ニュージーランドのスマートフォン、携帯電話事情

説明羊
  • SIMフリーのスマホならば、ニュージーランドのSIMカードを刺すだけで使えます
  • SIMロックが掛かってる場合は現地でポケットWiFi機能付きの安いスマホを購入して、日本から持ち込んだスマホにWiFiを飛ばします
  • 加入プランは「毎月20ドル程度のプリペイド」が主流です
  • それでデータは1G/月程度、Lineと電話と地図検索などはほぼ問題なく使えます

まずは今お使いのスマホをチェックします

ニュージーランド滞在中のスマートフォン、携帯電話事情

現在お使いのスマートフォンにSIMロックが掛かっていないのならば、原則としてそのスマホは世界中どこでも使えます。

ですからまず調べるべきは「現在使っているスマートフォンが、SIMロックを解除出来る機種なのかどうか?」という点になり、これを Docomo、au、softbank などのサポートセンターに問い合わせ ⇒ 詳細を確認する必要があります。

羊先生

事前確認は必要ですが、アンドロイド端末のほとんどはSIMロック解除 ⇒ ニュージーランド国内で使えます。
逆にiPhoneはSIMロック解除の条件が込みいっていますので、詳細は各通信会社にお問い合わせ下さい。

SIMロックを解除出来るスマートフォンの場合

ニュージーランド出発前に、SIMロックを解除します

現在お使いのスマートフォンのSIMロックを解除出来る場合、ご近所のショップやマイページなどでSIMロックを解除しておきます。ちなみにSIMロック解除の手数料は無料~3000円程度です。

そしてニュージーランド到着後に現地のSIMカードを購入 ⇒ 1分後には日本と同じように通話やインターネットを利用出来ます。

この流れでサイトの日本語表示、日本語メール、Line、Skype、Facebook、その他ほぼ全てのアプリや機能を日本国内と同じように使えます。

SIMロックを解除出来ないスマートフォンの場合

ニュージーランドと日本のスマホの2台を使う

SIMロックを解除出来ないスマホの場合、WiFi専用機+住所録として使います。

ニュージーランドご到着後にテザリング(tethering)が出来るスマートフォンを購入してスマホを2台持ち ⇒ 現地のスマホは通話のみ + 日本からお持ちになったスマホにWiFiを飛ばす事で、ほぼほぼ日本国内と同じように使えます。

ちなみにテザリング機能付きのお手軽スマホはスーパーでも売っています。

例えば画像で49ドル(約4000円)と書かれている Vodafone smart C9 などはCountdown系のスーパーでよく見かけます。
これを購入してプリペイドSIMを刺し、テザリング設定 ⇒ WiFiを日本から持ってきたスマホに飛ばして使います。

Vodafone NZ の通話料、基本料金

説明羊
  • ニュージーランドの携帯電話料金はプリペイド方式が一般的です
  • 毎月の利用料金はアプリからクレジットカードで支払う、もしくはスーパーやコンビニでチャージ専用カードを購入します
  • イメージとして、Suica や ICOCA みたいな感じです
  • ちなみに留学生の携帯電話料金の平均は、毎月20ドル程度となっています
Vodafone NZ の通話料、基本料金う

たとえばvodafone NZ の My Flex Prepay $16プランですと「着信が無料」、「ニュージーランド国内通話が50分/月まで無料」、「番号メール(SMSメール)の送信は50通/月まで無料」、「データ通信は1.25GB/月まで無料」となっています。これら全てのサービスが、28日間で16ドルになります。

またプランの内容は後々、細かく設定可能です。データ量を増やしたり通話時間を増やすなど、状況に合わせてアプリから変更しています。

ちなみに残った未使用分の通話時間やデータ寮は翌月に引き継がれ、その詳細もアプリから確認出来ます。
またアプリはvodafoneの公式ページ、下の方からダウンロード出来ます。

ちなみにSIMカードもVodafoneの公式サイトの「Buy SIM」から数ドルで購入可能ですが、SIMカードは近所のスーパーや電気店でも購入出来ます。基本的には学校が始まった後、学校近くのお店で入手するのが簡単かな、と。

仔猫さん

なんかこれ、オークランド空港では買えないの?
買えるとして空港送迎スタッフは待っててくれるの?その前に両替しないと駄目なの?クレカは使えるの?空港で買う場合、ちょっと高かったりするの?ショップでは英語で何て言えばいいのか教えてくれる?買うなら幾らくらい掛かるの?

スタッフ羊

とりあえずvodafoneショップは到着ロビーを出てすぐにありますし、送迎スタッフも待ってくれますし、「プリペイドSIM、20ダラー・トップアップ」と言えば買えますし、クレカもVisaかMastercardなら使えます。値段も市内のショップと変わりません。SIM代と合わせて25ドル程度です。

・・・が、到着日の手続きを増やすのは微妙です

当日は時差ボケ&大荷物&雑踏でバタバタしていますので、クレカを落としたりパスポートを失くしたり、普段ではアリエナイ事が普通に起こります。とりあえず到着直後はリスク回避が一番大事、無理に手続きを増やすべきではありません。

仔猫さん

えー。でも日本の家族に連絡しておきたいんだけどなぁ。

スタッフ羊

空港にはフリーWiFiがありますので、それでLine出来ますよ。
・・・という事で空港でのご購入は「当日に時間があったら」くらいでお考えおき下さい。少しでもバタつくようなら、スルー推奨です。

Vodafone NZ の運用方法

ニュージーランドのプリペイドSIMは、日本の交通系ICカード(SuicaやICOCA)と同じです。

例えばSIMカードに50ドルをチャージ ⇒ この状態でも電話を使えますが、その使い方ですと通話料もデータ料金も非常に高いので、指定プラン(Suicaで言えば【定期】部分)を購入します。これが毎月、16ドルなどになります。

Vodafone NZ の運用方法

そしてこの指定プランの範囲内であれば、自由にスマホを利用出来ます。
ただしこのプランの範囲外、例えば日本への国際電話やプランの範囲を越えたデータ利用をした場合、チャージ残高の34ドルから通常料金で引き落とされてしまいます。

「つまり、Suicaで定期券区間以外の乗車をした時のイメージかな?('-'*)」

そういう事になります。
Suica1枚に【定期】と【チャージ残高】の2つの枠があるのと同じように、SIMカードも【プラン】と【残高】で別々に管理されます。

「で、【定期】の期間が切れる前に【チャージ残高】を増やして、定期の自動購入に備えておく感じかな?('-'*)」

その通りです。
とりあえず最初は20~50ドルくらいをチャージ ⇒ 16ドルのプランに加入して、その月はアプリで利用状況を見ながら様子見します。
そして次の月はプランを変更するなどで対応 ⇒ チャージ残高が減り次第、また20ドルなり30ドルなりをチャージしていく、というのが一般的な使い方になります。つまりSuicaと同じ運用です。

羊先生

通常料金は激高です

データ利用がプランの利用枠を越えそうな場合は事前に Add-Ons オプションを購入する事で、枠の一時拡張が可能です。
しかしその Add-Ons も1GBで20ドルと割高ですので、そもそものプラン選択は十分にご考慮下さい。

100MBで出来るデータ通信の目安

Lineの文字通信

約4万回

Lineの音声通話

300分程度

ビデオ通話

20分程度

youtube視聴

10分程度

サイト閲覧

約400ページ

google map検索

約300回

Facebook閲覧

30~40分程度

文字メール

約4000通

上記はざっくりとした目安ですが、1か月に1GBのプランであればこの10倍は使えます。
ですから例えばLineの音声通話を毎日1時間して、google map を毎日10回使い、文字系のニュースサイトをチェックするくらいなら、1GB/月で足りないという事はまずありません。

ただしFacebookとyoutubeの視聴は設定差や個人差がありますし、アプリが自動でネットに接続するなどもありますので、気になる方は出発前にデータ量をチェックするアプリを入れて詳細を把握しておくと良いでしょう。

以上を踏まえて現地では「データ量が大きな通信は学校の無料WiFiを利用、通学中やホームステイ先ではメールチェックとLineと音声通話のみにする」というのが一般的です。

携帯電話関係のアレコレは、友達作りの王道です

スマホ準備は、友達作りの王道です

SIMカードは市内のショップや電気店でも購入出来ますので、放課後にクラスメートに声を掛け、一緒に買いに行くのが理想パターンです。
既に数か月滞在している方からプランについて話を聞いたり、実際の使用感を聞くなど、これを切っ掛けに自然と仲良くなれます。

いずれにせよスマホ関係のアレコレは誰しもが通る道ですし、1日あれば終わる手続きですので、あまり心配しなくてもOKです。
上記の事前情報があり、クラスの全員がスマホを持っていて、自分だけがどうにもならないなんて事はありません。

・・・という事で手続きの内容よりはむしろ、どうやってクラスメートに助けて貰ったり、また新しく入学してきたクラスメートを自然に助けていけるのかを考えておく方が、充実した留学生活に繋がります。ここで少しだけ勇気を出して、友達の輪を広げていきましょう。

羊先生

それでも現地でトラブルや問題があった場合や手続きに自信が無い場合はお気軽に弊社までご連絡下さい。
オークランド地区であれば放課後に弊社スタッフが学校を訪問するなど、個別に対応致します。

おすすめのコンテンツ

読まないと損をする内容から、読まなくても別にいい 暇つぶしになる内容まで!

無料サポートの詳細

無料サポートの詳細

Read More
留学費用を守るために

留学費用を守るために

Read More
留学エージェントの選び方

留学エージェントの選び方

Read More
保険について

保険の種類と特徴

Read More

最強の現地保険で年20万円の節約
医療費補償額が無制限の安心プラン、掛金が4~8万円/年と激安!

航空チケット購入

航空チケット購入

Read More

情報強者はこうしてる
王道の2サイト、5分あれば日本国内のほぼ最安値を調べられます。

役所関係手続き

役所関係手続き

Read More

出発前の役所手続き保存版
住民票、健康保険、住民税、国民年金、マイナンバーの取り扱い。

スマホ、携帯電話

スマホ、携帯電話

Read More

「SIMロック解除が出来るかどうか」が重要なキーに!

WiFi、ネット接続

WiFi、ネット接続

Read More

学校の無料WiFiを最大で使いつつ、通学中はデータ通信。

資金の持ち込み

資金の持ち込み

Read More

銀行送金やクレカ利用時のリアルガチな為替レート比較!

クレジットカード

クレジットカード

Read More

為替最強はMastercard、紛失対策で2枚持ちがベスト!

荷物のチェックリスト

荷物のチェックリスト

Read More

経験者による「逆にこれは要らなかったリスト」が必見!

NZの入国カード

入国カードの書き方

Read More

日本語版をスマホに保存 ⇒ 機内で参考にして記入!

薬の持ち込み

薬の持ち込み

Read More

英文の処方箋準備、持ち込み量の目安、税関での注意点。

入国審査の注意点

入国審査の注意点

Read More

滞在資金の証明、免税の範囲、スマホ利用禁止エリア等。

銀行口座開設

銀行口座開設

Read More

パスポート、マイナンバーの番号、住所証明が必要。

IRDカード申請

IRDカード申請

Read More

働く際に必要な税務登録番号、ワーホリは必見!

就職、アルバイト

就職、アルバイト

Read More

職の探し方、最低賃金、英文履歴書、リアルな月収例。

ブログ

スタッフのブログ

Read More

ちょいちょい更新のニュージーランド留学ブログ。

おすすめの学校リスト

目的別おすすめ

目的別のおすすめ校

Read More
NZLCオークランド校

NZLCオークランド校

Read More
アスパイア2

アスパイア2

Read More
ドミニオン

ドミニオン

Read More
ランゲージズ

ランゲージズ

Read More
ユニーク

ユニーク

Read More
コロマンデル

コロマンデル

Read More
RELA

RELA

Read More
NZLCウェリントン校

NZLCウェリントン校

Read More
キャンベル

キャンベル

Read More
ネルソン・イングリッシュ

ネルソン・イングリッシュ

Read More
サザンレイクス

サザンレイクス

Read More
CCEL

CCEL

Read More