英語学校の決め方

英語学校の決め方

英語学校のデータを見て回っていると目移りしてしまい、どうしても迷ってしまいます。

「日本人割合が低いところ」
「授業料が安いところ」
「卒業後の就職活動に有利なところ」
「講師のレベルが高く、カリキュラムがしっかりしているところ」
「徒歩圏内のホームステイがあるなど、生活環境が優れているところ」

判断のポイントは幾つもあり、また「全てがベスト」という学校がありませんので、中々に候補を絞り込めません。

・・・が、英語学校の決定で一番大切なのは、留学の目的とご自身のお気持ちです。

ですから迷った際には学校を観るのではなく、ご自身のお気持ちを見つめ直すのが一番の近道になります

そもそも今回、どういった目的で留学をお考えになったのでしょう?

英語学校の決め方

今回の留学、第一の目的はなんでしょう?

語学の習得でしょうか?

友達作りでしょうか?

大変だった今までのご褒美としてでしょうか?

就職したい企業があったのでしょうか?

資格の取得を目指して?

ニュージーランドの文化に触れる為に?

ニュージーランド旅行に興味があったから?

住んでみたい街があったから?

安全な国でホームステイ生活を満喫する為?

スポーツを楽しむ為?

それとも他の理由でしょうか?

とりあえず留学の目的がはっきりしますと、学校のタイプが決まります
都市部、郊外、地方都市、大規模、小規模、特設コースあり、大学付属、学習面重視、アットホーム、ホームステイの充実、授業料の安さ、会話重視などなど、重要なポイントが明確になります。

そして学校のタイプが決まれば選択肢が狭まり、結果として悔いのない学校選びの足掛かりになります。

「ああ、もともと私は一気に英語力を上げたかったんだ」

「僕はニュージーランド人の友達を作るのが目的だった」

「とにかくのんびりしたかった」

「大学への進学を考えている」

「児童英語教育の資格を取りたい」

「授業料をおさえて、出来るだけ長期で学校に通いたい!」

そこまで決まれば、学校選びもほぼ終わりです。ほぼほぼ自動的に答えが出ます。

繰り返しになりますが大切なのはご自身のお気持ち、迷った時は初心に戻って考えてみましょう。それであっさりと答えが出る事も多いです。

結局の所、学校を見るんじゃなくて自分の気持ちを考えてね、って事だね。まぁ、ちょっと考えてみるよ。

本当、お気持ちが決れば学校は自動的に決まります。
逆にお気持ちがブレたままで学校をお調べになっても、ただただ迷ってしまうだけです。
これは丁度、用途が分からない状態で車を買えないのと一緒です。ダンプカーとスポーツカー、どちらが良いかはカタログを調べても分かりません。

確かに優劣を決めるのはカタログじゃなくて、用途だね。

本当それです。留学もまず、目的からです。
この点、焦る必要はありませんので、落ち着いてゆっくりと思い出してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました