷物に余裕がある場合にのみ、選択肢になります。
またビーチサンダルは軽いので、気に入ったものをお持ちになると良いかと思います。

その他、ファームやカフェ、レストランに就職する場合、リクルート・スーツは必要ありません。通常のレストランやカフェの面接は、白系のシャツとジーンズ以外のパンツならば基本、問題ありません。

またスーツ系の仕事をお考えの場合も、学校卒業に合わせて日本から送ってもらうと良いかもしれません。
黒系の靴も現地で安く売っていますし、割と黒系のパンツ&ワイシャツ or ブラウスでOKなケースが多いです(パンツもシャツも現地で安く購入できます)。

専門職、技術職での就職をお考えの場合

専門職での就職をお考えの場合

例えば美容師さんならハサミと櫛、シザーケースなど、現地で就労する際に必要になる道具がある場合は必ずお持ち下さい。
それだけで現地での就職活動、とても有利になります。

飛行機に乗る際の手荷物の重量カウントについて

飛行機に乗る際、着ている服は手荷物の重量としてカウントされませんので、ジャケットやコートは羽織るか手に持つかする事で荷物重量を減らせます。

ちなみに夏場であっても空港には冬物を着ている方が結構いますので、気にせずにコートを手に持って出国手続きゲートに進みましょう。

化粧品関係の荷物チェックリスト

化粧品関係の荷物チェックリスト

念のために化粧品について、さらに細かくご紹介します。
ちなみに女性だけではなく、男性もざっと目を通しておいてください。

全てスーツケース(預け入れ荷物 / 受託荷物)で運びます。

まず第一に、100mlを超える液体物は、飛行機の機内に持ち込めません
また純粋な液体だけではなく、クリーム系やグロス系、ワックス、その他のペースト状態のものも、基本的には液体物と見なされます。

いずれにせよ「液体物かどうか?」の見極めはとても難しく、またこの判断に失敗すると空港で廃棄処分にされてしまうこともありますので、化粧品は全てスーツケースに入れてお運びください。

また引火性のスプレーはスーツケースに入れても飛行機には積めませんので、ご注意ください。

日焼け止め
使い慣れたものがあればお持ち下さい。
ただし特にこだわりが無いのならば、現地で購入可能です。敏感肌用、弱めのもの、ファンデーションと一体型など、一通り揃っています。
基礎化粧品
化粧品は現地でそこそこ買えますが、基礎化粧品は日本製が断然ベターです。
とりあずできる限りお持ちになりつつ、現地の製品を試しつつ、足りなくなったら日本から送ってもらう or 海外発送してくれるオンラインショップで購入するのが良さそうです。
ちなみに男性用の基礎化粧品は、ほとんど売っていません。
生理用品
生理用品は使い慣れたものを半年分お持ちになり、それ以上は途中で日本から送ってもらうという方が多いです。
ちなみに現地のスーパーでニュージーランドの製品を買えますし、アジア系ショップでは日本の製品やそれに近いものが手に入りますので、特にこだわりが無いのならば、そこまで気にされなくても良いかと思います。
爪切り
ニュージーランドでも売っていますが、使い慣れたものがあるのならお持ちください。
ヘアゴム、シュシュ
ニュージーランドのヘアゴムやシュシュは微妙なものが多いです。軽いものですし、多めに準備しておきましょう。
ヘアスタイリング系
スプレー系はニュージーランド製でもそこそこですが、ワックスは日本製がベターです。
また寝癖直しはありませんので、気になる方はお持ち下さい。
スキンケア系
これも日本製がベターです。
ちなみにパックなんかも、あまり売っていません。アジア系のショップで、ときどき見かけるくらいです。

荷物の逆チェックリスト

荷物の逆チェックリスト

ここでは逆にニュージーランド留学、ワーキングホリデー経験者から「これは要らなかった・・・」とよく聞く荷物をまとめました。

以下のリストにあるものをお持ちになるのなら、洋服か基礎化粧品をお持ちになると良いかと思います。なんだかんだで洋服と基礎化粧品が一番手に入りません。

「とっさのひとこと」系の英語例文集

誰かと話す時に「会話本を片手に会話」はできませんので、現地で「とっさのひとこと」系の例文集を開くことはほぼありません。出発前に暗記する為に買うのならば、良い参考書だと思うのですが・・・。

ちなみに使い込んだ参考書や教科書がある場合は、お持ちになると良いかと思います。現地での授業の理解補助として役立ちます。

全世界対応型のドライヤー

これはもう、本当に心の底から必要ありません
ホームステイ中はステイ先のものを使えますし、フラットに移る際に近所のスーパーで自分専用のものを購入できます。値段も20ドル程度です

ちなみにバスタオルも必要ありません。ステイ先のものを使えますし、現地で10~15ドルで売っています。

全世界対応型のドライヤー

旅行本、ガイドブック

インターネットの最新情報がありますので、雑誌やガイドブックは必要ありません。

折り紙、浴衣、けん玉など、日本紹介系のグッズ

折り紙、浴衣、けん玉など、日本紹介系のグッズ

基本として紹介する機会がほぼありません。
また冷静に考えてみますと折り紙やけん玉で喜ぶ大人は少なく、子供も大抵は・・・

キャンプ用品

方位磁石や懐中電灯、湯沸かし器やアーミーナイフなど、日本の日常生活で使わないものはニュージランドでも使う機会がありません。

(途中で捨てられるように)着古した衣類や靴

これ、一部のガイドブックでお勧めされているようなのですが、そんな事はありません。普通に新品を大切に使う方がベターです。
現地では綺麗な恰好で、素敵な毎日を楽しみましょう!

日焼け止め、シャンプー、ボディソープなど

大抵の生活用品はニュージーランドで買えます。歯ブラシ、歯磨き、石鹸、ボディーソープなど、普通になんでも揃っています。
シャンプーとコンディショナーを1年分持ち込むよりは、洋服や基礎化粧品をお持ちになるのをおすすめします。

ただし肌質に合う・合わないがある方は他に変えが利きませんので、日本から十分な量をお持ち下さい。もしくは定期的な別送で対応していきましょう。

国際学生証

ニュージーランドでは美術館、博物館、動物園、バス、電車、飛行機などで使えるシーンがありません。
またアルコールやタバコを購入する際のIDにもなりませんので、正直、使いどころが何もありません。

国際ユースホステル・カード

宿泊当日に現地で作れます。

基本、「迷ったら持っていなかい」でOKです

基本、「迷ったら持っていなかい」でOKです

大前提として、「生活に必要なものが手に入らない」ということはありません。ニュージーランド人は普通に生活していますので、なんでも手に入ります。

ですから持っていくかどうかで迷った場合、「持っていかない」で問題ありません。

でも、日本と同じ品揃えじゃないんでしょう?

ご指摘の通り、日本と同じではありません。
しかしそれに近いものがあります。

「日本と同じ化粧水はありませんが、似たような商品があります」
「日本の商品はありませんが、メイク落としもオイルもあります」
「日本のメーカーの敏感肌用クリームはありませんが、外国メーカーの敏感肌用クリームがあります」

ですから消耗品は「どうしてもこれじゃないと駄目」という視点で、荷造りを考えていきましょう。

どうしても荷物が多くなってしまったら

どうしても荷物が多くなってしまったら

それでも荷物が重量オーバーしてしまう場合、日本のご家族に荷物を送って貰いましょう。

参考として郵便局から20kgの荷物を海外発送する場合、4~5日で届くEMSならば2.5万円、10日程で届くSAL便であれば2万円程度です。

1年の滞在でも1回の別送で荷物関係の悩みはほぼ解消しますので、積極的に利用を考えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました