ニュージーランドへの学生ビザでの長期留学、出発までの流れ

ニュージーランド留学、出発までの流れ|学生ビザ留学

ニュージーランドへの学生ビザでの長期留学は、状況にもよりますがご出発の6か月前から準備を始めることになります
またある程度状況が整っていて早急に手続きを進められるのならば、学生ビザ申請込みで4か月前からの準備で間に合います。

最大の注意点はパスポートの有効期限です。そこに問題がなく、また手続きが順調に進むのならば、4か月前からの準備で問題ありません。
それを踏まえつつ更に時間の余裕がない場合は、弊社までお気軽にご相談ください。

またざっくりとした流れとしては、以下のようになります。

  • パスポートと送金関係の準備
  • 航空チケット購入と学校手続き
  • 学生ビザの手続き開始
  • スマホなど、通信関係の手続き
  • 日本の役所手続きと荷造りなどの出発準備

それでは以下、具体的な流れをご確認ください。

ニュージーランドへの学生ビザでの長期留学、出発前準備の参考例

NZへの学生ビザでの長期留学、ご出発の6~5か月前までに

  • パスポートの申請
  • マイナンバーの取得
  • クレジットカードの作成
  • 歯の治療を開始
  • 弊社へのお問い合わせ

現在パスポートをお持ちの方はニュージーランド到着時に「就学期間+3か月以上」の残存有効期間があるかどうかをご確認下さい。また有効期限が足りない場合は、すぐにパスポートを更新します。

また現地で銀行口座を開く、就職をする、TransferWise をご利用になる際に、マイナンバーが必要になります。マイナンバーカードは申請から交付まで1か月程度かかりますので、先々に手続きを進めておきます。

それからクレジットカードをお持ちでない場合はこの時期に作ります。
クレジットカードは準備から発行まで、なんだかんだで2~4週間掛かるケースが多いので、しっかりと準備をしておきます。

TransferWise を利用される方も海外キャッシングで日本最強のセディナカードを作っておけますと完璧です。またTransferWise を利用されない場合は必ずセディナカードを作っておきます。現地到着後、「作っておいて良かった!」とお感じになるだろうと思います。

その他、ニュージーランドでは歯科治療に保険が効きませんので、歯の治療を開始します。

ご出発の5か月前までにパスポート、マイナンバー、クレジットカードが揃っている必要があります。これらが終わっていない場合、以下の手続きと並行して注意深く準備を進めることになります。

NZへの学生ビザでの長期留学、ご出発の5~4か月前までに

  • TransferWiseの登録
  • 学校、コース、期間の決定
  • 現地滞在中の保険を決定
  • (健康診断の受診)
  • 航空チケットの購入
  • 学校への海外送金手続き
  • 銀行残高証明書の準備
  • 学生ビザの申請
  • 学生ビザの受領

使う予定の有り無しに関わらず、TransferWise に登録しておくのをお勧めします。特にデメリットも無いですし、おそらくは学費の送金だけではなく、現地でも多用することになります。
オンライン登録をしてサポート・センターに連絡 ⇒ 住所登録のアクティベーション・コードを送ってもらい、いつでも海外送金できる状態を作っておきます。

弊社スタッフと相談しながら、学校の選定や具体的な滞在プランを立てていきます。またそれと同時に加入する保険も決定します。

弊社をご利用の方の99%までがニュージーランドの保険をご利用になっています。弊社サイトをご確認の上、分からない点はお気軽にご相談ください。

それから6か月を超える留学の場合、指定医での健康診断の受診が必要です。
混雑がなければ電話予約 ⇒ 1週間以内の受診となりますが、時期によっては2週間程度待つこともありますので、このタイミングで予約と受診を済ませておきます。

またこのタイミングで航空チケットを購入します。
ちなみに学生ビザでの長期留学における航空チケットの購入条件は「パスポートの手続きが終わっている」&「留学の詳細が決まっている」の2点です。

次に弊社に学校手続きをお申し付け ⇒ 学校からの正式な計算書の発行と手続きが進みます(計算書は日本語訳と共に弊社からメールで届きます)。

また学校が発行した計算書をもとに、日本の銀行から学校に留学費用を海外送金します(銀行送金 or TansferWise からの送金 or クレジットカードでのお支払い手続き)。

それからこの時期に取得に手間の掛かる英文の銀行預金残高証明書を下調べ ⇒ 学校から領収書が発行された後、すぐに取得できるよう準備しておきます(実際の取得は学校からの領収書が発行された後になります)。

航空チケット、学校からの書類(領収書、入学許可証)、銀行が発行した英文の残高証明、必要がある場合は指定医からのNZER番号が揃ったところで、弊社サイトを参考にしながら学生ビザを申請します。

学生ビザは申請から発給まで、1~12週間と大きな開きがあります
ですからご出発の4か月前にビザ申請をしてすぐに学生ビザを取得されるパターンもありますし、そのまま3か月、じりじりと待たされてしまうケースもあります。
それを見越して、ご出発の4か月前までにビザ申請できる流れでお考えください

NZへの学生ビザでの長期留学、ご出発の4~2か月前までに

  • 日本の運転免許証に関する手続き
  • SmarTalkの登録
  • スマートフォンのSIMロック解除

現地滞在中に日本の運転免許証が失効してしまう場合、更新を済ませます(その際にビザの提示を求められることが多いです)。

次に基本料金無料のIP電話、SmarTalk に登録しておきます。
これで日本のご家族は格安で海外にいるあなたに電話を掛けられますし、あなたから日本にも格安で電話を掛けられます。

Lineが利用できないパターン、日本のお店や官公庁に問い合わせが必要になるケースは多いです。これもデメリットは一切ありませんので、登録を済ませておきます。

現在お使いのスマートフォンのSIMロックを解除します。
そうすることで、現地で数ドルのSIMを購入 ⇒ 日本と同じように現地でもスマホを利用できます。

これで出発まで残り2か月です。ご出発の4か月前に学生ビザを申請しているのなら、7割以上の方がビザを手にしている状況です。
ここから先はお仕事の引継ぎや日本の生活で忙しくなりますので、できる限り上記の流れで手続きを進められるようご準備ください。

NZへの学生ビザでの長期留学、ご出発の8~4週前までに

  • 処方箋、常備薬の準備
  • スーツケースやバッグの購入、荷造りの開始
  • (日本の役所関係手続き準備)
  • 日本の携帯電話の契約を解除する準備

処方薬がある方は医師に相談して、英文の処方箋を頼んでおきます。
これも病院によっては、1か月程度掛かることがありますのでご注意ください。

またこの時期にスーツケースやバッグを購入して、少しずつ荷造りを始めます。

また1年以上の留学の場合は、日本の役所関係手続きの下調べをしておきます。
具体的には出発の2週前に健康保険、国民年金、住民票、マイナンバーの手続きをすることになりますので、必要書類や手続きの方法を市区町村役場に電話をして確認しておきます。

それから携帯電話のSIMロックを解除しているのを最終確認した上で、必要がある場合は契約解除の準備をします。もしくは番号をキープするために、最安値のプランに変更する手順を確認しておきます。

契約解除の方法はご利用中の携帯会社によって手続きが変わりますので、事前にサポートセンターに問い合わせるなどで注意点を確認しておきましょう。

NZへの学生ビザでの長期留学、ご出発の4~0週前までに

  • ホームステイ先の決定
  • 日本の携帯電話の手続き
  • (日本の役所関係手続き準備)
  • 国際運転免許証の取得

ホームステイ先が決定し、弊社からホームステイ・ファミリーの詳細が日本語で届きます。

携帯電話のSIMロックを解除しているのを最終確認した上で、必要がある場合は契約を解除します。もしくは番号をキープしておくために、最安値のプランに変更します。

また1年以上の留学の場合は、住民票や年金などの役所関係の手続きを済ませます。
通常、どの市区町村でも出発の0~2週前を目安に手続きを受け付けています。

必要がある場合は、国際運転免許証を取得しておきます。

まとめ:ニュージーランドへの学生ビザでの長期留学、出発までの流れ

以上がニュージーランドへの学生ビザでの長期留学における、理想的な出発準備の流れです。

こちらを参考に現状のお勤め先や学校との兼ね合いを加味して、先に進めておく点、 後回しにする点を細かく調整していきましょう。

まとめ:ニュージーランドへの学生ビザでの長期留学、出発までの流れ

タイトルとURLをコピーしました