日本人割合について

説明羊
  • 数字だけを見るべきではない項目です
  • 日本人が少ない学校は基本、不人気の学校です
  • また正直、「日本人が居ない学校で日本語を避ける」という時代でもありません
  • だってスマホがありますしね
  • それでも日本人や日本語環境を避けるのならば、割合を無視して大規模な学校を選択します

日本人割合に関するリクエスト

日本人割合に関するリクエスト

「日本人同士でいると怠けてしまいそうなので、日本人割合が低い学校を希望します」

こういったご希望に対して日本人割合の低い学校をご紹介するのは簡単なのですが、実際には判断が難しい所です。
例えば全体の日本人割合が5%を切っている学校でも、クラスによっては30%を超える事があります。

ですから本当に日本人を避けるのならば、日本人が居ない学校に行くしかありません。つまり学校全体で日本人が1人、2人の学校です。

しかし【日本人割合5%以下の学校】というのは逆に、【自分以外の日本人と、1番仲良くなりやすい学校】でもあります

とりあえず留学において日本人割合はイメージと実際に齟齬がある部分ですので、まずは状況を整理する必要があります。

実際のクラス風景を考えてみます

ここで一度、日本人がほぼ居ない学校のクラス風景を想像してみます。

例えば12人クラスの場合、韓国人が3人、中国人が3人、タイ人が2人、スイス人が2人、サウジアラビア人が1人、そしてあなたといった状況になります。

そして放課後の学校ロビーには韓国人が15人、中国人が10人、他のアジア系が5人、中東系が10人、ヨーロッパ系が5人、南米が3人、日本人はあなたともう1人、といった比率になります。

  • 日本 4%
  • 韓国 30%
  • 中国 20%
  • その他のアジア 10%
  • 中東 20%
  • ヨーロッパ 10%
  • 南米 6%
日本人割合が低い学校の現実

数字だけで見ますと「とてもバランスの良い学校」ですが、この状況はもう1人の日本人とあなたがくっつき易い状態でもあります。

「・・・あ、あなた日本人なんですか?良かったー!
わたし、日本人が少ないからこの学校を選んだんですけど、最近、日本語が恋ししくて・・・
あなたが来てくれて助かった。これから日本人同士、仲良くやっていきましょう!」

例えあなたが日本人を避けたいと思っていても、相手はそうでは無いかもしれません。そして日本人が少ない学校というのは、良くも悪くも逃げ場がありません

そしてこの誘いを断れる強さがあるのなら、そもそも日本人割合は関係ありません。どの学校で日本人に話し掛けられても、普通に断ればよいだけの話です。

日本人割合が低い学校の実態

これだけSNSが広がった現在、良い学校には日本人が集まっています。
つまり日本人が少ない学校というのは、単純に人気の無い学校なのです。この点は食べログ2.8点の隠れた名店が無いのと同じでです。

そして不人気校は基本、授業が面白くありません。

日本人の不得意分野をカバーするカリキュラムを組むなり、質の高い講師陣が揃っているのなら、放っておいても学生は集まります。それが出来ていないからこそ、日本人割合が低いのです。

それを踏まえつつ、それでも日本人割合の低い学校を選ぶ理由を考えてみますと、

日本人割合が低い理由

「日本人が居たら英語の勉強は出来ないと思う」
「日本人がいると英語を話さないと経験者に言われたから」
「逃げ場を断たないと、たぶん勉強しないから」

こういった理由がメインになります。
そして当然、日本人割合の低い学校には、こういった考えの日本人が集ります。カリキュラムやコースの充実を求める積極性のある学生は、ほとんどが人気校に行ってしまいます。

いや、勿論、「日本人を避ける」というのが悪いわけではありません。間違っているわけでもありません・・・が、環境によって勉強するというのは、環境によっては勉強しないという事でもあります

「日本人と仲良くなったから勉強しない」
「日本人が居るから英語は話さない」
「逃げ場があるから勉強しない」

不安に思うお気持ちは分かりますが、環境はあくまで補助的なものです。
そして環境に頼り過ぎた為に、結局は日本語のインターネット生活にのめり込んでしまう学生は少なくありません。現地でそうならないよう、学校を決める際には視野を広げて考える必要がありそうです。

仔猫さん

なんか話を聞いてると、なるほどな、って感じ。
確かに50人中2人しか日本人が居ない学校で相手を避けるのって厳しそう。絶対、巻き込まれちゃう。

スタッフ羊

まぁ、そうなりますよね。
・・・あと、日本人割合で学校を探したら、不人気校ばっかりじゃなかったですか? なんかこう、ググっても紹介してるエージェントが少なくて、公式サイトもやる気無い的な。

仔猫さん

あるある、どこもだいたいそうだった(笑)
考えてみれば、当たり前なんだけどね。なんか、掘り出し物 = いい学校って思ってた部分があったかも。

スタッフ羊

あー、それも学校探しあるあるですねぇ。

・・・でもまぁ、うん。掘り出しものの学校って、普通では満足出来ない「通」な学生が揃っててすごいですよ。全員が全員、「ネット調べてもほぼ出てこない学校、日本人がまず通わない学校を敢えて選ぶタイプ」ですし。流行りに流されない強さがあるぞ、的な。やっぱり独特な方が多いです。

仔猫さん

ですよね・・・。

スタッフ羊

ちなみに弊社でも日本人割合の低い学校をご紹介していますが、弊社のサイトにある学校は大丈夫です。この点、安心してご考慮下さい。

日本人割合20%以下でも、クラスは3割を超えるケースが多いです

日本人割合20%以上の学校でも、一人だけのクラスは多いです

さて日本人割合10%以下につきましてはこれくらいにしまして、次に「10~20%の学校」に焦点を当ててみます。

このレンジですとどの学校でも、英検準1級レベルに日本人はほぼ居ません。
またタイミングにもよりますが、英検2級レベルでも日本人はクラスに1人だけといったケースが多いです。

つまり英検2級レベルに達した所で、日本人割合について気にする必要がなくなります

しかしそれを受けて相対的に、英検3級から準2級までのクラスのクラス割合が高くなります。例えば学校全体の日本人割合が10%であっても、クラス割合はしばしば3割を越えてきます。

仔猫さん

そもそも英検2級とか準1級のクラスに行ったら、日本人割合に意味は無いんでしょう?

スタッフ羊

その通りです。
授業中は完全に英語ですし、休み時間も英語で話せば英語で返ってきます。上級レベルの学生は大体、そんな感じです。日本語でも英語でも、どっちでもいい感じですね。

仔猫さん

いいなぁ。私も早くそのレベルまで行きたいなぁ。

スタッフ羊

大丈夫ですよ!今からしっかりと予習を頑張って、上級レベルを目指しましょう!!

仔猫さん

あぁ、うん、ありがとう。頑張るよ(笑)
あとやっぱり日本人割合、学校全体で10%だったとしても、クラスは3割を超えちゃうものなの?そこは少し気になるなぁ。

スタッフ羊

正直、全体が10%でも5%でも3割はすぐに越えちゃいます。
たとえば日本人が1人しか居ない10人クラスに、あなたともう1人の新規入学があるだけで、クラス割合は3割です。

仔猫さん

あ、そっか。

スタッフ羊

もうここらで結論を書いちゃいますが、そもそも学校の日本人割合って追う価値のないデータなんです。

例えば日本人が1人も居ない学校を選んだとしても、あなたのクラスに同じ英語力の日本人が1人入学したら、それでもう2割です。本当、追う意味が無いなんです。

仔猫さん

やっば。急にぶっちゃけ始めてる(笑)

スタッフ羊

それにそもそも日本人を避けるというのが、10年前に廃れた考え方です。

昔はそこに一定の効果もありましたが、現在はスマホがありますので「強制的な日本語の排除」はほぼ不可能です。また近年はむしろ「母国語を話す事でストレスを解消し、パフォーマンスを伸ばす」という考え方も強くなっています。

いずれにせよスマホを捨てない限り、日本人を避ける事にあまり意味はありません。ですから日本人割合は参考程度に留めておくのが、正しいデータの捉え方になってきます。

20~30%は状況、変わりません

既に結論も書きましたし、もうサクサク行きますよ!

そして最後に学校全体の日本人割合が20%を越える学校ですが、これは意外にも20%程度の学校と同じ状況です。

それというのもマーケットとして20%を越えられるのは「長期留学生の割合が高い」=「上位レベルの授業に定評がある」=「一般的な学校にプラスして、上位レベルに日本人が居るだけ」だからです。
そして上位クラスは日本人が居ても居なくてもあまり変わらない ⇒ 結果、20~30%の状況は20%とほぼ変わりません。

ただし30%を越えますと、「流石に日本人だらけ」になります。これはじっくりと考える必要があります。

それでも日本人を避けたい場合は、どうしたら?

良い学校には日本人が集まります

それでもやっぱり日本人を避けたいというの、あると思います。そのお気持ち、よく分かります。

そして日本人を避けたいのなら、ある程度日本人が居る学校で、日本人と話さないようにするのがベストです。

具体的に「全体で10人以上日本人が居る学校」ならば、簡単に日本人を避けられます。基本的に向こうから話し掛けられる事もありません。

そしてこれを選択する場合、考えるべきはあなた自身の資質です。

気持ちとして「他の国の友達と一緒に勉強する」のが良いのか、「一人で黙々と勉強する」方が良いのか。

もしも前者であれば英語圏以外の国への興味(例えばタイに興味があるのなら、タイ人グループに入りやすくなります)、後者であれば予備校で勉強するような心構えが必要になります。

つまり日本人を避けるのならば、

【他の国からの留学生の輪に飛び込む】
【日本人どころか他の国からの留学生も避けていく】

このいずれかのパターンで考えるのが現実的、という事になります。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More