ニュージーランド滞在中に、日本の資格取得に向けた勉強をする

日本の資格勉強をニュージーランドでする

ニュージーランド留学中に資格を取得したい、というご相談をよく頂きます。

それで現地の学校で児童英語講師の資格や旅行業界の資格をお考えになる方も多いのですが、よくよく考えてみますと、資格を現地で取得できるものに限定する必要がありません。

え?現地に居ながら日本の資格が取れるの?

現地では取れないのですが、資格勉強は可能です。
とりあえず留学 / ワーホリ中はのんびりとした生活になりますし、現地で仕事をしたとしても7~8時間/日、残業なし、週休2日が普通です。通勤ラッシュもありません。

つまり現地での生活は資格取得やスキルアップに対し、割と理想的だったりするのです。

そこでこのページでは日本の資格勉強をニュージーランドで始めるプランについて考えてみます。それによりもしかすると、今まで気づかなかった道が見えてくるかもしれません。

長期スパンで考えてみますと、違った風景が見えてきます

NZ滞在中に日本の資格にチャレンジする

ニュージーランドにワーホリで来て現地で就職 ⇒ 就労ビザに変更して2~3年の滞在をご希望されるケース、結構あるかと思います。

また最近は就職先も日本食レストラン、お土産物屋さん、旅行代理店というワーホリ三大業界だけではなく、英語学校のカウンセラーさん、留学エージェント、ツアーバスのドライバーさん、IT産業、貿易関係など多岐に渡っていますので、ニュージーランド滞在スタイルの幅が広がっています。

「とりあえずニュージーランドに行って、英語を使う職場で仕事をしてみたい」

それはとても素敵な目標だと思います。

しかし実は現地企業といっても通訳や翻訳を仕事にするわけではありませんので、就職する際の英語力は英検準1級もあれば十分のケースが少なくありません
特に留学業界、IT関係、貿易関係、技術職で求められるのは経験や技術、もしくは性格や人間性だったりします。

「それじゃ、私も英語学校のカウンセラーになれるかな?」
「ITの経験もあるし、英語が多少駄目でも就職出来るかな?」
「貿易関係の仕事、経験があれば出来るかしら?」

もちろん可能です。
出発前から到着後の留学期間まで含めて半年なり1年なり、しっかりと英語を勉強してしまえば、後はポジションの空きを狙っていくだけです。これを真剣に求めていくのであれば、決して不可能な目標ではありません。

そしてだからこそ現地で大切になるのは、【その次の目標】です。

現地で生活する中で【その次の目標】の為に毎日2~3時間の勉強をするのか、遊んでしまうのか。

例えば「ワーホリ」 ⇒ 「望んでいた現地企業で2年間の就労ビザをゲット」 ⇒ 「しかし毎日遊んでしまった」場合、就労ビザの更新時期に「2年前に比べて、自身のスキルや資格に変わり映えが無い」ことに気づきます。

勿論、それが悪いという事ではありませんし、それを否定するものでもありません。
そもそもニュージーランドに居続ける事がその人にとって幸せなのかどうかは分かりませんし、日本に帰った方が良いケースも少なくありません。

しかし勿体無いな、とは思います。

例えば日本食レストランに勤めていても、IT産業で働いていても、英語学校で働いていたとしても、日本で働くより多くの休暇を取れます。日々の仕事も週休2日の9時5時で終わるケースがほとんどです。

その状態で今後どうしたいのか、自分自身には何が足りていないのか、そして今何をすべきなのかを把握していたのなら、就労ビザが切れる頃には幾つもの選択を持てたはずです。

例えばその2年間で英語力を専門レベルまで高めても良かったでしょうし、パン作りの修行をするのも面白かったでしょうし、大学でバーテンディングを学んでも良かったですし、日本の行政書士の資格取得を目指していても良かったと思います。

日本の行政書士?

実際、ニュージーランドで日本の資格勉強をするのも良いアイデアです。9時5時の仕事の後は資格系の勉強を2時間 ⇒ 土日はニュージーランド生活を満喫する流れでも、年に500時間は作れます。

ニュージーランドで日本の資格勉強をする

考えてみますとこの生活、希望していた海外生活も体験出来ますし(ニュージーランドに来よう、という方ならば、それは希望の一つであるはずです)、仕事も9時5時で終わりますので、精神的にも肉体的にも十分な余裕を持てます。

また日本に比べて遊びの誘惑も少ないですし、その割には週末はニュージーランド生活を思い切り満喫 ⇒ 気分転換も図れますので、スキルアップをするのに理想的な環境です。

いずれにせよ「ニュージーランドに居るから」ということで、英語に捉われる必要はありません

スキルアップへの道は英語だけではありません。行政書士でも公務員試験でも中小企業診断士でも電験でも、地道な努力は無駄になりません。

そしてそうやって2年なり3年が経った時、日本の有力な資格を持ち、且つ、英語もある程度できる状況ならば、日本での就職はかなり有利になっています。

そんなわけで就職に際して「ニュージーランドで働くなら英語環境で」というの、そこまで重要ではありません。条件によってはストレス無く過ごせる日系企業の方がベターになるかもしれません。

いずれにせよスキルアップで大切なのは「具体的な目標」と「毎日の努力」、そして「その努力を続けられる環境」の3つです。

また「海外生活 = 英語」ではなく「海外生活 = 時間的な余裕」と捉える視点は、新たなドアを開く鍵になり得ます。

ですから出発前のこのタイミングで、この点を一度考えてみても良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました