就学期間と学校規模の関係

説明羊
  • 英語学校のクラス平均人数は12名程度です
  • ですから例えば50名規模の学校は、4~5クラスしかありません
  • またその場合、「英検2級以上」が最上位クラスになるケースがほとんどです
  • つまり英検2級の学生も準1級の学生も同じクラスになります
  • 結果、英検2級以上の伸びが大規模校に比べて悪くなります
  • 以上より3か月を超える留学の場合、80名以上の学校で考えるのが定石です

英語学校のクラスレベルと学校の総学生数

英語学校のクラスレベルと学校の総学生数

ざっくりとですが、ニュージーランドの英語学校のクラスの平均学生数は12名程度です。
ですから総学生数が50人の学校であれば英語レベルは4~5レベル、100人の学校であれば8~10レベルとなります。

「でも、こっちのサイトでは50人のこの学校、9レベルまであるって書いてあるよ? ('-'*)」

それは「もしも学生が集まるなら、9レベルまで開講出来るよ」というだけの事で、まるで意味の無いデータです。

改めて、50人の学校ならばクラス数は4~5です。

割と身も蓋もない話ですが、英語学校もビジネスですので、50人規模なのに損益を無視して8クラスも9クラスも開けません

小規模な学校特有の問題点

前述の通り50~60人規模の学校のクラス数は4~5となるのですが、具体的なクラス編成は以下のようになりがちです。

  • 英検4級レベル 1クラス
  • 英検3級レベル 1~3クラス
  • 英検2級レベル 1~2クラス
  • 英検1級レベル 0クラス

ちなみに最も学生が多いのは英検3級レベル ⇒ まずはここで2クラス作り、後は状況に合わせて上下クラス、もしくは更に3級を増やすなどで対応します。

しかし小規模校は入学してくる学生の英語レベルによって、クラス編成が急激に変わります。

例えば50名規模の学校にbe動詞から学ぶ学生が5~6人入ってきた場合は問答無用で5級クラスを開講 ⇒ 3級クラスから3~4人をこのクラスに入れ、2級クラスから2~3人を3級クラスに入れて・・・といった調整がなされます。
もしくは5級以外の3クラスを全て15名にするしか、選択肢がありません。

スタッフ羊

ちなみにこの点が「小規模でアットホーム、クラスも10名程度の小人数」という学校の落とし穴です。
ただでさえ厳しい状況にクラス人数の制限をつけた場合、どうしたって「5級レベルと3級レベルを一緒にする」しか無いんです。

仔猫さん

あー、これも言われて初めて気が付く話だ。
じゃ、そういう学校でも5級レベルの2~3名の為にクラスを開けたりは・・・

スタッフ羊

まずしないです。
正直、3人分の授業料では講師のお給料すら払えませんし、小規模学校だからこそ「2~3人のクラスを作る体力」がありません。

また同様に、例えば総学生数が55名から45名に減った場合は2級と3級を統合 ⇒ 新しく「準2級」を作るケースもあります。

仔猫さん

・・・あれ?それだと2級に居た人は、クラスレベルが下がるんじゃないの?

スタッフ羊

その通りです。
ですから3か月以上の留学をご希望の場合、最低でも80人以上の英語学校を選ぶのが基本です。それであれば学校全体で7~8レベル ⇒ 恒常的に英検準1級レベルのクラスまで作れますので、ストレス無く段階的に英語力を伸ばせます。

小規模な学校特有の問題点

上記の通り、小規模学校の問題点はクラス編成にあります。

そしてこれは講師のレベルやカリキュラムなどでどうにかなる問題ではなく、また校長や講師が有能だと誠実だとかの問題でもありません。単純な現実として、小規模学校とは「そういうもの」なのです。

そして上記の理由から小規模の学校には長期留学生が集まりづらく、結果として短期留学生しか集まらない ⇒ 初級・中級クラスが増える ⇒ 上位クラスが無いので長期留学生が敬遠する ⇒ 短期留学生しか集まらない ⇒ 初級・中級クラスが増える ⇒ 長期留学生が敬遠する・・・というループが発生してしまいます。

そして一度このループが始まりますと、この状況が1年程度続きます。ちなみにこれが「大きな学校が小さくなる際に辿る道」、クラス数をケチって統合 or 大人数クラスばかりになるこのパターンで、学生数を落とします。

大規模である事の強力なメリット

それに対して200名レベルの大規模学校ですと、最初からbe動詞系が1クラスあり、4級から2級が10~15クラス、準1級以上も5クラスといった編成になります。つまり上記の問題がそもそも発生しません

NZLC オークランド校

また例えば日本人が足踏みしてしまいがちな英検3級から2級まで、50人規模の学校は2クラスしかありませんが、200人規模ならば10クラスは開講します。

更にこれが500人を超えるNZLCオークランド校ならば、同じレンジだけで20クラスに細かくレベル分けします。

そして「クラスメイトと同じ英語力で授業を受けられる」というのは「授業中の無駄な質問が無い」=「無駄な時間が少ない」=「授業の質が高い」という事ですので、大規模校は英語力の伸びも良くなります。

そしてもう一点、大規模であれば講師が合わなかった場合に、クラスの移動が可能です
ちなみに目安として200名以上の学校であれば、ほぼほぼ全てのレベルで複数のクラスを作っています。

仔猫さん

じゃ、基本的には大規模の学校の方がいいって事?

スタッフ羊

まぁ、そうなります。
授業の質って講師のレベルやカリキュラムによる違いもありますが、やっぱり「クラスメートの英語力がほぼ同じ」って大きいです。簡単過ぎる質問で授業が止まる事も少ないですし、高度過ぎる説明が続く事もありません。

仔猫さん

それに教える側もラクだしね。相乗効果で時短&クオリティアップかー。

スタッフ羊

本当それです。
結果として大規模のデメリットはほぼ何も無く、メリットしかない状況で且つ、そのメリットが強力過ぎる状況です。単純に構造として有利なんですね。

それで小規模校と大規模校の間に100人規模の中規模校があって、ここはメリットは大きく無いけどデメリットが無くて快適、って感じです。立地やコース内容次第で面白い選択肢になります。

仔猫さん

最後に念の為、小規模校を選ぶ理由は?

スタッフ羊

それでもやっぱり、小規模校のアットホームさは魅力です
なんだかんだで大規模学校には進学目的やガチ系の学生が集まりますし、その雰囲気が苦手っていうの、あるかと思います。

また50名程度の学校でも英語力が準2級レベル以上ならば、クラス編成のゴタゴタはそこまで影響しません。また3級以下でも1~2か月程度の短期留学であれば、ゴタゴタはそこまで気になりません。

仔猫さん

ゴタゴタの影響って4級と3級がメインだし、また小規模だからこそ、編成を変えるような入学が何週も続かない感じかな。

スタッフ羊

その通りです。
その他、ネルソン・イングリッシュはたとえ希望者が1名しか居なくてもIELTSコースを潰さないと宣言していますので、この学校で英検準2級以上ならば、授業レベルと学校の雰囲気の良いトコ取りが可能です。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More