安全で確実な留学手続きに関する結論

安全で確実な留学手続きに関する結論

「安全で確実な留学手続き」を考えた場合、以下の2点を守る必要があります。

  • 入学する学校がNZQA認定校である点を確認する
  • 留学費用はエージェントではなく、全額を学校に直接支払う

この2点さえ守っていれば、たとえ学校が倒産しても、留学エージェントが破たんしても、NZ資格庁と法に守られた形で確実に返金を受けられます。

なんか、結論はあっけないくらいにシンプルだね

そうなんです。
しかし結論だけを知っている状態ですと、割と簡単に落とし穴にはまってしまいます。

たとえば「支払い先は留学エージェントだけど、学生名義の領収書を学校から発行して貰えるエージェント」を利用するのはどうでしょう?これは大丈夫なパターンでしょうか?

また「学費の支払先を、留学エージェントと学校の両方から選べるエージェント」はどうでしょう?これは安全と言えるでしょうか?

あー、そう言われると微妙に分からないかな・・・

ですから安全に手続きを進めるためには、ニュージーランド留学の状況や背景、経緯、そして「どうしてそうなったのか?」という部分を、しっかりと把握しておかなければなりません。

まずは送金先の銀行口座を特定します

まずは送金先の銀行口座を特定します

学校の正確な銀行口座を特定するには、NZQAが公開しているデータを利用して特定する必要があります。

この方法で実際に学校が存在している点、その学校がNZQA認定校である点、そしてその学校の正しい銀行口座情報を取得できます。

実際、過去に「実在する学校の名前でサイトを作り、そこに偽の銀行口座の詳細を書いて送金させる」詐欺がありました。
詐欺グループはそこまでやってきますので、しっかりと自衛していきましょう。

オークランドの学校なのに、銀行支店はウェリントンだったりしもします

ちなみに調べてみますと学校の銀行口座は支店が別の都市だったり、受取人名が学校ではなく信託会社の Public trust 社だったり、会計事務所だったりします。
しかしこの点、どうしてそうなっているのかは、こちらのページでご説明した通りです。正しい手順で特定した銀行口座ならば、それで問題ありません。

学校への直接送金が必須の理由

学校への直接送金が必須の理由

これは当たり前過ぎて見落としがちなのですが、「返金は費用を支払った者に対して行われる」という原則があります。
ですからもし留学費用を「あなた」が学校に送金した場合、キャンセル時に返金を受け取るのは「あなた」です。

しかしあなたが留学費用を留学エージェントの銀行口座に送金した場合、学校や信託会社の返金先は「留学エージェント」です。NZQAや政府が守れるのはここまでで、その先のことは「あなた」と「留学エージェント」の問題になります。

・・・いや、さすがにその場合、エージェントから返金されるんじゃないの?

そうなると良いんですが、、、

しかしたとえば約款に「返金規定」があるのならば、たとえその規定が一般的には「不当」や「取り過ぎ」に見えたとしても、法的に正しいのは留学エージェント側です。裁判をすればサインをした学生側が負けてしまいます。

エージェントがいつの間にか、味方じゃなくなってる・・・

そこが留学の安全性、最後の落とし穴です。
ですから留学エージェントに好き勝手させないよう、留学費用は学校に直接支払わなければなりません

留学エージェントの返金規定を確認しないといけない状況が、既にNGです

返金規定を確認しないといけない状況が、既にNGです

これまでの説明の通り、学校からの返金に関してはNZQAが責任を持って管理しています。

政府は専用の法律まで作り、学校が「返金しない」という選択肢を徹底的に潰しています。また学生の留学費用は学生が卒業するまで信託会社や会計事務所によって管理されますので、倒産時に返金出来ないという状況もありません。

しかし留学エージェントを縛る特別な法律はありません。

ですから留学エージェントにお金を払う際には個々に契約書を作成し、その都度返金規定を確認しなければなりません。

しかし実際問題として、どうでしょう?

留学エージェントの私が言うのもなんですが、相手は海千山千の専門業者です。
契約の核心的なことは隠せますし、いざとなったらニュージーランド人の弁護士を出してきますし、その資金もコネもたっぷりとあります。正直、個人で留学エージェントとやりあうのは難しいだろうと思います。

また良心的なエージェントだったとしても、やはり安心は出来ません。

  • まず第一に、その留学エージェント自体が潰れないとも限りません
  • 更に留学エージェントの持ち逃げは毎年のように起こっています
  • 実際、返金に関する訴訟やトラブルは毎月発生しています
  • そしてこれらの問題が起こった場合、大抵は「既に手遅れ」の状態です

結局のところ、「留学エージェントに費用を支払う = NZQAが関与しない空白状況が生じてしまう」のが問題なのです

優良な会社でも親切な会社でも大きな会社でも、潰れる時は潰れます。
実際に2008年に倒産したエージェントは日本第三位の最大手 & 老舗 & 有名で、これらの条件をすべてクリアーしていました。

そしてその理論でいうと、弊社だって信用できません。

弊社はただこの問題に対する解決策を出しているだけであり、会社そのものが信用できるかどうかはまた別の話です。留学の安全性について長々と説明をしてはいますが、「だからサザンクロス社を信用できる」とはなりません。

弊社を含めて、全てを疑って掛かるくらいが丁度良いです。
信用するのはニュージーランドの法律だけで十分です。

結論として安全で確実な手続をするためには、ニュージーランド政府が提供するサービスや法律サポートを正確に利用するしかありません。むしろエージェントの介入は邪魔でしかありません。
エージェントには手続きだけ手伝ってもらって、お金に関する部分は完全にシャットアウトするのがベストです。

とにかく留学手続きは本当に怖いもの、最後の最後で一つでも不確定要素が入り込んでしまえば、それで全てが終わってしまいます。

まとめ:安全で確実な留学手続きに関する結論

まとめ:安全で確実な留学手続きに関する結論

  • 入学する学校がNZQA認定校である点を確認する
  • 留学費用はエージェントではなく、全額を学校に直接支払う

結論はとてもシンプルです。

しかしここから少しでも外れたら、もうどうなるか分かりません。そしてこの点を軽く見ているエージェントは割と多いので、最大限の注意が必要です。

エージェントの選び方もご紹介しています

上記を踏まえて、留学エージェントの選び方も以下のページでご紹介しています。

正直、これは手前みそ・自画自賛になってしまう部分が多いのですが、それでも騙しのテクニックや隠れ料金について、知っておいて損はありません。お暇な時にでも、ざっと目を通してみてください。

タイトルとURLをコピーしました