ニュージーランドの運転免許証への書き換え

ニュージーランドの運転免許証への書き換え

日本の運転免許証をニュージーランドのドライバーズ・ライセンスに書き換えられます。
また書き換えの条件は「ニュージーランドに現住所がある」、「日本で免許証を取得後2年以上経っている」の2つです。

また日本の運転免許証の原本をニュージーランドにお持ちになる必要があり、更に有効期限が12か月以上残ってなければなりません。

ちなみに日本で国際運転免許証を作る、もしくはニュージーランド大使館 / 総領事館で翻訳書類を作成するだけでも、ニュージーランド国内の運転が可能です。

ニュージーランドの運転免許証に書き換える方法

「ニュージーランドに現住所がある」、「日本で免許証を取得後2年以上経っている」という2点をクリアーしている場合、以下の必要書類を提出することでニュージーランドの運転免許証が発行されます。

NZの運転免許証への書き換え申請に必要な書類と費用

  • 記入済みの申請用紙
  • パスポート(原本)
  • ビザ(原本)
  • 日本の運転免許証(原本、12か月以上の有効期限があるもの
  • 運転免許証の英文翻訳
  • お持ちであれば、現住所確認としてIRDや銀行からの手紙
  • 上記書類全てのカラーコピー(パスポートは顔写真のページ、書類は全ての文字が明確に読める解析度が必須です)
  • 申請料金(52.10ドル)

日本の運転免許証を英語翻訳する方法

日本の運転免許証を英語翻訳する方法

日本の運転免許証の原本を英文に翻訳します。

またニュージーランド陸運局は免許証の翻訳会社を「政府指定の翻訳会社」、「日本大使館」、「日本総領事館」のいずれかと指定しています。

それを踏まえつつ大抵の翻訳会社の料金は50~80ドル程度ですので、基本としては30ドル前後で翻訳できる大使館や総領事館を利用するのが一般的です。

国際運転免許証は基本、翻訳書類とは認められていません

「翻訳書類としての国際運転免許証」に関して、ニュージーランド陸運局公式サイトの該当箇所、「The following documents may also be acceptable as a translation: an international driving permit – issued in accordance with a United Nations Convention on road traffic」という文章にある通り、翻訳書類として認められる可能性が無くもありません・・・が、実際の運用としては、ほとんどのケースで正式な翻訳書類を求められています。

NZの運転免許証への書き換え申請書の書き方

まず以下のページから申請書類をダウンロードして印刷します。

その後、以下を参考にしながら申請用紙に必要事項を記入します。

【1】 運転免許証の所持歴について
過去にニュージーランドの免許証を持ったことがなければ、空欄です。
【3】 通名について
パスポートと運転免許証の名前が違う場合は、こちらに通名を記入します。
【5】 臓器ドナー登録欄
死亡した際の臓器提供の意思を訊かれています。
【9】 郵送先の住所
もしも原住所と違う住所に書類の郵送を希望される場合は、こちらに郵送先住所を記入します。
【10】 現住所の記載
運転免許証に現住所を記載する場合はYesを選択します。
【13】 日本の運転免許証について
免許を交付した都道府県と免許証番号を記入し、2行目に交付日と有効期限を記入します
【14】 ニュージーランドご到着日
直近のニュージーランドご到着日を記入します。

NZの運転免許証への書き換え申請書の書き方01

【15】 日本の運転免許の種類について
普通免許であれば、Class 1 の Full になります。
【16】 健康状態について
安全な運転を阻害する可能性のある疾患や疾病について訊かれています。
【17】 視力について
メガネやコンタクトレンズをお使いの方は「Yes」、お使いでない方は「No」を選びます。
ちなみに書類提出時に、視力検査があります。
【Declaration】 宣誓、署名について
記入内容に間違いない旨を宣誓し、パスポートと同じ署名をします。
漢字ならば漢字、英語ならば英語でご記入下さい。

NZの運転免許証への書き換え申請書の書き方02

ニュージーランドの運転免許証書き換えの申請窓口

ニュージーランド陸運局(NZ Transport Agency)への申請

全ての書類を揃え、ニュージーランド陸運局(NZ Transport Agency)、もしくは最寄りの代理店で運転免許証の書き換え申請をします。

代理店は上記から検索できます。お近くの「AA」もしくは「VTNZ」のオフィスをご確認ください。

そこで書類を提出し、視力検査を行い、特に問題がなければ15分程度で手続きは終わります。

ちなみに日本で免許を取得後、2年経っていない場合は実技テストを受ける必要があります。
実技テストは助手席に担当官を乗せて公道にて行います。技術的には難しくないのですが、全て英語の試験ですので中々に難易度の高いテストです。

その後、2~4週間でニュージーランドの運転免許証が書留郵便で届きます。

日本の運転免許証の翻訳もありますので、手続き開始から受け取りまで3~5週間程度かかります。NZご到着直後から手続きを進めた場合ですと、5~6週後の受け取りになるケースが多いです。

年齢確認のIDとして

NZの運転免許証を年齢確認のIDとして使う

単純に運転だけをお考えだけであれば、国際運転免許証や自動車運転免許証抜粋証明を取得する方がベターです。手続きは容易で費用も半分以下ですし、レンタカーも借りられます。

それを踏まえつつNZの運転免許証は現地での年齢確認用IDとして使える点がメリットです

ニュージーランドの運転免許証があればお酒を買う、バーに入る、カジノに入る、レストランでビールを注文する、ワイナリーを回る、タバコを買うなど際にパスポートを持ち歩く必要が無くなります。

ちなみに法律で年齢確認IDとして認められているのは「パスポート原本」、「ニュージーランドの運転免許証」、「Kiwi Access Card(タスポのようなカードです。郵便局で申請、55ドル)」、「NZ 18+ Card(Kiwi Access Card の古いバージョン)」の4つのみです。

国際学生証や国際運転免許証はおろか、イギリスやオーストラリアの運転免許やニュージーランドの国立大学の学生証ですら、年齢確認IDとして認められません。

Kiwi Access Card について

ちなみに Kiwi Access Card は郵便局で作れます。
Kiwi Access Card 公式サイトから申請書を印刷して必要事項を記入 ⇒ 証明写真も貼付 ⇒ 銀行の取引証明書(Bank Statement)と一緒に郵便局の受付に提出 ⇒ 55ドルを支払う ⇒ 約2週間後に郵送で届きます。

手続きはこちらの方が圧倒的に簡単ですので、ニュージーランド国内の年齢確認IDが欲しい場合は Kiwi Access Card がベターです。放課後に学校カウンセラーさんに頼んで書類を印刷して貰いましょう。

まとめ:ニュージーランドの運転免許証への書き換え

日本の免許証の原本をお持ちの場合、総領事館などで翻訳して申請をすることで、ニュージーランドの運転免許証をゲットできます。

ただし国際運転免許証や「日本の免許証+翻訳書類」でもNZ国内の運転が認められていますので、長期の滞在&かなり車を使うケース以外では、選択肢になりにくいかもしれません。

また申請費用は翻訳と申請料金の合計で80~90ドル程度、申請から受け取りまでの期間は4~5週間程度となっています。

タイトルとURLをコピーしました