留学期間と学校規模の関係

就学期間と学校規模の関係

結論から先に書きますと3か月以上の留学をお考えの場合、最低でも80名程度の学校から選ぶのが基本です。

  • 英語学校のクラス平均人数は12名程度です
  • ですから例えば50名規模の学校は、4~5クラスしかありません
  • そしてこの場合、「英検2級以上」が最上位クラスになるケースがほとんど = 英検2級の学生も準1級の学生も同じクラスになってしまいます
  • 結果、小規模の学校は英検2級以上の伸びが大規模校に比べて悪くなります

それではこの点、もう少し掘り下げて考えてみます。

英語学校のクラスレベルと学校の総学生数の関係

ざっくりとですが、ニュージーランドの英語学校のクラスの平均学生数は12名程度です。
ですから総学生数が50人の学校であれば英語レベルは4~5レベル、100人の学校であれば8~10レベルというのが一般的です。

でも、こっちのサイトでは50人のこの学校、9レベルまであるって書いてあるよ?

それは「もしも学生が集まるなら、9レベルまで開講出来るよ」というだけのことで、実はあまり意味の無いデータです。

小規模学校は「レベル数」と「クラス数」の内、レベル数だけ書いてあるパターンが多いです。

いずれにせよ割と身も蓋もない話ですが、英語学校もビジネスですので、損益を無視してまでクラスを開けることはありません

実際的なクラス数の目安としては、「総学生数 ÷ 12名」と考えておくと良いかと思います。

ニュージーランド留学における、小規模学校特有の問題点

前述の通り50~60人規模の学校のクラス数は4~5になりますが、この場合のクラス編成は以下のようになりがちです。

英検4級レベル 0~1クラス(通常1)
英検3級レベル 2~3クラス(通常2~3)
英検2級レベル 0~2クラス(通常1)
英検1級レベル 0~1クラス(通常0)

ニュージーランドの英語学校で最も学生数が多いのは英検3級レベルですので、小規模の学校ですとまずは英検3級レベルで2~3クラス作り、その後、状況に合わせつつ上下に1~2クラスという編成がになりがちです。

そして英検1級レベルのクラスは数年に一度、1か月程度だけ開講出来るかな・・・というパターンがほとんどです。

以上より大まかな目安として、現状で英検3級レベルであれば、小規模学校での3か月以上の留学は難しいという状況です。

毎週月曜の新入生の英語レベルによっても、クラス編成は大きく変わります

そして次に考えるべきは「小規模学校のクラス編成の難しさ」についてです。

たとえば急に「be動詞から学ぶ必要のある学生」が4人入ってきた場合、それに合わせた初歩レベルクラスが開講されます。この点は小規模であっても大規模であっても同じです。

しかし例えば「英検4級レベルの学生がほぼいない場合」、小規模学校ですと学校全体で4~5クラスしか取れませんので、クラス編成で大きな問題が発生します。

初級クラス 英検5級レベル4人、英検3級レベル5人
準中級クラス 英検3級レベル12人
中級クラス【A】 英検3級レベル9人、英検準2級レベル3人
中級クラス【B】 英検準2級レベル10人
上級クラス 英検2級レベル以上7人

上記のように5レベル50人という学校であってもクラス内の英語力に大きな差が出てしまい、学校全体で「授業が簡単すぎる(or 難しすぎる)」という問題が発生してしまいます。

これが大規模校であれば5級の4人で1クラス作成 ⇒ 学校全体でバランスを取れるのですが、、、
ちなみにこの状況は初級レベルだけではなく、全てのクラスレベルで起こりえます。

以上より50~60名程度の小規模学校は「新規の入学があるたびにクラス内の英語力の差が上下に動き、授業の難易度が安定しづらい」という性質に注意が必要です。

小規模な学校特有の問題点

まとめ:小規模学校の問題点はクラス編成にあります

上記の通り、3か月以上の留学をご希望の場合は最低でも80人以上の英語学校を選ぶのが基本です

その規模であれば学校全体で7~8レベル ⇒ 恒常的に英検準1級レベルのクラスまで作れますし、クラスレベルも段階的に設定できます。

大規模学校の強力なメリット

それに対して200名レベルの大規模学校ですと、恒常的に英検5級レベルが1~2クラスあり、4級から2級が10~15クラス、準1級以上も3~5クラスといった編成になります。つまり上記の問題がそもそも発生しません。

初級クラス 英検5級レベル12人 @ 1クラス
準中級クラス 英検4級レベル12人 @ 3クラス
中級クラス【A】 英検3級レベル12人 @ 6クラス
中級クラス【B】 英検2級レベル12人 @ 3クラス
上級クラス【A】 英検準1級レベル以上12人 @ 2クラス
上級クラス【B】 英検1級レベル以上12人 @ 2クラス

上記の通り恒常的にクラス内の英語レベルが安定し、どの英語レベルにも柔軟に対応できています。

上記のサンプルは200名で17クラスです。
またここから逆算しますと80~100名のクラスであれば、初級から上級まで常に安定したクラスレベルを維持できるのが分かります。
以上より弊社では、基本的には80名以上の学校への留学をお勧めしています

大規模英語学校は中級レベルに強いです

また日本人が足踏みしてしまいがちな英検3級から2級に関して、50人規模の学校は2~3クラスしかありませんが、200人規模ならば10クラス維持しているのも注目ポイントです。

そして更にこれが総学生数500人を超えるNZLCオークランド校ならば、同じレンジを20クラスに細かくレベル分けしています。これはやはり、とても強力なメリットです。

英語学校のクラス数と英語力の伸びの関係

大規模学校のメリットはそれだけではありません。
まず「クラスメイトと同じ英語力で授業を受けられる」というのは「授業中の無駄な質問が無い」=「無駄な時間が少ない」=「授業の質が高い」という事ですので、英語力の伸びも良くなります。

そしてもう一点、大規模であれば講師が合わなかった場合に、クラスの移動が可能です

じゃ、基本的には大規模の学校の方がいいって事?

原則、その通りです。
授業の質は講師のレベルやカリキュラムによる違いもありますが、正直、カリキュラムや講師の質による影響よりも、学校規模による影響の方が何倍も大きいです。単純に構造として、「学生数=正義」なのです。

100名前後の中規模学校は、その中間です

そして中規模の学校は「メリットは大きく無いけれど、デメリットも無くて快適」といった状況です。ですから立地やコース内容次第で、中規模校はとても良い選択肢になり得ます。

例えばネルソン・イングリッシュ・センターのように「たとえ希望者が1名しかいなくてもIELTSコースを潰さない」と宣言している学校であれば、授業レベルと学校の雰囲気の良いとこ取りが可能です。

最後に念の為、小規模学校を選ぶ理由は?

それでもやはり、小規模校のアットホームさは魅力です
なんだかんだで大規模学校には進学目的やガチ系の留学生が集まりますので、その雰囲気が微妙とお感じになるケースもあるかと思います。

さて、次の記事は・・・

次は日本人割合について、詳しく考えてみます。

タイトルとURLをコピーしました