観光ビザ(ビザ無し)のNZ留学とNZeTAの申請方法

観光ビザ(ビザ無し)でのニュージーランド留学

ニュージーランドの法規定により、「日本国籍保持者で3か月未満の滞在予定」でその他の条件も満たしている場合、ニュージーランド到着時に空港で3か月有効の訪問者ビザ(観光ビザ)が発給されます。つまりニュージーランドには、事前のビザの準備無しで渡航できます。

ただし2019年10月からビザのような仕組みのNZeTAを、事前にオンライン登録するルールができました

以上よりニュージーランドへのビザ無し渡航は「NZeTAの事前申請」と「ビザ免除を受けるための規定」を、しっかりと把握する必要があります。

3か月未満のビザ無し渡航の許可条件

3か月未満のビザ無し渡航の許可条件について

まずは以下、ニュージーランド移民局の訪問者ビザ規定(英文)です。

そして上記ページの重要部分を書き出しますと、以下のようになります。

以上の条件をクリアーしている場合に限り、ニュージーランド到着時に空港で3か月の滞在許可が下ります。

ニュージーランドのビザ無し入国(観光ビザ)の注意点

ビザに関する質問に答えられるのはNZの法により、移民局や移民弁護士などの特別な資格保持者に限られています。以上より弊社では一切のご質問にお答えできませんので、ご不明な点はニュージーランド移民局に直接お問い合わせください。

それを踏まえつつ以下、移民局サイトで公開されている一般的な説明をご紹介いたします。

ビザ無し渡航時の健康に関する規定

健康状態は「主治医が許可を出すかどうか」が第一の目安となり、またニュージーランド人の健康や生活を損なうと判断された場合は入国できない可能性があります。
その他、ニュージーランドの社会サービスに対して経済的な負担になる可能性が低くなければなりません。

ビザ無し渡航時の健康に関する規定

ビザ無し渡航時の犯罪歴について

まず「裁判所で有罪判決を受けたかどうか」が目安になりますので、自動車のスピード違反や駐車違反で罰金を払った場合などは、基本的に問題ありません。
それを踏まえつつ犯罪歴がある方の入国は個別に判断されますので、事前に移民局にお問い合わせ下さい。

3か月未満の滞在を予定している

「現地で別のビザに変更して、3か月以上ニュージーランドに滞在したい」という場合、「3か月未満の滞在を予定している」という規定から外れている可能性があります。3か月以上の滞在をお考えの場合は事前に移民局に相談して、目的に適したビザを事前取得しなければなりません。

ニュージーランドの訪問者ビザの18か月ルールについて

ニュージーランドの訪問者ビザの18か月ルールについて

訪問者ビザの規定に「訪問者ビザでの滞在は最長でも任意の18か月の間に9か月まで」とありますので、例えば直近に訪問者ビザでニュージーランドに長期滞在されている場合などは、ビザ無しでの入国ができない可能性があります。

またワーキングホリデーで長期滞在された場合も事前に移民局に相談し、必要であれば指定されたビザを事前に取得する必要があります。

NZeTA(電子渡航認証)とIVL(観光税)とは

2019年10月01日以降に入国する場合、事前にNZeTA(eビザのような、電子渡航認証です)とIVL(環境税)の支払いを済ませる必要があります

申請はこのページの最下段、「REQUEST AN NZETA」から開始します。

NZeTAの申請料金

NZeTAの申請料は次のページで表示されるアプリをスマホにダウンロードしてアプリ経由の申請ならば9ドル、パソコンなどのブラウザ経由で手続きを進める場合は12ドルです。

スマホですとパスポートのスキャンや顔写真の撮影&アップロードがありますが、手続き自体はブラウザ経由と同じで、難易度は特に変わりません。

NZeTA申請に必要な書類

パスポート、マイナンバー、クレジットカードをご用意ください。
ちなみに出発までにパスポートを更新する予定がある場合、新しいパスポートで申請する必要があります。

NZeTAの有効期限

NZeTAはパスポートに電子的に紐づけされ、最長2年間有効です。
ただしこの途中でパスポートが失効した場合は、新しいパスポート番号で再申請する必要があります。

NZeTAを申請するベストなタイミング

移民局では「最低でも72時間前までに」とインフォしていますが、土日や現地の祝祭日で移民局がお休みのこともあり、緊急のトラブルに対応できなくなるケースも考えられます。
ですから基本的にはご出発の2週前までに登録をしておくのを、強くお勧めいたします。

NZeTAの申請方法

NZeTAの具体的な申請方法は、移民局が日本語版の説明書を公開しています。

それを元に実際の申請画面を画像にして以下に貼っておきます。これを参考にすれば、5分くらいで申請できます。

まずは以下をクリックして、申請手続きを開始します。

開いたページ、上から順に2か所クリックして先に進みます。

NZeTAの申請方法の画像01

アプリ経由の場合は、ここからアプリをダウンロードします。
パソコンなどのブラウザ経由ならば、そのまま先に進んで氏名や生年月日などを記入します。

NZeTAの申請方法の画像02a

そのまま案内に従って必要事項を記入していきます。

NZeTAの申請方法の画像02b

次のページで記入した内容を最終確認します。
特にパスポート番号、氏名、生年月日、メールアドレスは注意深くご確認ください。パスポートと同じ綴り・表記になっている旨を念のために再度ご確認ください。

NZeTAの申請方法の画像03

宣誓内容を確認して、次に進みます。

NZeTAの申請方法の画像04

総額はNZeTAが12ドル、環境税が35ドルで47ドルのお支払いです。
お支払いはクレジットカード、VisaかMastercardのいずれかと指定されています。

NZeTAの申請方法の画像05

次のページで料金をお支払いすれば手続きは完了です、お疲れさまでした!

NZeTA申請後の流れ

申請後、数分で移民局から領収書がメールで送られてきます。

必ず迷惑メールもご確認ください。このステージのトラブルの9割までが、迷惑メールボックスの確認忘れです。

また通常であれば10~15分程度でNZeTAの発行通知メールが届きます。まずはパスポート番号が正しく記載されているかをご確認ください。

パスポート番号、氏名、生年月日が間違っている場合、ニュージーランドに向かう飛行機に乗れない可能性、またニュージーランドに到着しても入国できない可能性があります。

NZeTAはパスポートに電子的に紐づけされますので発行通知メールを印刷する必要はありませんが、プリンターがあるのならば念のために印刷しておくと良いでしょう。

NZeTAの申請内容に変更がある場合

記載事項が間違っている場合、スペルミスなどの重要度の低いミスであれば以下のページから訂正が可能です。

まとめ:観光ビザ(ビザ無し)のNZ留学とNZeTAの申請方法

ニュージーランドへの3か月未満の渡航は、事前にビザを申請する必要がありません。
ただしその代わりにNZeTAを申請する必要があり、基本的にはご出発の2週前までに手続きを済ませておくのが基本です。

またビザ無しで出発 ⇒ 空港で3か月有効の観光ビザ(正確には訪問者ビザ)が発給されますが、発給には細かな規定があります。事前にNZeTAの登録を済ませていても、それで自動的に入国できるわけではありませんので、ビザの規定もしっかりとチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました